133件中 51 - 60件表示
  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たアラブ

    1992年5月17日、イスラエル大使館がイスラム系のテロ組織に爆破され、多くの死傷者を出した。メネム大統領(たまたまアラブ系である)はこの事件を非難した。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見た温暖湿潤気候

    気候は温暖湿潤気候で四季がある。しかし南半球にある為、北半球の日本とは季節が逆になり、一番暑いのは1月(平均気温25.1℃)、一番寒いのは7月(平均気温10.9℃)である。年間通じて降雨があるが、3月と10月、11月がやや多く、6月と7月はやや少ない。年間降水量は1214mm。史上最高気温は1957年1月29日に記録された43.3°Cである。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見た探検

    1516年にスペイン王の命により新大陸の探検をしていた、スペイン人航海者 フアン・ディアス・デ・ソリスは、ラ・プラタ川に到達した。ソリスは今日のラ・プラタ地域に到達した最初のヨーロッパ人だと思われるが、今日のウルグアイ領で、先住民のチャルーア族により殺害される。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たイスラム

    1992年5月17日、イスラエル大使館がイスラム系のテロ組織に爆破され、多くの死傷者を出した。メネム大統領(たまたまアラブ系である)はこの事件を非難した。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たモンテビデオ

    プエルト・マデーロ地区のフェリー乗り場から、ブケブス社によりウルグアイのコロニア・デル・サクラメント、モンテビデオ行きのフェリーが毎日運行している。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たパタゴニア

    1976年にホルヘ・ラファエル・ビデラ将軍が治安維持のために「汚い戦争」に従事し、多くの反体制、左翼、及び全く政治活動に無関係の市民を暗殺したが、しかし経済の回復は全く見込めず、日夜スト、デモ、暴動が起き、情勢はより悪化した。こうして殺害された市民の数はおよそ30,000人と見積もられている。1987年には急進市民同盟のラウル・アルフォンシン政権の下で、ブエノスアイレスの一極集中を緩和するため首都をパタゴニア北端のリオネグロ州の州都ビエドマに移転する法案が下院を通過したものの、上院で否決され遷都案は立ち消えとなった。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たガリシア語

    アルゼンチンは19世紀に多くの移民を受け入れ、移民の多くはブエノスアイレスに定着したため、今でもブエノスアイレスではドイツ語、フランス語、ガリシア語など多種多様な言語が話されている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たドイツ語

    アルゼンチンは19世紀に多くの移民を受け入れ、移民の多くはブエノスアイレスに定着したため、今でもブエノスアイレスではドイツ語、フランス語、ガリシア語など多種多様な言語が話されている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たバンダ・オリエンタル

    1776年にブラジル方面から侵攻を続けるポルトガルからバンダ・オリエンタルを防衛するために、ペルー副王領が分離され、リオ・デ・ラ・プラタ副王領が設置されると、ブエノスアイレスは副王領の首府となり、正式に開港された。しかし、完全な自由貿易を求めるクリオーリョ達にとっては、この措置は未だに不十分なものであり、スペイン当局への憤懣を鬱積させるもとになった。フランス革命後、ヨーロッパでの戦乱の中でスペインがフランスと同盟を結ぶと、スペインの敵対国となったイギリスはこの地域の支配を目論み、1806年、ブエノスアイレスに侵攻を試みた。ラ・プラタ副王は逃亡したが、ポルテーニョ民兵隊は副王不在のままイギリス軍を撃退し、翌1807年再侵略をも撃退すると、自信をつけたポルテーニョ達のスペインへの忠誠は揺らいでいった。現在もブエノスイアレス市民のことをポルテーニョ(港の人)と呼ぶのはこの時の民兵隊の名前から来ている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

  • ブエノスアイレス

    ブエノスアイレスから見たフランス語

    アルゼンチンは19世紀に多くの移民を受け入れ、移民の多くはブエノスアイレスに定着したため、今でもブエノスアイレスではドイツ語、フランス語、ガリシア語など多種多様な言語が話されている。ブエノスアイレス フレッシュアイペディアより)

133件中 51 - 60件表示