625件中 111 - 120件表示
  • キーナ・ロスハマー

    キーナ・ロスハマーから見たベオグラードベオグラード

    アーカンソー州リトルロック生まれ。1972年に15歳にしてミュンヘンオリンピックに出場し、800m自由形で金、200m自由形で銅をそれぞれ獲得。翌年にベオグラードで開かれた世界選手権でも200m自由形で金(2分04秒99)、400m自由形で銀(4分21秒50)を獲得し、この年の「北アメリカのアスリート」に選ばれた。選手時代に世界記録を2回、個人アメリカ記録を10回更新し、アメリカ全国大会で10回優勝した。キーナ・ロスハマー フレッシュアイペディアより)

  • 民主党 (セルビア)

    民主党 (セルビア)から見たベオグラードベオグラード

    1919年にセルビア、クロアチア、スロベニアの自由主義者が合同してサラエヴォで創設。当初は セルビア・クロアチア・スロベニア民主国家党 という名称だった。ベオグラード市長のリュボミル・ダヴィドヴィッチを首相として輩出したが、内紛によって現在のセルビア、モンテネグロ、マケドニアに活動範囲が限定されてしまった。1929年、国王アレクサンダル1世が憲法を停止しユーゴスラビア王国を宣言すると下野した。民主党 (セルビア) フレッシュアイペディアより)

  • セルビア電力産業公社

    セルビア電力産業公社から見たベオグラードベオグラード

    本社所在地はベオグラードセルビア電力産業公社 フレッシュアイペディアより)

  • アリヤ・イゼトベゴヴィッチ

    アリヤ・イゼトベゴヴィッチから見たベオグラードベオグラード

    イゼトベコヴィッチ家はベオグラードでオスマン帝国の貴族であったが、セルビアがオスマン帝国から独立したためにボスニアに逃れていた。アリヤ・イゼトベゴヴィッチの祖父アリヤは、ボサンスキ・シャマツの市長であった。アリヤ・イゼトベゴヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・ウォロンツォフ

    ユーリ・ウォロンツォフから見たベオグラードベオグラード

    1977年ベオグラードで開催された全欧安保協力会議(CSCE)にソ連代表として参加。1970年駐米公使となる。1977年12月から1983年1月まで駐インド大使を務める。インド大使としてはソ連・インド間の友好関係を深めることに意を用い、レオニード・ブレジネフ書記長の訪印、インディラ・ガンディー首相との印ソ首脳会談の成功のために尽力した。1981年共産党中央委員に選出される。1983年駐フランス大使を経て、1986年ソ連第一外務次官となる。1987年中距離核戦力全廃条約(INF全廃条約)締結では事務方としてゴルバチョフ書記長、エドゥアルド・シェワルナゼ外相を支えた。ユーリ・ウォロンツォフ フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・タディッチ

    ボリス・タディッチから見たベオグラードベオグラード

    彼は小学校から高校までベオグラードで過ごし、ベオグラード大学で社会心理学臨床心理科を卒業した。卒業後はジャーナリスト、臨床心理学者として働き、第1ベオグラード・ギムナジウムで心理学を教え、心理学研究所で研究を行った。彼は政治活動も活発に行い、それが元で拘束を受けたりもした。ボリス・タディッチ フレッシュアイペディアより)

  • ベント・ラーセン

    ベント・ラーセンから見たベオグラードベオグラード

    1970年にベオグラード(当時ユーゴスラビア)で開催されたソ連チーム対世界チーム戦ではラーセンは世界チームの大将となり、ソ連チームの大将であるボリス・スパスキーと戦い、1勝1引き分け1敗だった。4局目は補欠のレオニード・シュタインがスパスキーに代わりラーセンと対局した。なおこの大会でラーセンが負けた2局目はラーセン・オープニングの代表的なゲームとして多くのチェスの書籍で紹介されている。ベント・ラーセン フレッシュアイペディアより)

  • ニコラ・ヨヴァノヴィッチ

    ニコラ・ヨヴァノヴィッチから見たベオグラードベオグラード

    ベオグラード出身。Models 1、d'management group、Success Models、Traffic Models、Scoop Modelsなどのモデルエージェンシーに所属している。ニコラ・ヨヴァノヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 古賀香澄

    古賀香澄から見たベオグラードベオグラード

    母の勧めで中学校1年生からバレーボールを始める。福岡大学時代は、2009年7月、第25回ユニバーシアードベオグラード大会の代表に選出された。同年12月、全日インカレでブロック賞を獲得する1。古賀香澄 フレッシュアイペディアより)

  • サウス・ストリーム

    サウス・ストリームから見たベオグラードベオグラード

    サウス・ストリーム・パイプラインの当初の計画では、既存のパイプラインとは別に新たなパイプラインを作る計画であったが、ガスプロム社は、ブルガリアではブルガリア国内に現存するパイプライン網を使用することを希望した。だが、2009年4月、プーチン首相はブルガリアの要求を汲み、既存のものとは別に新たなパイプラインを建設することとなった。なおブルガリア領内ではヴァルナからはプレヴェンに輸送され、そこから南西ルート、つまりギリシャ・イオニア海沿岸からイタリアへと通じる計画である。なおギリシャは、サウスストリームからトルコ・ギリシャ・イタリアパイプライン(Greece?Italy pipeline)にガスを供給する案を提示している。サウスストリーム北西部は、ブルガリア・プレヴェンからセルビアに通じる。セルビアでは、ザイェチャル、ベオグラード、スボティツァを経由し、スボティツァからはハンガリーを経由してオーストリアへと通じ、オーストリア・バウムガルテンを終点とする支線が計画されている。その他に、ハンガリーとスロベニアからイタリア北部にガスを供給するため、イタリアとの国境に近いオーストリア・アルノルトシュタインへの支線が計画されている。一方で、ハンガリーの代りにクロアチアを通るようにルートを変更する案も考慮されている。セルビアガス社も、サウスストリームからボスニア・ヘルツェゴビナのバニャ・ルカとサラエボへの支線(容量12億立方メートル・長さ480km)をサヴァ川沿いに建設する計画である。サウス・ストリーム フレッシュアイペディアより)

625件中 111 - 120件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード

  • Application Platform for File Protection

  • プレジデンツカップ以来のゴルフは楽しかった

  • CIMBクラシック/マレーシア