625件中 31 - 40件表示
  • エヴロペスマ

    エヴロペスマから見たベオグラードベオグラード

    第1回のエヴロペスマは、2004年2月21日、セルビアのベオグラードで開かれ、セルビアから19人、モンテネグロから5人の計24人が参加した。セルビア側からの参加曲のうち4曲は2004年のベオヴィジヤで選ばれた。モンテネグロ側からの参加曲はモンテネグロ国営放送によって内部で決定された。その他の参加者は公共放送連合によって選ばれた。ジェリコ・ヨクシモヴィッチは「Lane moje」で参加して優勝し、トルコのイスタンブルで開かれたユーロビジョン・ソング・コンテスト2004に進出、第2位となった。セルビア側の審査員が、モンテネグロ側の参加者に1ポイントも与えなかったことが問題となったが、双方はヨクシモヴィッチを優勝者とすることで合意した。エヴロペスマ フレッシュアイペディアより)

  • 第2SS装甲師団

    第2SS装甲師団から見たベオグラードベオグラード

    1941年3月26日、枢軸国の一員であるユーゴスラビアに反独クーデターにより親独政権が倒れた。4月6日、ドイツ軍はユーゴスラビアへ侵入した。SS師団ライヒは、ハンガリーよりユーゴスラビアの首都ベオグラードへ進軍、注目すべき戦果として、ベオグラードを占領した。第2SS装甲師団 フレッシュアイペディアより)

  • 兄弟愛と統一道路

    兄弟愛と統一道路から見たベオグラードベオグラード

    「兄弟愛と統一」道路(セルビア・クロアチア語:、スロベニア語:、マケドニア語:)は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国に作られた道路であり、その北西端のオーストリアとの国境、トリグラウ山近くからリュブリャナ、ザグレブ、ベオグラード、スコピエを通り、ギリシャとの国境にあたる南東端のゲヴゲリヤ(Gevgelija)へとつながっている。このプロジェクトはヨシップ・ブロズ・ティトーの発案であり、ティトーによって「兄弟愛と統一」と名づけられた。兄弟愛と統一道路 フレッシュアイペディアより)

  • クロアチアの歴史

    クロアチアの歴史から見たベオグラードベオグラード

    1918年12月1日、セルビア王国摂政アレクサンダル・カラジョルジェヴィッチは南スラブ人単一国家「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(1929年にユーゴスラビア王国へ改名、以下ユーゴスラビア王国と記述する)」 の樹立を宣言、クロアチアは「コルフ宣言」に従い、スロベニア、ダルマチア、ボスニア・ヘルツェゴビナらと共にこれに取り込まれることとなり、ベオグラードを首都とする南スラブ民族による統一国家が形成された。しかしこの内、スロベニア人、クロアチア人らが住む領域はイタリアが領有権を主張していたため、国境線画定の際、問題を生じることとなった。これはイタリアが、ダルマチア及び、南スラブ人の居住区の大部分を与えるという約束がなされたロンドン条約に基いて参戦したためであった。結局、1920年11月12日に結ばれた「ラパルロ条約」と1924年1月27日に結ばれたイタリア・ユーゴスラビア友好条約により、イタリアにはイストリア、フィウメ、ツァーラ、トリエステが譲られる事となった。クロアチアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・バウム

    パトリック・バウムから見たベオグラードベオグラード

    シニアの大会では2007年のセルビア、ベオグラードで行われたヨーロッパ選手権の混合ダブルスでベスト8、2007年クロアチアのザグレブで行われた世界選手権個人戦、2008年広州で行われた同団体戦に出場している。パトリック・バウム フレッシュアイペディアより)

  • アダ・ツィガンリヤ

    アダ・ツィガンリヤから見たベオグラードベオグラード

    アダ・ツィガンリヤ(セルビア語:、発音:)は、セルビアの首都・ベオグラードにある、サヴァ川に浮かぶ中州であり、人工的にサヴァ川右岸と接続されて半島となっている。島は単にアダ(Ada)と通称され、また「アダ・ツィガンリヤ」の名は、単にその中州のみではなく、人工的にサヴァ川から切り離されて湖となったサヴァ湖や、湖岸のビーチを含めて使われることも多い。アダ・ツィガンリヤ フレッシュアイペディアより)

  • ドラグーティン・ディミトリエビッチ

    ドラグーティン・ディミトリエビッチから見たベオグラードベオグラード

    ベオグラード生まれ。18歳になるとベオグラードの士官学校に入学し、優秀な成績で卒業した。卒業後直ちに参謀本部での勤務を命じられたが、自身ではセルビア民族のためにテロの専門家となることを夢見ていた。ドラグーティン・ディミトリエビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ゾラン・プリモラッツ

    ゾラン・プリモラッツから見たベオグラードベオグラード

    2007年にベオグラードで行われたヨーロッパ卓球選手権男子団体戦ではトシッチ、譚瑞午らと共に準優勝を経験している。ゾラン・プリモラッツ フレッシュアイペディアより)

  • ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011から見たベオグラードベオグラード

    従来のルールでは、「Big 4」の4か国と主催国は準決勝を免除され、自動的に決勝に進むこととされていた。2011年大会では、ドイツは「Big 4」の一員であり主催国でもあるため、決勝に参加する国の数がひとつ減る可能性が生じた。ベオグラードで開かれた会合では、従来のルールをそのまま踏襲し、結果として決勝に参加する国は25か国(準決勝からの20か国、「Big 4」、主催国)から24か国となるとされた。2010年12月31日、参加申請を受け付けられた国々の一覧が公表され、1997年以来の参加となるイタリアを、従来の「Big 4」に加えて「Big 5」とすることが明らかにされた。これにより、2011年大会で準決勝参加を免除されるのはドイツ、フランス、スペイン、イタリア、イギリスの5か国であり、決勝は25か国で行われることとなった。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011 フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たベオグラードベオグラード

    ビクトル・トロイツキ(Viktor Troicki, , セルビア語発音: [http://ja.forvo.com/word/%D0%B2%D0%B8%D0%BA%D1%82%D0%BE%D1%80_%D1%82%D1%80%D0%BE%D0%B8%D1%86%D0%BA%D0%B8_%252F_viktor_troicki/ tr?ǐ?ki? ] ,1986年2月10日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。2010年度の男子テニス国別対抗戦・デビスカップで、セルビア・チームを初優勝に導いた選手の一人である。これまでにATPツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス12位、ダブルス49位。身長193cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。彼の姓については「トロイキ」の表記揺れも多く見られる。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

625件中 31 - 40件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード