790件中 101 - 110件表示
  • カール・アレクサンダー (ヴュルテンベルク公)

    カール・アレクサンダー (ヴュルテンベルク公)から見たベオグラードベオグラード

    本家の公爵エーバーハルト・ルートヴィヒの一人息子フリードリヒ・ルートヴィヒが1731年に亡くなり、2年後の1733年にエーバーハルト・ルートヴィヒも死ぬと、従弟であるカール・アレクサンダーがヴュルテンベルク公爵位を継いだ。カール・アレクサンダーは1712年、皇帝軍の将軍だった頃にカトリックに改宗していた。彼はプリンツ・オイゲンの麾下でスペイン継承戦争や1717年から1718年にかけて行われた墺土戦争に参加し、軍事的な成功を収めていた。1719年には神聖ローマ皇帝カール6世よりベオグラード総督に任命されている。カール・アレクサンダー (ヴュルテンベルク公) フレッシュアイペディアより)

  • スタリ・グラード (ベオグラード)

    スタリ・グラード (ベオグラード)から見たベオグラードベオグラード

    スタリ・グラード(セルビア語:)は、セルビア共和国の首都・ベオグラードを構成する17の基礎自治体(オプシュティナ)のひとつであり、またその中心を占める地区の呼称である。自治体の領域は、ベオグラード中心部でもっとも古い地区を含んでおり、それゆえに「古い街」を意味する「スタリ・グラード」と呼ばれている。スタリ・グラード (ベオグラード) フレッシュアイペディアより)

  • ベント・ラーセン

    ベント・ラーセンから見たベオグラードベオグラード

    1970年にベオグラード(当時ユーゴスラビア)で開催されたソ連チーム対世界チーム戦ではラーセンは世界チームの大将となり、ソ連チームの大将であるボリス・スパスキーと戦い、1勝1引き分け1敗だった。4局目は補欠のレオニード・シュタインがスパスキーに代わりラーセンと対局した。なおこの大会でラーセンが負けた2局目はラーセン・オープニングの代表的なゲームとして多くのチェスの書籍で紹介されている。ベント・ラーセン フレッシュアイペディアより)

  • バヤ・マレ

    バヤ・マレから見たベオグラードベオグラード

    1411年、ハンガリー王はセルビア公Djuradj Brankovićと、ベオグラードとバヤ・マレを交換した(ベオグラードは1411年から1521年の間、ハンガリー国境の城となる)。同時期の記録から、バヤ・マレには造幣局があった。トランシルバニアで最も有名で古いものの一つであった。バヤ・マレ フレッシュアイペディアより)

  • ノヴァ・グラディシュカ

    ノヴァ・グラディシュカから見たベオグラードベオグラード

    ザグレブとベオグラードとを結ぶクロアチアの鉄道網の基幹を成す路線が、町の近くを走っており、旅客列車の本数も多い。高速道路のA3号線(A3)も近くを通っている。この鉄道路線と高速道路は共に汎ヨーロッパ回廊X(Pan European corridor X)の一部となっている。町の中心や郊外を結ぶバス交通も発達している。ポジェガ(Požega)や、町から数キロメートルのところにあるボスニア・ヘルツェゴビナとの国境とも直接結ばれている。ノヴァ・グラディシュカ フレッシュアイペディアより)

  • 兄弟愛と統一

    兄弟愛と統一から見たベオグラードベオグラード

    ユーゴスラビアでは工場、学校、催し物、民謡合唱団やスポーツ・クラブなどが「兄弟愛と統一」の呼称を使用しており、またリュブリャナ-ザグレブ-ベオグラード-スコピエを結ぶ幹線道路は「兄弟愛と統一道路」と呼ばれた。兄弟愛と統一 フレッシュアイペディアより)

  • ヘルール族

    ヘルール族から見たベオグラードベオグラード

    この王国がランゴバルド人に破壊されると、ヘルール族の勢力も衰えた。残ったヘルール族はランゴバルド人に従ってイタリアに移動し、一部はゲピド族の下に身を寄せたと見られている。マルケリヌス・コメス(6世紀の歴史家)は、人口が減って荒廃したシンギドゥヌム(現在のベオグラード)への彼らの定住を東ローマ帝国が認めたと記録している。これは、アナスタシウス1世の命により、512年6月29日から8月31日の間に行われた。約1世代後、この小国についての記録は見られなくなる。ヘルール族 フレッシュアイペディアより)

  • ジヴォイン・ミシッチ

    ジヴォイン・ミシッチから見たベオグラードベオグラード

    ストルガニク出身。1871年、ベオグラードの軍事学校で教育を受け、歩兵に配属。1876年の露土戦争時にコルバル大隊、1877年?1878年の露土戦争時に第7歩兵連隊の中隊を指揮した。1885年のセルビア・ブルガリア戦争時、中隊長、大隊長。その後、参謀本部で勤務した後、連隊、歩兵旅団を指揮し、師団区司令官を務めた。1898年?1904年、軍事アカデミーの教授として戦術を講義した。1903年?1907年、退役。ジヴォイン・ミシッチ フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴノスタルギヤ

    ユーゴノスタルギヤから見たベオグラードベオグラード

    現在のユーゴノスタルギヤは文化的・趣味的なものとなっており、ユーゴスラビアやチトー主義的な古い図柄を用いる音楽グループや、絵画、映画、演劇、そしてサラエヴォやベオグラードに代表される旧ユーゴスラビアの都市を巡るテーマ・ツアーなどに代表される。ユーゴノスタルギヤ フレッシュアイペディアより)

  • フニャディ・ラースロー

    フニャディ・ラースローから見たベオグラードベオグラード

    1456年にフニャディ・ヤーノシュが死ぬと、代わって王国軍総司令官の職を得て実権を握ったツェリェ伯ウルリク2世は、父フニャディが国庫から借り出して未払いのままになっているという借金の返済をラースローに迫った。しかし1456年10月にフタクで開かれた議会でラースローは立派な弁明を行って窮地を切り抜けた。ウルリク2世はラースローとの和解を装い、フニャディ家に委ねられていた国王所有の城の全てを明け渡せば、一家を庇護してやると約束した。最初に明け渡されたのは、ラースローが司令官を務めるナーンドルフェヘールヴァール(現在のセルビア領ベオグラード)だった。しかしツェリェ伯と国王ラディスラウスは示し合わせて、ラースローを自分たちの軍隊から追い出してしまった。1456年11月9日、ツェリェ伯はフニャディ家の家人に不可解な状況下で暗殺された。フニャディ・ラースロー フレッシュアイペディアより)

790件中 101 - 110件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード