首都ベオグラード ニュース&Wiki etc.

ベオグラード(セルビア語: / Beograd、、ハンガリー語では: / )は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。かつてはユーゴスラビア社会主義連… (出典:Wikipedia)

「首都ベオグラード」最新ニュース

「首都ベオグラード」Q&A

  • Q&A

    ヨーロッパで無視される貧乏、あるいは中堅チームについて。 欧州サッカー連盟(UEF…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年6月23日 18:22

  • Q&A

    セルビアの首都はベオグラードですが本当はコソボを首都にしたいのでしょうか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年5月18日 21:21

  • Q&A

    旧ユーゴスラビアとコソボについてざっくりまとめてみました。 間違いや、肝心な部分で…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2015年12月20日 20:26

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ベオグラード」のつながり調べ

  • モーリス・ド・サックス

    モーリス・ド・サックスから見たベオグラード

    ポーランド王アウグスト2世(ザクセン選帝侯フリードリヒ・アウグスト1世)の354人の私生児の最年長としてゴスラー(現ニーダーザクセン州ゴスラー郡)で生まれる。12歳で少尉に任官され、翌年に初陣。17歳のときに騎兵連隊を指揮してフランドルで戦う。18歳の時に貴族の娘と結婚、21歳でプリンツ・オイゲンと共にベオグラード攻囲戦に参加した。フランス政府に誘われ、1720年にパリへ出てフランス軍に入隊した。(モーリス・ド・サックス フレッシュアイペディアより)

  • ヴィルヘルム・ラインハルト・フォン・ナイペルク

    ヴィルヘルム・ラインハルト・フォン・ナイペルクから見たベオグラード

    このころバルカン方面ではすでに再度の対オスマン帝国戦争が始まっており、ナイペルクも主な指揮官の一人として従軍した。この戦争において、オーストリアは稚拙な戦略、低い士気と深刻な補給不足によって大きな損害をこうむって戦争を続けることができず、ベオグラードを含む、かつてオイゲン公子が獲得したバルカン南部の広い領域をベオグラード条約によって割譲せざるをえなかった。ナイペルクはこの戦争の指揮について主要な責任を負う人物の一人であって、ナイペルクの場合は特に、1739年に生じたグロッカの戦いの敗北のあと、ナイペルクが代表となったベオグラードでの和平交渉において、本国との連絡の齟齬や状況の不十分な検討のため本国の承認なしにひどく不利な条件で講和条約をまとめて皇帝が事後承認せざるを得ない状況に追いやったことが責められていた。戦争終結後ナイペルクはカール6世によって他の将軍ともども軍法会議にかけられ、グラッツ要塞に収監された。(ヴィルヘルム・ラインハルト・フォン・ナイペルク フレッシュアイペディアより)

「ベオグラード」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「首都ベオグラード」
地図情報

「首都ベオグラード」のニューストピックワード