625件中 11 - 20件表示
  • オリエント急行

    オリエント急行から見たベオグラードベオグラード

    (イスタンブル行)カレー - パリ - ストラスブール(シュトラスブルク) - ミュンヘン - ザルツブルク - リンツ - ウィーン - ブダペスト - ベオグラード - ニシュ - ソフィア - イスタンブル(コンスタンティノープル)オリエント急行 フレッシュアイペディアより)

  • ヴォイヴォディナ

    ヴォイヴォディナから見たベオグラードベオグラード

    スコルディスキ(紀元前3世紀 - 紀元後1世紀。首都はシンギドゥヌムで、現在のベオグラードヴォイヴォディナ フレッシュアイペディアより)

  • スボティツァ

    スボティツァから見たベオグラードベオグラード

    スボティツァ ( はセルビア北部ヴォイヴォディナ自治州の都市およびそれを中心とした基礎自治体である。ハンガリーとの国境からは10kmの場所に位置し、以前はヴォイヴォディナでは一番大きな都市であったが現在ではノヴィ・サドに次いで2番目に大きな都市である。セルビア国内ではコソボを除くと、ベオグラード、ノヴィ・サド、ニシュ、クラグイェヴァツに次いで5番目に大きな都市である。スボティツァは多民族都市で、マジャル人(34.99%)、セルビア人(27.85%)、ブニェヴァツ人(10.87%)、クロアチア人(10.43%)は中でも大きな民族集団である。スボティツァには96,483人が居住し、南スラヴ語群を話すセルビア人やクロアチア人、ブニェヴァツ人、ユーゴスラビア人は一括して人口の55.94%と多数派となっている。スボティツァ基礎自治体内の人口は140,358人で北バチュカ郡の行政的な中心地である。スボティツァ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・コン

    マルコ・コンから見たベオグラードベオグラード

    マルコ・コン(セルビア語:、1972年4月20日)は、セルビアのソングライター、演奏家、歌手。ユーゴスラビア連邦・セルビア社会主義共和国(現・セルビア共和国)のベオグラード出身。マルコ・コンは、ロシアのモスクワで行われるユーロビジョン・ソング・コンテストの2009年大会に、ミラン・ニコリッチとともにセルビア代表として参加し、楽曲「Cipela」を歌った。マルコ・コン フレッシュアイペディアより)

  • ゾラン・ジンジッチ

    ゾラン・ジンジッチから見たベオグラードベオグラード

    ゾラン・ジンジッチ(、ラテン文字表記:、と綴られることも、1952年8月1日 - 2003年3月12日)はセルビアの政治家。セルビア共和国前首相、ベオグラード元市長。哲学博士。ゾラン・ジンジッチ フレッシュアイペディアより)

  • ヴカシン・ブライッチ

    ヴカシン・ブライッチから見たベオグラードベオグラード

    大学の3年生のとき、ネゴティンからベオグラードに移住した。2003年にネゴティンにて出会った友人で、メロディックなメタル・ロックの楽曲を作っていた、ダルコ・ニコディイェヴィッチ()、ネマニャ・アンジェルコヴィッチ()は、アフェクト(Affect)という名のバンドを結成していた。バンドにはリード・ヴォーカルがいなかったが、彼らは歌を歌いギターもひけるヴカシンをバンドに誘った。2004年の夏、ヴカシンはこのバンドで4曲を録音した。ヴカシンはこれらの楽曲を気に入り、そこに自分の音楽の方向性を見出していく。2005年初頭、アフェクトはベーシストのニコラ・ディミティイェヴィッチ()、ドラマーのジェリコ・デスピッチ()を得てフル・メンバーとなった。環境が十分でなかったために、2006年末までに録音できたのは10曲程度であったが、この年の夏にレコード会社のPGP-RTSのオグニェン・ウゼラツ(Ognjen Uzelac)と連絡を取り、プロモーション用CDシングルの発売を打診された。2006年秋には、PGP-RTSの第5スタジオで、「」と、「Ajde Jano」のカバー曲の2曲を、ヘヴィメタルのスタイルで録音した。2007年4月、シングルは発売され、彼らはベオグラード以外でも活動を始めた。バンドのメンバーの中で、プロとしての音楽活動を続けたいと考えているのはヴカシン一人であったが、ダルコ・ニコディイェヴィッチやネマニャ・アンジェルコヴィッチはその後もヴカシンの活動にチームの一員として加わっている。ヴカシン・ブライッチ フレッシュアイペディアより)

  • セルビア鉄道

    セルビア鉄道から見たベオグラードベオグラード

    セルビア鉄道は1881年のミラン1世の布告によるセルビア国有鉄道成立にさかのぼる。初の王室列車が運行されたのは1884年8月23日でベオグラードからニシュへ向かうもので、この年公式にセルビア鉄道が発足した年と考えられる。セルビア鉄道にとって初の電化は1970年でベオグラード・シド(Šid)間であった。1920年代からユーゴスラビア消滅までの期間はユーゴスラビア鉄道のもとで鉄道は運営されていた。連邦崩壊後はNATO軍の空爆や国連制裁などで鉄道の衰退が進むが、その後は改良工事も行われ徐々に回復基調にある。列車内での供食サービスなどの部門はKSR()が担っている。セルビア鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 共和国広場 (ベオグラード)

    共和国広場 (ベオグラード)から見たベオグラードベオグラード

    共和国広場(セルビア語:)は、セルビア共和国の首都であるベオグラード中心部の広場であり、その周辺一帯の地区を指す呼称でもある。ベオグラードのうちでスタリ・グラード区に位置している。セルビア国立博物館やベオグラード国立劇場、ミハイロ・オブレノヴィッチ3世の像をはじめとする、ベオグラードを象徴する構造物が見られる。共和国広場 (ベオグラード) フレッシュアイペディアより)

  • B&H航空

    B&H航空から見たベオグラードベオグラード

    現在B&H航空は第二のハブ空港であるバニャ・ルカ空港の発着便を増便させることを検討しているが、これは航空機の保有機材数を増やす以外に方法がない状態となっていた。しかしモスタル線は期待していた数の乗客が確保できなかったために減便されており、週3便運航されクロアチア航空とのコードシェアを行っていたサラエヴォ-モスタル-ザグレブ線は一時運休している。これによりサラエヴォ⇔ザグレブ線が週14便から週18便に増便されたほか、ベオグラード線も週7便から週8便に増やされた。B&H航空 フレッシュアイペディアより)

  • ネマニヤ通り

    ネマニヤ通りから見たベオグラードベオグラード

    ネマニヤ通り(セルビア語:)は、セルビア共和国の首都・ベオグラードを走る重要な通りであり、同市のサヴスキ・ヴェナツ区(Savski Venac)にある。1884年に鉄道が開通して以来、ネマニヤ通りは商業的に重要な路線となった。通りは1896年に、12世紀のセルビアの君主ステファン・ネマニャの名をとって命名された。ネマニヤ通り フレッシュアイペディアより)

625件中 11 - 20件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード