1129件中 61 - 70件表示
  • 第125次IOC総会

    第125次IOC総会から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    第125次IOC総会は、2013年9月6日から10日までアルゼンチンのブエノスアイレスのブエノスアイレス・ヒルトンで開かれた国際オリンピック委員会総会である。開会式はテアトロ・コロンで開催された。第125次IOC総会 フレッシュアイペディアより)

  • Annabel

    Annabelから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    Annabel(アナベル、3月18日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身の日本の女性歌手、作詞家。所属レコード会社はランティス。Annabel フレッシュアイペディアより)

  • リオプラテンセ・スペイン語

    リオプラテンセ・スペイン語から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    リオプラテンセ方言は主にブエノスアイレス、モンテビデオ、ロサリオといったこの地域の特に人口が密集した三つの都市に根付いており、これらの地域の郊外でも同様に話されている。リオプラテンセ・スペイン語 フレッシュアイペディアより)

  • エビータ (ミュージカル)

    エビータ (ミュージカル)から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1973年のある夜、ライスはエヴァ・ペロンに関するラジオ番組が終了すると聞いて興味が湧いた。子供の頃切手収集をしていて、アルゼンチンの切手に描かれたエヴァの絵に魅了されたことがあったが、当時はアルゼンチンの歴史にエヴァがどれほど重要であったか知らなかった。ライスはエヴァについて調べ始め、シネマ・インターナショナル重役からアルゼンチンの映画監督で1972年10月24日にイギリスで放送されたテレビ映画『Queen of Hearts 』をプロデュースしたカルロス・パシーニを紹介された。この重役はライスがテムズ・テレビジョンでこの映画を観る手はずを整え、ライスは「最低でも20回」は鑑賞し、「パシーニのよく研究された映画に夢中になった」。ライスはエヴァについてより深く研究するため、エヴァが15歳から住んだブエノスアイレスに出向き、多くの文書を読んでエヴァの人生を研究し、パシーニに紹介された人々に会ううちによりエヴァに惹かれ、ライスは長女にエヴァと名付けるほどだった。エビータ (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • ウルグアイの歴史

    ウルグアイの歴史から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    先コロンブス期の現在のウルグアイに相当する地域には、狩猟民族のチャルーア人や、農耕民族のグアラニー人が居住していた。1516年にこの地域を最初に訪れたヨーロッパ人はスペインのフアン・ディアス・デ・ソリスであった。ラプラタ川の東岸に位置したウルグアイは、植民地時代にはバンダ・オリエンタルと呼ばれ、他のインディアス植民地に比べると相対的に開発が進まないまま、北方のブラジルから進出してきたポルトガル人と、ブエノスアイレスを拠点にするスペイン人の争奪の対象となり、1680年にポルトガルが建設したコロニア・ド・サクラメントと1726年にスペインが建設したモンテビデオが屡々火花を散らした。19世紀に入り、ラテンアメリカ諸国の独立運動が進むと、リオ・デ・ラ・プラタ副王領の一部であったバンダ・オリエンタルには、ブエノスアイレス主導の独立運動に対して旧副王領全体の独立運動の主導権を握りかけたが登場したが、アルティーガスが1820年にポルトガル軍に敗れた後は、この地域の自立的な独立運動は進まず、1820年代のアルゼンチン・ブラジル戦争の帰結として、イギリスの調停によって1828年にウルグアイ東方共和国として独立を達成した。独立後も長らく大戦争(1839年 - 1851年)のように、国内の親アルゼンチン派のブランコ党と親ブラジル派のコロラド党の内乱が続き、また、幾度となく続いたウルグアイの内乱はパラグアイの三国同盟戦争(1864年 - 1870年)の一因ともなった。このように不安定だったウルグアイが安定した統治を確立するのは20世紀初頭のホセ・バッジェ・イ・オルドーニェス大統領の大改革の後であり、以後20世紀前半のウルグアイは「南アメリカのスイス」とも評される稀有な民主主義国家となった。しかしながら、1955年よりそれまでの一次産品輸出志向型経済が行き詰まりを迎え、1960年代には深刻化する経済危機を背景に都市ゲリラ、トゥパマロスが活動するようになり、1973年にトゥパマロス鎮圧を果たした軍部によってクーデターが実施され、長らく民主主義の伝統を保っていたウルグアイの民主体制は崩壊した。クーデター後、軍事政権はネオリベラリズム政策と強権統治に訴えたが、このような統治を望まなかったウルグアイ人およそ50万人が国を捨てて出国し、更に軍政を合法化しようとした1981年の国民投票が否決されたこともあって、1985年に民政移管した。民政移管後暫くは19世紀以来のコロラド党とブランコ党の二大政党制が継続したものの、2005年の大統領選挙では中道左派政党拡大戦線のタバレ・バスケスが当選し、ウルグアイの二大政党制に終止符を打った。ウルグアイの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 帝国南極横断探検隊

    帝国南極横断探検隊から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    エンデュアランス号は1914年8月9日にプリマスを出発し、ブエノスアイレスに短期間停泊した後サウス・ジョージア島のグリトビケンを訪れ、最終的に12月5日、28人の乗組員と共に南極大陸の海岸へと出発した。順調に進み、探検隊は新年直前に南極圏の流氷と遭遇したが、シャクルトンはエンデュアランス号が流氷の比較的開けた場所を巧みに通過した、と書いている。1月10日には、探検隊は高さ30mある巨大な氷壁に到着した。これは南極大陸沿岸のコーツランドを覆っており、1904年にこの領域を訪れた最後のイギリスの探検家であるウィリアム・スピアーズ・ブルース博士により発見され命名されたものである。2日後、探検隊は南緯74度でこれを通過し、目的地であるルートポルド海岸のすぐ北にある未踏の地へ移動した。シャクルトンは新たに発見したこの海岸線を探検隊の最大出資者ジェームズ・キー・ケアードに因んでケアード海岸と名付けた。帝国南極横断探検隊 フレッシュアイペディアより)

  • モンテビデオ

    モンテビデオから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ポシートス、ブセオ、マルビン、プラシャ・デ・ロス・イングレセス(イギリス人の砂浜)、プラシャ・ベルデ(緑の砂浜)、プンタ・ゴルダ(太い岬)、カラスコなどの美しいビーチがあり、その他にも観光地として多くの記念碑や博物館、歴史的建造物や通りがある。マーサー・ヒューマンリソースコンサルティングによると、ラテンアメリカで最も生活の質が高い都市とされている(ブエノスアイレスとサンティアゴ・デ・チレが続く)。モンテビデオ フレッシュアイペディアより)

  • パンアメリカンハイウェイ

    パンアメリカンハイウェイから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    一般に本線とされているルートは、アラスカ州フェアバンクス(Fairbanks)を起点に(さらにそこより北のサークル(Circle)という北極圏に近い街を起点とする場合もある)、北米大陸西岸から中西部を通ってメキシコから中米に抜け(ただし後述のように、一部道路が分断されている地点がある)、南米大陸の西岸を通りチリのサンチアゴから東へとルートを変えてアンデス山脈を横断し、ブエノスアイレス、さらにはそこから南下して大陸南端のティエラ・デル・フエゴ(Tierra del Fuego)に至るコースである。その間、北極圏や南極圏に近い寒冷地から熱帯雨林、平地から標高4,500mの高地に至るまでのさまざまな気候帯や生態系、さらには14か国(「本線」の項目に列記)もの国々を通過する(ちなみに、1997年版のエンサイクロペディア・ブリタニカではパンアメリカンハイウェイの長さを「全長48,000km」としている。ただし、一部ルートの定義付けがなされていない箇所があることは上述のとおりであり、この数値がどれほどの意味を持つかは疑問である)。パンアメリカンハイウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス地下鉄

    ブエノスアイレス地下鉄から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ブエノスアイレス地下鉄(ブエノスアイレスちかてつ、スペイン語:Subte de Buenos Aires)はアルゼンチンの首都ブエノスアイレス市内の地下鉄。郊外を走る公共鉄道路線とともにメトロビアス社 (Metrovias S.A.) によって運営されている。ブエノスアイレス地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエラ・クルコウェル

    ダニエラ・クルコウェルから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ダニエラ・クルコウェル(Daniela Yael Krukower、1975年1月6日- )は、アルゼンチンのブエノスアイレス出身の柔道選手。階級は63kg級。身長175cm。ダニエラ・クルコウェル フレッシュアイペディアより)

1129件中 61 - 70件表示

「首都ブエノスアイレス」のニューストピックワード