770件中 81 - 90件表示
  • TRIX (ユニット)

    TRIX (ユニット)から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    トリックス(TRIX )は、かつてアルゼンチンで活動していた3人組女性歌手ユニットである。1962年2月5日に生まれたブエノスアイレス出身の三つ子の姉妹である。8歳の時に、「ゴールデン・トリプレッツ」の名前でデビューした。TRIX (ユニット) フレッシュアイペディアより)

  • オルケゾグラフィ

    オルケゾグラフィから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1946年 : Orquesografía. Tratado en forma de diálogo ; versión castellana del texto inglés traducido por Cyril W. Beaumont de la edición original publicada en Langres en 1588, ブエノスアイレス, Centurión.オルケゾグラフィ フレッシュアイペディアより)

  • 遥かなるカミニト

    遥かなるカミニトから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1970年代、写真家の秋山毅は、ロケハンのために、アルゼンチンのブエノスアイレスに行くが、案内役のビジネスマンが、旧知の早田隆介であった。20年ぐらい前の、早稲田大学での思い出話に花が咲く。遥かなるカミニト フレッシュアイペディアより)

  • ボリビア文学

    ボリビア文学から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    19世紀末にニカラグア出身のルベン・ダリオの活躍によってモデルニスモ文学がイスパノアメリカ地域で影響力を持つようになると、ボリビアからはブエノスアイレスに移ったリカルド・ハイメス・フレイレが、当時ブエノスに滞在していたダリオに評価されて共同で雑誌『レビスタ・デ・アメリカ』(1894)を創刊し、『野蛮なミューズ』(1897)、『残酷なカスタリア』(1899)のような詩集を残している。ボリビア文学 フレッシュアイペディアより)

  • Sayaca

    Sayacaから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    幼児期よりニューヨーク、ペルー、メキシコシティで過ごし、2002年よりアルゼンチン、ブエノスアイレスに移住する。現地で歌手活動を始め、現在は日本でもコンサートなどを開いている。Sayaca フレッシュアイペディアより)

  • 小川紀美代

    小川紀美代から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2001年より、アルゼンチンのブエノスアイレスに渡る。バンドネオン奏者のフリオ・オスカル・バネ (Julio Oscar Pane) に師事する。現地でライブ演奏を担う。同年に、最初のアルバム 『Tango Passion』 のレコーディングに参加する。2003年、アルゼンチン最大の音楽祭である「コスキンフェスティバル」(Festival de Cosquín)に日本代表として参加する。2005年にはブエノスアイレス市大統領府博物館ホールほか四ヶ所の公式コンサートに参加する。2007年からは3年連続で韓国 Asian Improvisasion Art Exchange Mullae に参加する。小川紀美代 フレッシュアイペディアより)

  • 京谷弘司

    京谷弘司から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1975年、独立し『京谷弘司タンゴトリオ』を結成する。レコード録音やコンサートで、一世を風靡する。1982年に初来日したアストル・ピアソラより、「近い将来アストル ・ピアソラのライバルとなるコウジへ!素晴らしい音楽に乾杯!」とのメッセージをいただく。1985年にアルゼンチンに渡る。日本に帰国後、中国に行き、北京・天津で公演し、好評を得る。1986年および翌年1987年に来日したホセ・コランジェロ楽団と共演する。1996年、京谷弘司自身が率いる『クァルテート・タンゴ』のCD『レコルダシオン』が、発売される。1998年8月、ブエノスアイレスの国立セルバンテス劇場にてオルケスタ・ティピカ東京のバンドネオンソリスタとして出演する。京谷弘司 フレッシュアイペディアより)

  • エル・ビエホ・アルマセン

    エル・ビエホ・アルマセンから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    エル・ビエホ・アルマセン(El Viejo Almacén)は、アルゼンチンブエノスアイレスサンテルモ地区にあるタンゲリア(タンゴ生演奏の店)エル・ビエホ・アルマセン フレッシュアイペディアより)

  • 松久信幸

    松久信幸から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    経営方針の相違からおよそ3年にて同店を離れ、アルゼンチンのブエノスアイレスにて勤務、その後アメリカ合衆国アラスカ州に自らの店を構えたものの、開業直後の火事により廃業した。松久信幸 フレッシュアイペディアより)

  • トゥパク・カタリ

    トゥパク・カタリから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    アイリュの一つであるチャヤンタのクラカ(curaca : 首長)であったトマス・カタリは、ある時植民地統治政権からその地位を罷免された。彼の闘争は、彼を承認したブエノスアイレスの副王領本部まで伝えられるが、地方行政官は彼の権利復帰を邪魔する工作を図り、トマス・カタリは投獄されてしまった。そして彼の支持者たちが救出に向かった時、彼は殺害されてしまう。これにより全アルト・ペルーが抗議の声を上げ始めた。トゥパク・カタリ フレッシュアイペディアより)

770件中 81 - 90件表示