133件中 11 - 20件表示
  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たリオデジャネイロ

    2008年、プライスウォーターハウスクーパースの公表した調査によると、ブエノスアイレスの都市GDPは3620億ドルであり、世界第13位である。南米ではサンパウロに次いで第2位。また2011年3月、英国のシンクタンクにより、世界第64位の金融センターと評価されており、南米ではサンパウロ、リオデジャネイロに次ぐ第3位である。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見た大豆

    ブエノスアイレスは港町として発展してきた歴史を持ち、現在でもアルゼンチン最大の港を持つ。世界有数の肥沃な農業地域であるパンパの中心部にあり、さらにラプラタ川の水運とも連絡があるため、アルゼンチンの主要輸出品である牛肉や小麦、大豆やトウモロコシ、さらに羊毛や皮革などの輸出港として発展してきた。ラプラタ川を通じてパラグアイと、さらにウルグアイやブラジルともつながりがあり、アルゼンチンのみならず南アメリカ大陸南部の物流拠点となっている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見た黄熱病

    ミトレは当時のアルゼンチンの自由主義者の御多分に漏れず、ヨーロッパを崇拝し、ガウチョ、インディオ、黒人を野蛮なものとして嫌っていたが、こうした自由主義者が政権を握ったことにより、以降ブエノスアイレスから黒人は消えていくことになる。1865年にアルゼンチン初の国政調査が行われた際、全人口の165万人の内およそ2万人が黒人だったが、1864年にパラグアイのロペス元帥が起こした三国同盟戦争により、黒人は人口に対して不釣合いな規模が徴兵された。1871年に黄熱病が流行したが、これが黒人のコミュニティに止めを刺し、僅かな黒人もウルグアイなどの周辺国に出国していった。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たプノンペン

    プノンペン:「東洋のパリ」と呼ばれている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たライトレール

    ブエノスアイレスには地下鉄、ライトレール・トラム、近郊列車があり、近郊列車の路線網はアメリカ大陸ではニューヨークに次いで第2位の規模を誇る。また、大部分が減便・廃止となったものの長距離列車も走っている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たジョゼフ・ボナパルト

    1808年にナポレオン・ボナパルトの指導するフランス帝国がスペインに侵攻し、兄のジョゼフ・ボナパルトをホセ1世に据えると、インディアス植民地は偽王への忠誠を拒否した。1810年5月25日に五月革命が勃発し、ラ・プラタ副王はポルテーニョ達により追放され自治政府が発足した。1816年7月9日にはトゥクマンの議会でブエノスアイレスを首都に定めたリオ・デ・ラ・プラタ連合州の独立が宣言された。独立後はすぐに連邦同盟のアルティーガス派との内戦が続いたが、各州の妥協により、ブエノスアイレス州が連合州の外交権を行使することが認められた。1821年にベルナルディーノ・リバダビアが州内務大臣として辣腕を振るい、ブエノスアイレス大学が設立された。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たタクシー

    市内はコレクティーボ(バス)が多数運行しており、深夜12時過ぎまで運行している。タクシーは黄色と黒で塗り分けられている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たパリ

    「南米のパリ」の名で親しまれ、南米の中で最も美しい町の一つとして数えられる。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見た世界都市

    どの州にも属しておらず特別区として扱われる(ちなみによく間違われるが、1880年の首都令以来、ブエノスアイレス州の州都はラ・プラタ市である)。意味はスペイン語で「buenos(良い)aires(空気、風)」の意。船乗りの望む「順風」が街の名前になったものである.ラ・プラタ川(Río de la Plata スペイン語で「銀の川」の意)に面しており、対岸はウルグアイのコロニア・デル・サクラメント。近郊を含む都市圏人口は1,312万人であり、世界第20位である。建国以来アルゼンチンの政治、経済、文化の中心である。2012年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第22位の都市と評価されており、南米の都市では第1位であった。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たトウモロコシ

    ブエノスアイレスは港町として発展してきた歴史を持ち、現在でもアルゼンチン最大の港を持つ。世界有数の肥沃な農業地域であるパンパの中心部にあり、さらにラプラタ川の水運とも連絡があるため、アルゼンチンの主要輸出品である牛肉や小麦、大豆やトウモロコシ、さらに羊毛や皮革などの輸出港として発展してきた。ラプラタ川を通じてパラグアイと、さらにウルグアイやブラジルともつながりがあり、アルゼンチンのみならず南アメリカ大陸南部の物流拠点となっている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

133件中 11 - 20件表示