790件中 11 - 20件表示
  • セルビアの歴史

    セルビアの歴史から見たベオグラードベオグラード

    1265年、セルビアの統治者はステファン・ネマニッチの息子たち、ラドスラヴ、ヴラディスラヴおよびウロシュ1世へと移った。彼らは国家構造の停滞の時代に足跡をのこした。 これらの3人の王は多かれ少なかれビザンツ帝国やブルガリア、ハンガリーのような幾つかの隣国に依存した。 彼の息子ステファン・ドラグティンがハンガリーの王女との結婚したことによって、ドラグティンへの王位継承にはハンガリーとの結びつきが重要な役目を果たした。のちにドラグティンが彼の弟ステファン・ミルティンに譲位したとき(1282年)、ハンガリー王ラースロー4世が北セルビアを征服併合しようとして、代わりにドラグティンに北ボスニア、マチュヴァ地方 (Mačva) とベオグラード市を与えることになった。 こうしてこれらの領土の中には初めてセルビアの版図になったものもあった。彼の新しい王国は「スレム王国」を名乗った。そのとき、「スレム」の名は二つの版図の称号 であった(「上スレム」は現在のスレム、「下スレム」はマチュヴァ)。ステファン・ドラグティン治世のスレム王国はまた、上スレムの向こうのスラヴォニアも統治した。1316年のドラグディン王の死後、スレム王国の新しい統治者には彼の息子のステファン・ウラディスラヴ2世がなった。彼は1325年までこの国を統治した。セルビアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オリエント急行

    オリエント急行から見たベオグラードベオグラード

    (イスタンブール行)カレー - パリ - ストラスブール(シュトラスブルク) - ミュンヘン - ザルツブルク - リンツ - ウィーン - ブダペスト - ベオグラード - ニシュ - ソフィア - イスタンブール(コンスタンティノープル)オリエント急行 フレッシュアイペディアより)

  • 非同盟運動

    非同盟運動から見たベオグラードベオグラード

    1960年にアフリカで17カ国の国家が独立したことで、国際社会におけるアジア・アフリカの発言力は一層強化された。こうした中で、ユーゴスラビアのチトー(ソビエト連邦とは距離をおいた独自の社会主義政策をとっていた)らの主導によって、1961年9月にベオグラードで第一回非同盟諸国首脳会議が開催されることになった。当初の参加国は25カ国であった。2011年5月の外相会議にはフィジーとアゼルバイジャンが加入し、120ヵ国となった。非同盟運動 フレッシュアイペディアより)

  • ニシュ

    ニシュから見たベオグラードベオグラード

    ニシュ()は、セルビアの都市で、セルビア南部では最大の都市である。セルビアでは首都ベオグラード、ノヴィ・サドに次いで3番目に大きな都市で、2011年の国勢調査による人口は市街地で192,208人、郊外を含めた全域では257,867人であった。ニシュの面積は597?で、市街地の4つの自治体と郊外のを含めた計5つの自治体で構成され郊外は68の地区に分かれている。ニシュはニシャヴァ郡の行政的な中心都市である。ニシュ フレッシュアイペディアより)

  • ザグレブ

    ザグレブから見たベオグラードベオグラード

    スラヴォニアを通ってベオグラードへ流れるサヴァ川に沿う鉄道と高速道路は国内で最も速い交通手段である。ザグレブ フレッシュアイペディアより)

  • ヴカシン・ブライッチ

    ヴカシン・ブライッチから見たベオグラードベオグラード

    大学の3年生のとき、ネゴティンからベオグラードに移住した。2003年にネゴティンにて出会った友人で、メロディックなメタル・ロックの楽曲を作っていた、ダルコ・ニコディイェヴィッチ()、ネマニャ・アンジェルコヴィッチ()は、アフェクト(Affect)という名のバンドを結成していた。バンドにはリード・ヴォーカルがいなかったが、彼らは歌を歌いギターもひけるヴカシンをバンドに誘った。2004年の夏、ヴカシンはこのバンドで4曲を録音した。ヴカシンはこれらの楽曲を気に入り、そこに自分の音楽の方向性を見出していく。2005年初頭、アフェクトはベーシストのニコラ・ディミティイェヴィッチ()、ドラマーのジェリコ・デスピッチ()を得てフル・メンバーとなった。環境が十分でなかったために、2006年末までに録音できたのは10曲程度であったが、この年の夏にレコード会社のPGP-RTSのオグニェン・ウゼラツ(Ognjen Uzelac)と連絡を取り、プロモーション用CDシングルの発売を打診された。2006年秋には、PGP-RTSの第5スタジオで、「」と、「Ajde Jano」のカバー曲の2曲を、ヘヴィメタルのスタイルで録音した。2007年4月、シングルは発売され、彼らはベオグラード以外でも活動を始めた。バンドのメンバーの中で、プロとしての音楽活動を続けたいと考えているのはヴカシン一人であったが、ダルコ・ニコディイェヴィッチやネマニャ・アンジェルコヴィッチはその後もヴカシンの活動にチームの一員として加わっている。ヴカシン・ブライッチ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・コン

    マルコ・コンから見たベオグラードベオグラード

    マルコ・コン(セルビア語:、1972年4月20日)は、セルビアのソングライター、演奏家、歌手。ユーゴスラビア連邦・セルビア社会主義共和国(現・セルビア共和国)のベオグラード出身。マルコ・コンは、ロシアのモスクワで行われるユーロビジョン・ソング・コンテストの2009年大会に、ミラン・ニコリッチとともにセルビア代表として参加し、楽曲「Cipela」を歌った。マルコ・コン フレッシュアイペディアより)

  • UEFAカップウィナーズカップ 1989-90

    UEFAカップウィナーズカップ 1989-90から見たベオグラードベオグラード

    1 パルチザン・ベオグラード対セルティックの第1戦は、UEFAカップ1988-89でパルチザンのファンが騒動を起こしたため開催地をベオグラードからモスタルに移して行われた。UEFAカップウィナーズカップ 1989-90 フレッシュアイペディアより)

  • リュビツァ・マリッチ

    リュビツァ・マリッチから見たベオグラードベオグラード

    リュビツァ・マリッチ(Ljubica Marić, *1909年5月18日 クラグイェヴァツ - †2003年9月17日 ベオグラード)は、ユーゴスラビア出身の女性作曲家。ベオグラードにてヨシプ・ストルチェル=スラヴェンスキに、プラハ音楽院にてヨセフ・スクとアロイス・ハーバに師事し、指揮法をニコライ・マルコに学ぶ。1945年より講師として、1957年より教授としてベオグラード音楽院にて教鞭を執る。セルビアの民族音楽や、原始キリスト教会ならびにセルビア正教会の奉神礼音楽を研究し、作風においてもその感化を受けた。セルビア科学芸術アカデミーの会員でもあった。リュビツァ・マリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ミリャナ・マルコヴィッチ

    ミリャナ・マルコヴィッチから見たベオグラードベオグラード

    ミリヤナ・マルコヴィッチ(Mirjana Marković, 1942年7月10日 - )は、セルビアの政治家、学者、コラムニスト。スロボダン・ミロシェヴィッチの妻で強い影響力をもち敵対者からは「ベオグラードのマクベス夫人」と呼ばれた。1男1女あり。ミリャナ・マルコヴィッチ フレッシュアイペディアより)

790件中 11 - 20件表示