1129件中 81 - 90件表示
  • 2020年夏季オリンピックの開催地選考

    2020年夏季オリンピックの開催地選考から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2020年夏季オリンピックには6都市が立候補した。2011年9月1日に立候補の申請が締め切られ、翌2日に国際オリンピック委員会 (IOC) が、アゼルバイジャンのバクー、カタールのドーハ、トルコのイスタンブール、スペインのマドリード、イタリアのローマ、日本の東京の6都市から正式に立候補の申請を受理したと発表した。2012年5月23日にIOC理事会において1次選考が行われ、イスタンブール、東京、マドリードの3都市が正式立候補都市に選出された。この3都市の中から、2013年9月7日にブエノスアイレスで開かれた第125次IOC総会において開催都市が東京に決定した。2020年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • オマール・ナルバエス

    オマール・ナルバエスから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    2003年6月7日、ブエノスアイレスのエスタディオ・ルナ・パルクで、6年振りの世界挑戦となるエベラルド・モラレスと対戦し、初回にダウンを奪って先制。その後5回にもダウンを奪い、最後はレフェリーストップで3度目の防衛に成功した。オマール・ナルバエス フレッシュアイペディアより)

  • スペインによるアメリカ大陸の植民地化

    スペインによるアメリカ大陸の植民地化から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ラ・プラタ地方(現在のアルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ)では、1516年にフアン・ディアス・デ・ソリスが現在のウルグアイの地に上陸した。ラ・プラタ地方の大西洋側にはチャルーア人やグアラニー人が居住していたが、ソリスはインディオのチャルーア人に殺害された。1536年にバスク人貴族のがラ・プラタ川の西岸にヌエストラ・セニョーラ・サンタ・マリア・デル・ブエン・アイレを建設した。1537年にはパラナ川の上流にによってヌエストラ・セニョーラ・サンタ・マリア・デ・ラ・アスンシオンが建設された。ブエノスアイレスは飢えとインディオの攻撃により、1541年に放棄されたが、生き残りはアスンシオンに避難し、以降しばらくアスンシオンはラ・プラタ地方の中心地となった。アスンシオンからの植民団のにより、アルト・ペルー東部にサンタクルス・デ・ラ・シエラが建設された。その後もアスンシオンからはサンタフェ(1573年)、コリエンテス(1580年)などが建設され、1580年にはにより、ラ・トリニダーとしてブエノスアイレスが再建された。ラ・プラタ地方の開発は内陸部のペルー方面からも進められ、1553年には植民地時代最古に建設された現存するアルゼンチンの都市サンティアゴ・デル・エステロが建設され、1573年には中部のパンパにコルドバが建設された。アイマラ人の居住していた地にもサン・ミゲル・デ・トゥクマン(1565年)とサルタ(1582年) が建設された。1560年にはチリからの植民団によってメンドーサが建設されたが、メンドーサはに組み込まれた。バンダ・オリエンタル(現在のウルグアイ)の征服は遅れたが、1726年にはサン・フェリペ・イ・サンティアゴ・デ・モンテビデオが建設された。スペインによるアメリカ大陸の植民地化 フレッシュアイペディアより)

  • マウリシオ・カーゲル

    マウリシオ・カーゲルから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1931年にアルゼンチンのブエノスアイレスにて生まれ、作曲は独学で学ぶ。1957年にケルンに移住し、ケルン放送の電子音楽スタジオで制作するなど、前衛音楽を推進。音楽と劇、映画を総合した芸術を提唱、独自の「総合芸術」として自ら企画して出演した。マウリシオ・カーゲル フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ビアンチ

    カルロス・ビアンチから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    カルロス・ビアンチ(Carlos Bianchi, 1949年4月26日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。選手としてアルゼンチン代表だった。選手時代のポジションはフォワード。カルロス・ビアンチ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・パブロ・アングリサーノ

    フアン・パブロ・アングリサーノから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    フアン・パブロ・アングリサーノ(Juan Pablo Angrisano、1980年4月8日 - )は、アルゼンチンのブエノスアイレス出身のプロ野球選手(捕手)。フアン・パブロ・アングリサーノ フレッシュアイペディアより)

  • CAロサリオ・セントラル

    CAロサリオ・セントラルから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    首都ブエノスアイレスとブエノスアイレス州(大ブエノスアイレス都市圏)以外に本拠地を置くクラブとしては、アルゼンチンでもっとも成功を収めているクラブのひとつである。プリメーラ・ディビシオン(1部)で4度優勝しており、直近の優勝は1986-87シーズンである。さらに、1995年にはコパCONMEBOL(コパ・スダメリカーナの前身となった大会)でも優勝した。CAロサリオ・セントラル フレッシュアイペディアより)

  • 計画都市

    計画都市から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    ブエノスアイレスとビエマドの交換プロジェクト(アルゼンチン)計画都市 フレッシュアイペディアより)

  • アーネスト・シャクルトン

    アーネスト・シャクルトンから見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    1914年8月3日に第一次世界大戦が勃発したにも関わらず、エンデュアランス号の遠征は、ウィンストン・チャーチルから「続行」するよう命じられ、8月8日にイギリスを出発した。シャクルトンは9月27日まで出発が遅れたが、ブエノスアイレスで船に合流した。アーネスト・シャクルトン フレッシュアイペディアより)

  • アムンセンの南極点遠征

    アムンセンの南極点遠征から見たブエノスアイレスブエノスアイレス

    フラム号の他の乗組員として、海洋学専門のビョルン・ヘランド=ハンセン教授の学生であるアレクサンダー・クーチンがいた。クーチンはフラム号で航海して、南極大陸に上陸した最初のロシア人となった(ファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼンやミハイル・ラザレフは南極大陸を発見したが、上陸はしなかった)。アムンセン隊が南極点に行ったとき、クーチンは船に留まり、南極海の海洋学的調査を実行していた。クーチンはブエノスアイレスから別の船でノルウェーに帰らなければならず、ヘランド=ハンセン教授の元にこの遠征で得られた海洋学の資料を持ち帰った。それから間もなくヴラディミール・ルザノフと共に北極海航路探検に出て帰らぬ人となった。アムンセンの南極点遠征 フレッシュアイペディアより)

1129件中 81 - 90件表示

「首都ブエノスアイレス」のニューストピックワード