前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
625件中 1 - 10件表示
  • ユーゴスラビア侵攻

    ユーゴスラビア侵攻から見たベオグラードベオグラード

    4月6日、枢軸軍はあらゆる方面から侵攻を開始し、ドイツ空軍はベオグラードへの爆撃を行った。枢軸軍の勝利は迅速であり、ユーゴスラビアが4月17日に降伏するまでに要した日数は僅か11日であった。国境の全てを防御しようとするユーゴスラビア陸軍の主張は、この事態には何の役にも立たなかった。ユーゴスラビアはドイツ、ハンガリー、イタリア、ブルガリアによって分割され、セルビアの大部分はドイツによって占領された。ムッソリーニはクロアチアのファシスト組織「ウスタシャ」の指導者アンテ・パヴェリッチを支持し、クロアチア独立国の成立が宣言された。ユーゴスラビア侵攻 フレッシュアイペディアより)

  • ランボー・アマデウス

    ランボー・アマデウスから見たベオグラードベオグラード

    ランボー・アマデウス(セルビア語:、1963年6月14日 - )、本名アントニイェ・プシッチ()は、モンテネグロ・コトル出身で、旧ユーゴスラビア諸国全域で人気のある歌手である。1963年にユーゴスラビア連邦人民共和国・モンテネグロ人民共和国のコトルにて生まれ育ち、その後セルビアのベオグラードに居住し、活動の拠点としている。ランボー・アマデウス フレッシュアイペディアより)

  • ゼムン

    ゼムンから見たベオグラードベオグラード

    ゼムン(セルビア語:、)は、セルビアの歴史的な街であり、また現在は同国の首都・ベオグラードを構成する17の区(オプシュティナ)の1つとなっている。歴史上、ゼムンはベオグラードとは別の街として発展してきたが、20世紀後半にノヴィ・ベオグラードの開発によって両者は結ばれて1つの都市となった。ゼムン フレッシュアイペディアより)

  • ノヴィ・サド

    ノヴィ・サドから見たベオグラードベオグラード

    ノヴィ・サドは、ベオグラードに次いでセルビアの第二の都市である。2010年8月のデータによると、市街地には293,508人が住んでおり、街を中心としたノヴィ・サド市の人口は382,010人である。市域はバチュカ地方とスレム地方にまたがっており、両地方はドナウ川で隔てられている。街の北にはドナウ=ティサ=ドナウ運河(Danube-Tisa-Danube Canal)が通過し、ドナウ川へと合流している。南ではフルシュカ・ゴーラ(Fruška Gora)山脈の北斜面に接している。ノヴィ・サド フレッシュアイペディアより)

  • ミリツァ・ブロゾヴィチ

    ミリツァ・ブロゾヴィチから見たベオグラードベオグラード

    ミリツァ・ブロゾヴィチ(, 1983年10月17日 - )は、ユーゴスラビアベオグラード出身の女性、ロシア、スロバキアの元フィギュアスケート選手(ペア)、フィギュアスケートコーチ。パートナーはウラジミール・フタース、アントン・ニメンコ。ミリツァ・ブロゾヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • スレム

    スレムから見たベオグラードベオグラード

    セルビア領の部分のほとんどがヴォイヴォディナ自治州のスレム郡か南バチュカ郡の領域であり、一部がベオグラード市のゼムン、スルチンおよびノヴィ・ベオグラード(Novi Beograd)の各自治体の領域となっている。クロアチア領の部分はヴコヴァル=スリイェム郡に含まれ、同国領土の東端を成している。スレム フレッシュアイペディアより)

  • 1975年バレーボール男子欧州選手権

    1975年バレーボール男子欧州選手権から見たベオグラードベオグラード

    1975年バレーボール男子欧州選手権は、1975年10月18日から10月25日にかけてユーゴスラビアのベオグラードで開催された、欧州バレーボール連盟主催の第9回バレーボール欧州選手権男子大会。出場国は12カ国。ソビエト連邦が3大会連続5回目の優勝を飾った。1975年バレーボール男子欧州選手権 フレッシュアイペディアより)

  • ニシュ

    ニシュから見たベオグラードベオグラード

    ニシュ()はセルビアの都市で、セルビア南部では最大の都市である。セルビアでは首都ベオグラード、ノヴィ・サドに次いで3番目に大きな都市で、2011年の国勢調査による人口は市街地で192,208人、郊外を含めた全域では257,867人であった。ニシュの面積は597?で、市街地の4つの自治体と郊外のニシュカ・バニャを含めた計5つの自治体で構成され郊外は68の地区に分かれている。ニシュはニシャヴァ郡の行政的な中心都市である。ニシュ フレッシュアイペディアより)

  • セルビアの歴史

    セルビアの歴史から見たベオグラードベオグラード

    1265年、セルビアの統治者はステファン・ネマニッチの息子たち、ラドスラヴ、ヴラディスラヴおよびウロシュ1世へと移った。彼らは国家構造の停滞の時代に足跡をのこした。 これらの3人の王は多かれ少なかれビザンツ帝国やブルガリア、ハンガリーのような幾つかの隣国に依存した。 彼の息子ステファン・ドラグティンがハンガリーの王女との結婚したことによって、ドラグティンへの王位継承にはハンガリーとの結びつきが重要な役目を果たした。のちにドラグティンが彼の弟ステファン・ミルティンに譲位したとき(1282年)、ハンガリー王ラースロー4世が北セルビアを征服併合しようとして、代わりにドラグティンに北ボスニア、マチュヴァ地方(Mačva)とベオグラード市を与えることになった。 こうしてこれらの領土の中には初めてセルビアの版図になったものもあった。彼の新しい王国は「スレム王国」を名乗った。そのとき、「スレム」の名は二つの版図の称号 であった(「上スレム」は現在のスレム、「下スレム」はマチュヴァ)。ステファン・ドラグティン治世のスレム王国は又、上スレムの向こうのスラヴォニアも統治した。1316年のドラグディン王の死後、スレム王国の新しい統治者には彼の息子のステファン・ウラディスラヴ2世がなった。彼は1325年までこの国を統治した。セルビアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • スルチン (地名)

    スルチン (地名)から見たベオグラードベオグラード

    スルチン(セルビア語:)は、セルビアの首都・ベオグラードを構成する17の自治体(オプシュティナ)のひとつ(スルチン区)であり、またその中心をなす地区の呼称である。ベオグラードの空の玄関口であるベオグラード・ニコラ・テスラ空港の所在地であり、2003年にゼムン区から分離して新設された。2002年の時点で、スルチン区に相当する地域の人口は38,695人であり、その中心を成す地区の人口は14,292人であった。スルチン (地名) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
625件中 1 - 10件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード