625件中 41 - 50件表示
  • ミュンヘンの悲劇

    ミュンヘンの悲劇から見たベオグラードベオグラード

    準々決勝に進出したマンチェスター・ユナイテッドはユーゴスラビアの強豪、レッドスター・ベオグラードと対戦。ホームで2-1と勝利したのち、2月5日(水曜日)に敵地・ベオグラードに乗り込み3-3の引き分け、総計5-4で準決勝進出を果たす。現代でこそ当たり前になった水曜・土曜の連戦だが、まだ飛行機の事情も良くなく、移動に労力を費やしていたこの時代に共産圏の国で試合をしてまた帰ってくるというのは信じがたい強行日程であった。また、土曜日にはブラックバーン・ローヴァーズとの上位直接対決が控えており、帰国を焦っていた事情もあった。更に、この時期は欧州全土を寒波が襲っていたという。ミュンヘンの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • ノヴィ・ベオグラード

    ノヴィ・ベオグラードから見たベオグラードベオグラード

    ノヴィ・ベオグラード(セルビア語:、)は、セルビアの首都・ベオグラード市を構成する17の自治体(オプシュティナ)のひとつであり、その中で最大の人口を持つ。旧来のベオグラード市街地とはサヴァ川を挟んで向かい側に位置しており、1947年まで無人であったサヴァ川左岸の土地を開発して作られた計画都市である。現代的なインフラストラクチャや、利用できる土地に余裕があることから、多くの企業がノヴィ・ベオグラードに拠点を構え、急速な発展が続いている地区である。2011年の調査ではその人口は21万2104人を数え、これはベオグラード市を構成する自治体としては最大である。ノヴィ・ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリ・オフチャロフ

    ドミトリ・オフチャロフから見たベオグラードベオグラード

    その他にもヨーロッパ選手権でも活躍しており、2007年ベオグラード大会、2008年サンクトペテルブルク大会とチームの二連覇に貢献している。ドミトリ・オフチャロフ フレッシュアイペディアより)

  • チプロフツィ

    チプロフツィから見たベオグラードベオグラード

    鉱山の町から交易の拠点となったチプロフツィの進化は、ラグーサ共和国(今日のクロアチアのドゥブロヴニク)の交易商人らの移住、地元の金属加工の質、そして市民に対して与えられたオスマン帝国の支配を免れる特権よるところが大きい。17世紀中ごろには、銀の鉱脈が掘りつくされたことにより、この地方の鉱業は下降へと転じていた。そのため、人々はより利益の大きい職を求めるようになった。1659年、プロヴァディヤから来るラグーサ人たちは、チプロフツィを訪れるために、それまでのソフィアからドゥブロヴニクにいたる経路を変更した。地元の住民らは皮革製品、じゅうたん、繊維、衣類、美しい金や銀の宝物、金属製の道具、やかんなどを生産・取引するようになった。はじめ、チプロフツィの商人らはヴィディンやピロト、ソフィア、ヴラツァなどを訪れた。しかし後には、イスタンブル、テッサロニキ、ブカレスト、オデッサ、ブラショフ、シビウ、ベオグラード、ブダやペシュトにまで活動範囲を広げ、特にワラキアやトランシルヴァニアでは大きな存在感を示していた。彼らは、マテイ・バサラブ(1632年-1654年、Matei Basarab)の統治下で、トゥルゴヴィシュテやクンプルング(Câmpulung)、ルムニク・ヴルチャ(Râmnic)などに、常駐の出先機関や企業を作った。国際交易は地元民の見識を広め、ヨーロッパ各地の最新技術や文化を地域にもたらした。チプロフツィ フレッシュアイペディアより)

  • ヴァリェヴォ

    ヴァリェヴォから見たベオグラードベオグラード

    ヴァリェヴォは首都ベオグラードから100km離れた場所にあり、近辺にはセルビアにとってはもっとも重要である幹線道路が通じており、イバールハイウェー(Ибарска магистрала)はセルビア南北を結び、アルテリアルハイウェー(Arterial)はアドリア海沿岸やボスニア・ヘルツェゴビナ方面へ続き、マチェヴァ(Mačva)の肥沃な土壌やヴォイヴォディナの穀倉地帯からここヴァリェヴォを通り、他のセルビア西部の主要都市であるシャバツ、ウジツェ、ロズニツァ、バイナ・バシュタ等と結んでいる。鉄道はベオグラード=バール鉄道が通っており、モンテネグロのバールなどアドリア海沿岸の都市と結ばれている。ヴァリェヴォ フレッシュアイペディアより)

  • ネオ・ビザンティン建築

    ネオ・ビザンティン建築から見たベオグラードベオグラード

    画像:St.Markuskyrkan.Belgrad.jpg|聖マルク教会(ベオグラードネオ・ビザンティン建築 フレッシュアイペディアより)

  • バナト

    バナトから見たベオグラードベオグラード

    バナトの領土は現在、ルーマニア(ティミシュ県、カラシュ=セヴェリン県、アラド県、メヘディンチ県)、セルビア(ヴォイヴォディナ自治州とベオグラード)、ハンガリー(チョングラード県)とに分けられている。バナト フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴスラビア人民解放戦争

    ユーゴスラビア人民解放戦争から見たベオグラードベオグラード

    連合国の航空支援とソビエト赤軍の協力を受け、パルティザンは枢軸国に支配され傀儡国家となっているセルビアへと向かう。セルビアでは1941年のの瓦解()以降、パルティザンの活動は小規模にとどまっていた。9月にはパルティザンは赤軍と協力してを敢行、10月20日にベオグラードを解放した。この年の冬にはパルティザンはセルビアの半分、ユーゴスラビア領マケドニア、モンテネグロ、そしてダルマチア沿岸部の大半を統制下に置くようになる。ドイツ国防軍とウスタシャ支配のクロアチア独立国は、この冬の間これを維持し、ギリシャから撤退してくるドイツ軍を支援した。パルティザンの兵員確保のために、ティトーは1944年12月31日までにパルティザンに加わる全ての者への免責を宣言した。ユーゴスラビア人民解放戦争 フレッシュアイペディアより)

  • スロベニアの歴史

    スロベニアの歴史から見たベオグラードベオグラード

    オットカル1世に勝利したルドルフ1世は三公国をハプスブルク家の相続領地として息子ルドルフ、アルベルトに治めさせた。さらに1355年にはトリエステからモンファルコーネまでのアドリア海沿岸部をヴェネツィアより奪い、スロベニア人居住地域は全てハプスブルク家支配下となった。しかし15世紀、ツェリェ伯爵家が力をつけてスロベニア地域においてハプスブルク家と対抗することとなり、1432年にはルクセンブルク家と婚姻を結ぶことにより「神聖ローマ帝国の貴族」となった。しかし1456年、ベオグラードにおいてフニャディ・ヤーノシュの息子でハンガリー王マーチャーシュ1世の兄フニャディ・ラースローによってツェリェ伯ウルリク2世が殺害されたことにより、スロベニア人国家が生き残る可能性が消滅、ハプスブルク家の領土となることとなったが、過去にルドルフ4世がドイツ人をコチェーヴィエ地方へ入植させていたため、スロベニア人居住区はドイツ人居住区に囲まれる事となった。この状況は第二次世界大戦まで続く事となる。また、行政面などではドイツ語が使用されることとなったが、スロベニア語自体は禁止されず、農民たちが使用しつづけることとなる。スロベニアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 非同盟

    非同盟から見たベオグラードベオグラード

    1960年にアフリカで17カ国の国家が独立したことで、国際社会におけるアジア・アフリカの発言力は一層強化された。こうした中で、ユーゴスラビアのチトー(ソ連とは距離をおいた独自の社会主義政策をとっていた)らの主導によって、1961年9月にベオグラードで第一回非同盟諸国首脳会議が開催されることになった。当初の参加国は25カ国であった。2011年5月の外相会議にはフィジーとアゼルバイジャンが加入し、120ヵ国となった。非同盟 フレッシュアイペディアより)

625件中 41 - 50件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード