790件中 41 - 50件表示
  • パヴレ・カラジョルジェヴィチ

    パヴレ・カラジョルジェヴィチから見たベオグラードベオグラード

    ペータル1世の弟アルセン・カラジョルジェヴィチと、その妻のアヴローラ・デミドヴァの間の1人息子として、サンクトペテルブルクで生まれた。イングランドのオックスフォード大学で学び、親しい友人たちも皆イングランド人だったパヴレは、当初イギリスで生涯を過ごすつもりだった。1923年にはギリシア王子ニコラオスの娘オルガと結婚した。オルガはその母親エレナを通じてロマノフ家の血を引いており、ケント公爵夫人マリナの姉であった。ベオグラードで執り行われた結婚式では、ヨーク公アルバート(後のジョージ6世)が花婿付添人を務めた。また当時の王族のならいとして、ガーター勲章を授与された。パヴレ・カラジョルジェヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • チプロフツィ

    チプロフツィから見たベオグラードベオグラード

    鉱山の町から交易の拠点となったチプロフツィの進化は、ラグーサ共和国(今日のクロアチアのドゥブロヴニク)の交易商人らの移住、地元の金属加工の質、そして市民に対して与えられたオスマン帝国の支配を免れる特権よるところが大きい。17世紀中ごろには、銀の鉱脈が掘りつくされたことにより、この地方の鉱業は下降へと転じていた。そのため、人々はより利益の大きい職を求めるようになった。1659年、プロヴァディヤから来るラグーサ人たちは、チプロフツィを訪れるために、それまでのソフィアからドゥブロヴニクにいたる経路を変更した。地元の住民らは皮革製品、じゅうたん、繊維、衣類、美しい金や銀の宝物、金属製の道具、やかんなどを生産・取引するようになった。はじめ、チプロフツィの商人らはヴィディンやピロト、ソフィア、ヴラツァなどを訪れた。しかし後には、イスタンブール、テッサロニキ、ブカレスト、オデッサ、ブラショフ、シビウ、ベオグラード、ブダやペシュトにまで活動範囲を広げ、特にワラキアやトランシルヴァニアでは大きな存在感を示していた。彼らは、マテイ・バサラブ(1632年-1654年、Matei Basarab)の統治下で、トゥルゴヴィシュテやクンプルング(Câmpulung)、ルムニク・ヴルチャ(Râmnic)などに、常駐の出先機関や企業を作った。国際交易は地元民の見識を広め、ヨーロッパ各地の最新技術や文化を地域にもたらした。チプロフツィ フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・バウム

    パトリック・バウムから見たベオグラードベオグラード

    シニアの大会では2007年のセルビア、ベオグラードで行われたヨーロッパ選手権の混合ダブルスでベスト8、2007年クロアチアのザグレブで行われた世界選手権個人戦、2008年広州で行われた同団体戦に出場している。パトリック・バウム フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギナ・ポータ

    ゲオルギナ・ポータから見たベオグラードベオグラード

    2007年のセルビアのベオグラードで開催されたヨーロッパ卓球選手権では、女子ダブルスで銀メダル、混合ダブルスでは銅メダルを獲得している。2008年には北京オリンピックに出場し、1回戦でチェコのダナ・ハダコワを破ったものの、2回戦で当時の世界ランク1位であった中国の王楠とあたり、ストレートで敗れた。ゲオルギナ・ポータ フレッシュアイペディアより)

  • ポドゴリツァ

    ポドゴリツァから見たベオグラードベオグラード

    北側 (欧州自動車道路E65, E80)、 ベオグラード 、中央ヨーロッパ方面ポドゴリツァ フレッシュアイペディアより)

  • アンダーグラウンド (映画)

    アンダーグラウンド (映画)から見たベオグラードベオグラード

    『アンダーグラウンド』(Underground, )は1995年の映画である。フランス、ドイツ、ハンガリー、ユーゴスラビア、ブルガリアの合作。監督はエミール・クストリッツァ。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞(同監督の受賞は1985年の『パパは、出張中!』に続き2度目である)した。ベオグラードを舞台に、第二次世界大戦からユーゴ内戦まで、ユーゴスラビアの激動の歴史を描いている。アンダーグラウンド (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ゾラン・ジンジッチ

    ゾラン・ジンジッチから見たベオグラードベオグラード

    ゾラン・ジンジッチ(、ラテン文字表記:、と綴られることも、1952年8月1日 - 2003年3月12日)は、セルビア・モンテネグロの政治家。ベオグラード市長、セルビア共和国首相を務めた。また哲学博士でもあった。ゾラン・ジンジッチ フレッシュアイペディアより)

  • アドリア航空

    アドリア航空から見たベオグラードベオグラード

    アドリア航空は1961年にAdria Avioprometとして設立され、当初KLMから購入したDC-6Bを2機を使用し初フライトを実施。その後チャーター便のみを運航していた。欧州各地や北米からの旅行客をアドリア海沿岸へ運ぶ航路を主要業務としていた。1964年に本拠地をザグレブから開港したリュブリャナ空港に移転。その後、財政危機に陥り、1968年に倒産。アドリア航空は当時のスロベニア商工会議所会頭の努力により運営を継続した。1968年末にはセルビア・ベオグラードのInterExportと合併し、Inex-Adria Avioprometと改名。1970年代にはユーゴスラビア国内線にも参入。アドリア航空 フレッシュアイペディアより)

  • アダ・ツィガンリヤ

    アダ・ツィガンリヤから見たベオグラードベオグラード

    アダ・ツィガンリヤ(セルビア語:、発音:)は、セルビアの首都・ベオグラードにある、サヴァ川に浮かぶ中州であり、人工的にサヴァ川右岸と接続されて半島となっている。島は単にアダ(Ada)と通称され、また「アダ・ツィガンリヤ」の名は、単にその中州のみではなく、人工的にサヴァ川から切り離されて湖となったサヴァ湖や、湖岸のビーチを含めて使われることも多い。アダ・ツィガンリヤ フレッシュアイペディアより)

  • アウトウニオン・レーシングカー

    アウトウニオン・レーシングカーから見たベオグラードベオグラード

    ローゼマイヤーは1936年のヨーロッパ選手権チャンピオンとなり、ヨーロッパ・ヒルクライム選手権でもタイトルを獲得した。ローゼマイヤーのタイトル獲得はアウトウニオンにとって最初で最後のヨーロッパ選手権タイトルとなった。[[Image:Auto_trka_"Grand_Prix"_na_Kalemegdanu,_u_Beogradu_1939,_03.jpg|thumb|right|250px|タイプDを操るヌヴォラーリが1939年ベオグラードでのグランプリを制した。]]アウトウニオン・レーシングカー フレッシュアイペディアより)

790件中 41 - 50件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード