790件中 31 - 40件表示
  • B92

    B92から見たベオグラードベオグラード

    B92()は、セルビアのベオグラードに本拠地を置く全国的な放送局である。B92の主なターゲット層は都市部の市民や若者である。その番組は自由主義的な政治傾向を持っている。CEOのヴェラン・マティッチ(Veran Matić)は創業者の一人である。B92 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィシェグラード (ボスニア・ヘルツェゴビナ)

    ヴィシェグラード (ボスニア・ヘルツェゴビナ)から見たベオグラードベオグラード

    紛争時ヴィシェグラードは、近くには電力を供給したり洪水を防ぎドリナ川の水位を調整するダムがある他、ベオグラードとウジツェ、ゴラジュデ、サラエヴォを結ぶ幹線道路が経由するため戦略的に重要な地点であった。ユーゴスラビア人民軍のウジツェ軍団にとってはウザマニツァ強制収容所(Uzamnica)と関連し不可欠なため、紛争に関与するために他の戦略的な場所同様重要であった。ヴィシェグラード (ボスニア・ヘルツェゴビナ) フレッシュアイペディアより)

  • ネオ・ビザンティン建築

    ネオ・ビザンティン建築から見たベオグラードベオグラード

    画像:St.Markuskyrkan.Belgrad.jpg|聖マルク教会(ベオグラードネオ・ビザンティン建築 フレッシュアイペディアより)

  • ドラグーティン・ディミトリエビッチ

    ドラグーティン・ディミトリエビッチから見たベオグラードベオグラード

    ベオグラード生まれ。18歳になるとベオグラードの士官学校に入学し、優秀な成績で卒業した。卒業後直ちに参謀本部での勤務を命じられたが、自身ではセルビア民族のためにテロの専門家となることを夢見ていた。ドラグーティン・ディミトリエビッチ フレッシュアイペディアより)

  • スロベニアの歴史

    スロベニアの歴史から見たベオグラードベオグラード

    オットカル1世に勝利したルドルフ1世は三公国をハプスブルク家の相続領地として息子ルドルフ、アルベルトに治めさせた。さらに1355年にはトリエステからモンファルコーネまでのアドリア海沿岸部をヴェネツィアより奪い、スロベニア人居住地域は全てハプスブルク家支配下となった。しかし15世紀、ツェリェ伯爵家が力をつけてスロベニア地域においてハプスブルク家と対抗することとなり、1432年にはルクセンブルク家と婚姻を結ぶことにより「神聖ローマ帝国の貴族」となった。しかし1456年、ベオグラードにおいてフニャディ・ヤーノシュの息子でハンガリー王マーチャーシュ1世の兄フニャディ・ラースローによってツェリェ伯ウルリク2世が殺害されたことにより、スロベニア人国家が生き残る可能性が消滅、ハプスブルク家の領土となることとなったが、過去にルドルフ4世がドイツ人をコチェーヴィエ地方へ入植させていたため、スロベニア人居住区はドイツ人居住区に囲まれる事となった。この状況は第二次世界大戦まで続く事となる。また、行政面などではドイツ語が使用されることとなったが、スロベニア語自体は禁止されず、農民たちが使用しつづけることとなる。スロベニアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード地下鉄

    ベオグラード地下鉄から見たベオグラードベオグラード

    ベオグラード地下鉄とはセルビアの首都ベオグラードにおいて計画中の地下鉄である。資金不足により幾度にわたり建設が遅れている。ベオグラード地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年バレーボール男子欧州選手権

    2005年バレーボール男子欧州選手権から見たベオグラードベオグラード

    2005年バレーボール男子欧州選手権(CEV European Championships Men 2005)は、2005年9月2日から9月11日にかけて、イタリアのローマとセルビア・モンテネグロのベオグラードで開催された、欧州バレーボール連盟主催の第24回バレーボール欧州選手権男子大会。2005年バレーボール男子欧州選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年バレーボール・ワールドリーグ

    2005年バレーボール・ワールドリーグから見たベオグラードベオグラード

    2005年バレーボール・ワールドリーグ()は、2005年5月27日から7月10日にかけて開催された、国際バレーボール連盟主催の第16回バレーボール・ワールドリーグ。出場国は12カ国。決勝ラウンドはセルビア・モンテネグロのベオグラードで行われた。ブラジルが3大会連続5回目の優勝を飾った。2005年バレーボール・ワールドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年バレーボール・ワールドリーグ

    2009年バレーボール・ワールドリーグから見たベオグラードベオグラード

    2009年バレーボール・ワールドリーグ()は、2009年6月12日から7月26日にかけて開催された、国際バレーボール連盟主催の第20回バレーボール・ワールドリーグ。出場国は16カ国。決勝ラウンドはセルビアのベオグラードで行われた。ブラジルが2大会ぶり8回目の優勝を飾った。本大会から導入されたポイント制により、次回大会の出場権を失った日本とベネズエラは2010年予選へ回ることとなった。2009年バレーボール・ワールドリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ペータル1世 (セルビア王)

    ペータル1世 (セルビア王)から見たベオグラードベオグラード

    ペータルはベオグラードでセルビア公アレクサンダル・カラジョルジェヴィッチと公妃ペルシダ・ネナドヴィッチとの間に生まれた。セルビア公アレクサンダル・カラジョルジェヴィッチは1858年に退位し、ペータルを連れて現在のルーマニアに亡命した。ペータル1世 (セルビア王) フレッシュアイペディアより)

790件中 31 - 40件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード