770件中 41 - 50件表示
  • 第125次IOC総会

    第125次IOC総会から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    第125次IOC総会は、2013年9月にアルゼンチンのブエノスアイレスのブエノスアイレス・ヒルトンで開かれる国際オリンピック委員会総会である。第125次IOC総会 フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカンハイウェイ

    パンアメリカンハイウェイから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    一般に本線とされているルートは、アラスカ州フェアバンクス(Fairbanks)を起点に(さらにそこより北のサークル(Circle)という北極圏に近い街を起点とする場合もある)、北米大陸西岸から中西部を通ってメキシコから中米に抜け(ただし後述のように、一部道路が分断されている地点がある)、南米大陸の西岸を通りチリのサンチアゴから東へとルートを変えてアンデス山脈を横断し、ブエノスアイレス、さらにはそこから南下して大陸南端のティエラ・デル・フエゴ(Tierra del Fuego)に至るコースである。その間、北極圏や南極圏に近い寒冷地から熱帯雨林、平地から標高4,500mの高地に至るまでのさまざまな気候帯や生態系、さらには14か国(「本線」の項目に列記)もの国々を通過する(ちなみに、1997年版のエンサイクロペディア・ブリタニカではパンアメリカンハイウェイの長さを「全長48,000km」としている。ただし、一部ルートの定義付けがなされていない箇所があることは上述のとおりであり、この数値がどれほどの意味を持つかは疑問である)。パンアメリカンハイウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ギリェルモ・ビラス

    ギリェルモ・ビラスから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ギリェルモ・ビラス(Guillermo Vilas, 1952年8月17日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれマル・デル・プラタ育ちの元男子プロテニス選手。当地が生んだ最大のテニス選手として、4大大会通算「4勝」を挙げた選手である。身長180cm、体重75kg、左利きの選手。彼はジミー・コナーズと同じ年であり、ビョルン・ボルグやジョン・マッケンローなども同世代のライバル選手だった。ビラスは彼らと並んで、男子テニスの歴史を通じて最も輝かしい黄金時代を刻んだ選手のひとりに数えられる。長髪をバンダナで束ねた風貌でも強い印象を持ち、「パンパスの若き雄牛」(Young Bull of the Pampas)というニックネームで呼ばれた。シングルス自己最高ランキングは2位。ATPツアーでシングルス62勝、ダブルス16勝を挙げた。ギリェルモ・ビラス フレッシュアイペディアより)

  • マティアス・フェルナンデス

    マティアス・フェルナンデスから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    マティアス・フェルナンデス(Matías Ariel Fernández Fernández, 1986年5月15日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のサッカー選手。ACFフィオレンティーナ所属。チリ代表である。ポジションはMF。マティアス・フェルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • コーノ・スール

    コーノ・スールから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ある調査によればリオプラテンセ・スペイン語、なかでもブエノスアイレス方言は、イタリア語の方言に似た抑揚のパターンをもち、他地域のスペイン語におけるそれとは明確な違いがあるという。これはこの地域に入ってくる移民のパターンをよく反映している。アルゼンチン、特にブエノスアイレスは、19世紀以来膨大な数のイタリア系移民を受け入れてきたからである。この調査を行った研究者によれば、これは比較的最近の現象であって、20世紀初頭のイタリア系移民ブームに端を発するものである。コーノ・スール フレッシュアイペディアより)

  • 帝国南極横断探検隊

    帝国南極横断探検隊から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    エンデュアランス号は1914年8月9日にプリマスを出発し、ブエノスアイレスに短期間停泊した後サウス・ジョージア島のグリトビケンを訪れ、最終的に12月5日、28人の乗組員と共に南極大陸の海岸へと出発した。順調に進み、探検隊は新年直前に南極圏の流氷と遭遇したが、シャクルトンはエンデュアランス号が流氷の比較的開けた場所を巧みに通過した、と書いている。1月10日には、探検隊は高さ30mある巨大な氷壁に到着した。これは南極大陸沿岸のコーツランドを覆っており、1904年にこの領域を訪れた最後のイギリスの探検家であるウィリアム・スピアーズ・ブルース博士により発見され命名されたものである。2日後、探検隊は南緯74度でこれを通過し、目的地であるルートポルド海岸のすぐ北にある未踏の地へ移動した。シャクルトンは新たに発見したこの海岸線を探検隊の最大出資者ジェームズ・キー・ケアードに因んでケアード海岸と名付けた。帝国南極横断探検隊 フレッシュアイペディアより)

  • 日本人学校

    日本人学校から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    また在籍数こそ少ないが、同時期にニューデリー、高雄、ペナン、シドニー、リオデジャネイロ、ブエノスアイレス、モスクワ、ヨハネスブルグ、ナイロビ、カイロなどにも設立されている。日本人学校 フレッシュアイペディアより)

  • ネストル・マルコーニ

    ネストル・マルコーニから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    20歳より家族とともにブエノスアイレスに拠点を移す。ホセ・バッソのオーケストラのメンバーとなり、中南米ツアーやカーニョカトルセでの演奏活動をする。ネストル・マルコーニ フレッシュアイペディアより)

  • タンゴ

    タンゴから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    タンゴはアルゼンチン・ブエノスアイレスやウルグアイ・モンテビデオのダンスおよび音楽。および、それを擬したダンス・音楽で、音楽業界から「タンゴ」と公認されたもの。タンゴ フレッシュアイペディアより)

  • 2020年東京オリンピック構想

    2020年東京オリンピック構想から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2020年東京オリンピック構想(2020ねんとうきょうオリンピックこうそう)は2020年夏季オリンピックおよび第16回パラリンピック競技大会を東京都に招致する構想である。開催都市は2013年9月7日にブエノスアイレスで開かれる第125次IOC総会で決定する。2020年東京オリンピック構想 フレッシュアイペディアより)

770件中 41 - 50件表示