前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示
  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たディエゴ・マラドーナ

    独立当時は「偉大な田舎」と呼ばれる人口5万人程の小さな町だったが、サルミエント(Sarmiento)政権による欧州化、文明化政策の実施以降数多くの移民がイタリア・スペインなどから渡来し、中南米の中でも最も欧州的な街になった。かの有名なアルゼンチン・タンゴはこの街のボカ地区で育った。また、サッカーが盛んなことでも有名で、マラドーナが在籍したボカ・フニオルスやリーベル・プレートなど名門チームを数多く擁する。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たフランシスコ・ソラーノ・ロペス

    ミトレは当時のアルゼンチンの自由主義者の御多分に漏れず、ヨーロッパを崇拝し、ガウチョ、インディオ、黒人を野蛮なものとして嫌っていたが、こうした自由主義者が政権を握ったことにより、以降ブエノスアイレスから黒人は消えていくことになる。1865年にアルゼンチン初の国政調査が行われた際、全人口の165万人の内およそ2万人が黒人だったが、1864年にパラグアイのロペス元帥が起こした三国同盟戦争により、黒人は人口に対して不釣合いな規模が徴兵された。1871年に黄熱病が流行したが、これが黒人のコミュニティに止めを刺し、僅かな黒人もウルグアイなどの周辺国に出国していった。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たホセ・デ・サン=マルティン

    カテドラルにはアルゼンチン、チリ、ペルーの解放者、ホセ・デ・サン=マルティン将軍の亡骸が安置されている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たフアン・マヌエル・デ・ロサス

    リバダビアの失脚後、連邦派のマヌエル・ドレーゴが戦争の指導を継続するが、イギリスの圧力により、1828年のモンテビデオ条約でウルグアイの独立を認めさせられると(事実上の引き分け)帰還兵の不満は募り、同年ドレーゴは統一派のフアン・ラバージェによって暗殺され、ラバージェが自ら州知事になった。このことがさらに連邦派と統一派の戦いを激化させ、1829年、ラバージェを打倒したフアン・マヌエル・デ・ロサスが州知事となった。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たフアン・ディアス・デ・ソリス

    1516年にスペイン王の命により新大陸の探検をしていた、スペイン人航海者 フアン・ディアス・デ・ソリスは、ラ・プラタ川に到達した。ソリスは今日のラ・プラタ地域に到達した最初のヨーロッパ人だと思われるが、今日のウルグアイ領で、先住民のチャルーア族により殺害される。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たカルロス・メネム

    1992年5月17日、イスラエル大使館がイスラム系のテロ組織に爆破され、多くの死傷者を出した。メネム大統領(たまたまアラブ系である)はこの事件を非難した。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たホルヘ・ラファエル・ビデラ

    1976年にホルヘ・ラファエル・ビデラ将軍が治安維持のために「汚い戦争」に従事し、多くの反体制、左翼、及び全く政治活動に無関係の市民を暗殺したが、しかし経済の回復は全く見込めず、日夜スト、デモ、暴動が起き、情勢はより悪化した。こうして殺害された市民の数はおよそ30,000人と見積もられている。1987年には急進市民同盟のラウル・アルフォンシン政権の下で、ブエノスアイレスの一極集中を緩和するため首都をパタゴニア北端のリオネグロ州の州都ビエドマに移転する法案が下院を通過したものの、上院で否決され遷都案は立ち消えとなった。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たベイルート

    ベイルート:「中東のパリ」と呼ばれている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見た牛肉

    ブエノスアイレスは港町として発展してきた歴史を持ち、現在でもアルゼンチン最大の港を持つ。世界有数の肥沃な農業地域であるパンパの中心部にあり、さらにラプラタ川の水運とも連絡があるため、アルゼンチンの主要輸出品である牛肉や小麦、大豆やトウモロコシ、さらに羊毛や皮革などの輸出港として発展してきた。ラプラタ川を通じてパラグアイと、さらにウルグアイやブラジルともつながりがあり、アルゼンチンのみならず南アメリカ大陸南部の物流拠点となっている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たナポレオン・ボナパルト

    1808年にナポレオン・ボナパルトの指導するフランス帝国がスペインに侵攻し、兄のジョゼフ・ボナパルトをホセ1世に据えると、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否した。1810年5月25日に五月革命が勃発し、ラ・プラタ副王はポルテーニョ達により追放され自治政府が発足した。1816年7月9日にはトゥクマンの議会でブエノスアイレスを首都に定めたリオ・デ・ラ・プラタ連合州の独立が宣言された。独立後はすぐに連邦同盟のアルティーガス派との内戦が続いたが、各州の妥協により、ブエノスアイレス州が連合州の外交権を行使することが認められた。1821年にベルナルディーノ・リバダビアが州内務大臣として辣腕を振るい、ブエノスアイレス大学が設立された。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
133件中 1 - 10件表示