790件中 21 - 30件表示
  • ベータ・ニュース・エージェンシー

    ベータ・ニュース・エージェンシーから見たベオグラードベオグラード

    1992年に、セルビアで初の民間の通信社として、ベオグラードのジャーナリストらによって結成された。現在では200人を超えるジャーナリスト、翻訳者、技術スタッフを擁している 。セルビア内外で数百の報道機関がベータからの配信を受けている。ベータ・ニュース・エージェンシー フレッシュアイペディアより)

  • ヴァリェヴォ

    ヴァリェヴォから見たベオグラードベオグラード

    ヴァリェヴォは首都ベオグラードから100km離れた場所にあり、近辺にはセルビアにとってはもっとも重要である幹線道路が通じており、イバールハイウェー(Ибарска магистрала)はセルビア南北を結び、アルテリアルハイウェー(Arterial)はアドリア海沿岸やボスニア・ヘルツェゴビナ方面へ続き、マチェヴァ(Mačva)の肥沃な土壌やヴォイヴォディナの穀倉地帯からここヴァリェヴォを通り、他のセルビア西部の主要都市であるシャバツ、ウジツェ、ロズニツァ、バイナ・バシュタ等と結んでいる。鉄道はベオグラード=バール鉄道が通っており、モンテネグロのバールなどアドリア海沿岸の都市と結ばれている。ヴァリェヴォ フレッシュアイペディアより)

  • ツェツァ

    ツェツァから見たベオグラードベオグラード

    彼女はフタ、マリナ・トゥツァコヴィッチとともに仕事を続け、また現在でもトゥツァコヴィッチの弟子であるアレクサンダル・ミリッチ・ミリと仕事を続けている。ツェツァの次のアルバム 『Sta je to u tvojim venama/Kukavica』(1993年)、『Ja još spavam u tvojoj majici』(1994年)、そして大ヒット曲「Beograd」(ベオグラード)を収録したアルバム『Fatalna ljubav』(1995年)によって、大きく人気を伸ばした。そして1996年のアルバム『Emotivna luda』では、よりモダンな音楽、ビデオなど、それまでより発展した内容となっており、彼女の人気はさらに高まった。ツェツァ フレッシュアイペディアより)

  • エヴロペスマ

    エヴロペスマから見たベオグラードベオグラード

    第1回のエヴロペスマは、2004年2月21日、セルビアのベオグラードで開かれ、セルビアから19人、モンテネグロから5人の計24人が参加した。セルビア側からの参加曲のうち4曲は2004年のベオヴィジヤで選ばれた。モンテネグロ側からの参加曲はモンテネグロ国営放送によって内部で決定された。その他の参加者は公共放送連合によって選ばれた。ジェリコ・ヨクシモヴィッチは「Lane moje」で参加して優勝し、トルコのイスタンブルで開かれたユーロビジョン・ソング・コンテスト2004に進出、第2位となった。セルビア側の審査員が、モンテネグロ側の参加者に1ポイントも与えなかったことが問題となったが、双方はヨクシモヴィッチを優勝者とすることで合意した。エヴロペスマ フレッシュアイペディアより)

  • E75号線

    E75号線から見たベオグラードベオグラード

    22 : ハンガリー国境 - スボティツァ ? ノヴィ・サド ? ベオグラードE75号線 フレッシュアイペディアより)

  • ネマニヤ通り

    ネマニヤ通りから見たベオグラードベオグラード

    ネマニヤ通り(セルビア語:)は、セルビア共和国の首都・ベオグラードを走る重要な通りであり、同市のサヴスキ・ヴェナツ区(Savski Venac)にある。1884年に鉄道が開通して以来、ネマニヤ通りは商業的に重要な路線となった。通りは1896年に、12世紀のセルビアの君主ステファン・ネマニャの名をとって命名された。ネマニヤ通り フレッシュアイペディアより)

  • 共和国広場 (ベオグラード)

    共和国広場 (ベオグラード)から見たベオグラードベオグラード

    共和国広場(セルビア語:)は、セルビア共和国の首都であるベオグラード中心部の広場であり、その周辺一帯の地区を指す呼称でもある。ベオグラードのうちでスタリ・グラード区に位置している。セルビア国立博物館やベオグラード国立劇場、ミハイロ・オブレノヴィッチ3世の像をはじめとする、ベオグラードを象徴する構造物が見られる。共和国広場 (ベオグラード) フレッシュアイペディアより)

  • ノヴィ・ベオグラード

    ノヴィ・ベオグラードから見たベオグラードベオグラード

    ノヴィ・ベオグラード(セルビア語:、)は、セルビアの首都・ベオグラード市を構成する17の自治体(オプシュティナ)のひとつであり、その中で最大の人口を持つ。旧来のベオグラード市街地とはサヴァ川を挟んで向かい側に位置しており、1947年まで無人であったサヴァ川左岸の土地を開発して作られた計画都市である。現代的なインフラストラクチャや、利用できる土地に余裕があることから、多くの企業がノヴィ・ベオグラードに拠点を構え、急速な発展が続いている地区である。2011年の調査ではその人口は21万2104人を数え、これはベオグラード市を構成する自治体としては最大である。ノヴィ・ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • アナ・ラジェン

    アナ・ラジェンから見たベオグラードベオグラード

    アナ・ラジェン(セルビア語:、1983年3月11日 - )、旧姓:アナ・コキッチ()は、セルビア・ベオグラード出身のポップフォーク歌手である。アナ・ラジェン フレッシュアイペディアより)

  • セルビアのイスラム教

    セルビアのイスラム教から見たベオグラードベオグラード

    セルビア・イスラム教コミュニティ (Islamska zajednica Srbije) はベオグラードに本部をおいており、大ムフティーのAdem Zilkićが統括している。この組織は以下の支部に分かれる。セルビアのイスラム教 フレッシュアイペディアより)

790件中 21 - 30件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード