134件中 41 - 50件表示
  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たボリビア

    レティーロ駅の付近にレティーロ長距離バスターミナルがあり、国内各地やブラジル、ウルグアイ、パラグアイ、ボリビア、チリ、ペルーといった近隣諸国を結んでいる。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たブラジル

    ブラジリア(ブラジル, 1986年, 1997年)ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たアスンシオン

    1536年2月2日、バスク人貴族でスペインの探検家だったの植民団一行は、現在のブエノス・アイレス南部のサン・テルモ地区に、ヌエストラ・セニョーラ・サンタ・マリーア・デル・ブエン・アイレ市( 直訳すると「良き風の我々の聖母マリア市」) を建設した。しかしグアラニー族やチャルーア族を始めとする先住民の包囲攻撃と、それに伴う飢餓のために町は1541年に放棄され、生き残りはパラナ川を上ってアスンシオンを建設した。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たアラブ人

    1992年5月17日、イスラエル大使館がイスラム系のテロ組織に爆破され、多くの死傷者を出した。メネム大統領(たまたまアラブ系である)はこの事件を非難した。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ

    ボカ・ジュニアーズ、CAリーベル・プレート、CAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ、CAウラカンなどのサッカークラブがブエノスアイレスに本拠地を置いている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見た地下鉄

    1911年にはスペイン語圏、及び南半球初の地下鉄(A線)が五月広場から市内西部に向かって開通した。1920年代以降はアルゼンチンの富裕さを反映して南北アメリカ大陸最大規模の都市の一つとして成長すると同時に、内陸部諸州からの国内移民が増加し、市内に吸収しきれなかった人口が郊外に巨大なスラム街(ビジャス・ミセリアス)を築いた。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たイタリア語

    ロサリオ、モンテビデオと共に、リオプラテンセ・スペイン語が話される最大の都市である。ポルテーニョのアクセントはイタリア語のナポリ方言に近い。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たクリオーリョ

    1776年にブラジル方面から侵攻を続けるポルトガルからバンダ・オリエンタルを防衛するために、ペルー副王領が分離され、リオ・デ・ラ・プラタ副王領が設置されると、ブエノスアイレスは副王領の首府となり、正式に開港された。しかし、完全な自由貿易を求めるクリオーリョ達にとっては、この措置は未だに不十分なものであり、スペイン当局への憤懣を鬱積させるもとになった。フランス革命後、ヨーロッパでの戦乱の中でスペインがフランスと同盟を結ぶと、スペインの敵対国となったイギリスはこの地域の支配を目論み、1806年、ブエノスアイレスに侵攻を試みた()。ラ・プラタ副王は逃亡したが、ポルテーニョ民兵隊は副王不在のままイギリス軍を撃退し、翌1807年再侵略をも撃退すると、自信をつけたポルテーニョ達のスペインへの忠誠は揺らいでいった。現在もブエノスイアレス市民のことをポルテーニョ(港の人)と呼ぶのはこの時の民兵隊の名前から来ている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たラオ語

    アジア系の言語も近年増加したアジア系の移民により、中国語やラオ語、ボリビア人街のすぐ側の韓国人街では韓国語が日常的に使われている。日系人もいるが、日本語はあまり話されていない。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たチャルーア族

    1516年にスペイン王の命により新大陸の探検をしていた、スペイン人航海者 フアン・ディアス・デ・ソリスは、ラ・プラタ川に到達した。ソリスは今日のラ・プラタ地域に到達した最初のヨーロッパ人だと思われるが、今日のウルグアイ領で、先住民のチャルーア族により殺害される。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

134件中 41 - 50件表示

「首都ブエノスアイレス」のニューストピックワード