770件中 61 - 70件表示
  • RAE

    RAEから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1988年12月:発電所の故障に伴う深刻な電力不足に対処する為、サマータイム制が導入された(以後、夏時間入りしている期間に限り、RAEの番組も放送開始時刻(UTC)が一律で1時間繰り上げ)。ちなみに、1988年の暮れから翌1989年の秋(日本では春)にかけて、首都ブエノスアイレスとその近郊では連日数時間の計画停電が続き、テレビの放送時間も19時から23時の計4時間(平日)に制限されていた。RAE フレッシュアイペディアより)

  • マウリシオ・カーゲル

    マウリシオ・カーゲルから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アルゼンチンのブエノスアイレスにて生まれ、作曲は独学で学ぶ。1957年にケルンに移住し、ケルン放送の電子音楽スタジオで制作するなど、前衛音楽を推進。音楽と劇、映画を総合した芸術を提唱、独自の「総合芸術」として自ら企画して出演した。マウリシオ・カーゲル フレッシュアイペディアより)

  • フォークランド紛争

    フォークランド紛争から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1767年、フランスはボルボン朝スペインにフォークランド諸島を売却し、サン・ルイ港はソレダード港と改名された。1770年にはスペイン・ブルボン朝海軍はブエノスアイレスからエグモント港に侵攻し、現地イギリス軍は降伏した。当時、アメリカ独立戦争に備えていた本国イギリスは全面戦争を避け、1774年には西フォークランド島の居住を認められる代償として、スペインの領有権を認め、エグモントのイギリス軍は1776年に解散した。フォークランド紛争 フレッシュアイペディアより)

  • ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルフェンスレーベン

    ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルフェンスレーベンから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    その後ショホヴィッツ(Schochwitz)に短期滞在後、福音教会からの援助を受けて1946年に家族と共にアルゼンチンへ逃亡した。1949年にアルゼンチンのブエノスアイレスに到着し、カルロス・リュッケ(Carlos Lücke)の名で住んでいた。ルドルフ=ヘルマン・フォン・アルフェンスレーベン フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲングループ

    フォルクスワーゲングループから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    Volkswagen Argentina S.A.:アルゼンチン/ブエノスアイレス 100.00 1フォルクスワーゲングループ フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    独立運動はスペイン権力による監視の弱かった南米大陸南部のブエノスアイレス(アルゼンチン)と、南米大陸北部のカラカス(ベネズエラ)を軸に進み、クリオージョ達は北部ではフランシスコ・デ・ミランダやアントニオ・ナリーニョやシモン・ボリーバル、南部ではホセ・ヘルバシオ・アルティーガスやベルナルド・オイギンスやホセ・デ・サン=マルティン、メキシコではミゲル・イダルゴやホセ・マリア・モレーロスによって率いられ、シモン・ボリーバルのボリーバル主義(ラテンアメリカ統一主義)の下に1819年から1830年までベネズエラ、コロンビア、パナマ、エクアドルが一体となった大コロンビア共和国が成立した。南北から迫る南米大陸の独立運動は南部のサン=マルティンの主導した1821年のペルー独立以降、北部のボリーバルによって引き継がれ、1825年にボリーバルやスクレによってボリビアが独立したことにより終焉した。ラテンアメリカ北部では、1810年代に独立軍は全て鎮圧されていたが、1820年のスペイン本国でのリエゴ革命によって軟化した本国政府の自由主義的態度を嫌ったメキシコの保守的なクリオージョ寡頭支配層は、保守支配を続けるために1821年にメキシコ帝国を建国し、独立した。メキシコ独立に倣い中央アメリカでも1823年に中央アメリカ連邦が独立した。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のスポーツ

    2010年のスポーツから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ダカール・ラリー(1月1日 - 16日、アルゼンチン・ブエノスアイレス発着)2010年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • Annabel

    Annabelから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    Annabel(アナベル、3月18日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の日本の女性歌手。Annabel フレッシュアイペディアより)

  • ウィレム・パアツ

    ウィレム・パアツから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1888年、パアツはトレーニングカレッジで体育教師として指導を始める。1901年、ブエノスアイレスでサッカーボールを持ち帰り、生徒にサッカーの指導を始めたところすぐに人気となり、大会が開かれるようになった。1902年には教え子達によって同国初のサッカークラブ「オリンピア・アスンシオン」が誕生した。サッカー文化に大きく貢献し、1909年から一年間パラグアイサッカー協会会長も務めている。ウィレム・パアツ フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・マンクーソ

    アレハンドロ・マンクーソから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アレハンドロ・ビクトル・マンクーソ(Alejandro Víctor Mancuso、1968年9月4日 - )は、アルゼンチンのブエノスアイレス出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。アレハンドロ・マンクーソ フレッシュアイペディアより)

770件中 61 - 70件表示

「首都ブエノスアイレス」のニューストピックワード