790件中 51 - 60件表示
  • ユーロビジョン・ソング・コンテスト2008

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2008から見たベオグラードベオグラード

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2008(英語:、フランス語:)は、第53回のユーロビジョン・ソング・コンテストである。前年に行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト2007でセルビア代表のマリヤ・シェリフォヴィッチが優勝したことにより本大会はセルビアが主催権を獲得し、同国首都のベオグラードで開催された。会場となったのは2万人以上が収容可能なベオグラード・アリーナで、準決勝は2008年5月20日および22日、決勝は5月24日に行われた。司会を務めたのはヨヴァナ・ヤンコヴィッチ(Jovana Janković)とジェリコ・ヨクシモヴィッチで、主催放送事業者はセルビア国営放送(RTS)である。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2008 フレッシュアイペディアより)

  • ティミショアラ

    ティミショアラから見たベオグラードベオグラード

    オスマン帝国に侵略された後、市は、オスマン行政区・テメシュヴァル州()の中心地になった。要塞は再建され、ベオグラードと共にオスマン軍の重要な軍事基地として使われた。軍の方針により、都市自体はオスマンが管理していた間、ゆっくり発展していった。ティミショアラ フレッシュアイペディアより)

  • セルビア鉄道

    セルビア鉄道から見たベオグラードベオグラード

    セルビア鉄道は1881年のミラン1世の布告によるセルビア国有鉄道成立にさかのぼる。初の王室列車が運行されたのは1884年8月23日でベオグラードからニシュへ向かうもので、この年公式にセルビア鉄道が発足した年と考えられる。セルビア鉄道にとって初の電化は1970年でベオグラード・シド(Šid)間であった。1920年代からユーゴスラビア消滅までの期間はユーゴスラビア鉄道のもとで鉄道は運営されていた。連邦崩壊後はNATO軍の空爆や国連制裁などで鉄道の衰退が進むが、その後は改良工事も行われ徐々に回復基調にある。列車内での供食サービスなどの部門はKSR()が担っている。セルビア鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード中央駅

    ベオグラード中央駅から見たベオグラードベオグラード

    ベオグラード中央駅(ベオグラードちゅうおうえき、)は、セルビアの首都ベオグラードにある鉄道駅である。ベオグラード中央駅 フレッシュアイペディアより)

  • M102号線 (クロアチア)

    M102号線 (クロアチア)から見たベオグラードベオグラード

    クロアチア鉄道M102号線 () はクロアチア共和国の首都ザグレブとを結ぶ路線である。ザグレブ中央駅ではリュブリャナ方面(M101号線)などに、ドゥゴ・セロ駅ではベオグラード方面(M103号線)およびブダペスト方面(M201号線)に接続する。M102号線 (クロアチア) フレッシュアイペディアより)

  • M103号線 (クロアチア)

    M103号線 (クロアチア)から見たベオグラードベオグラード

    クロアチア鉄道M103号線 () はクロアチア共和国のとを結ぶ路線である。ドゥゴ・セロ駅ではザグレブ方面(M102号線)およびブダペスト方面(M201号線)、ノヴスカ駅ではシサク方面(M104号線)およびベオグラード方面(M105号線)に接続する。M103号線 (クロアチア) フレッシュアイペディアより)

  • M105号線 (クロアチア)

    M105号線 (クロアチア)から見たベオグラードベオグラード

    クロアチア鉄道M105号線 () はクロアチア共和国のとを結ぶ路線である。ノヴスカ駅ではザグレブ方面(M103号線)およびシサク方面(M104号線)に接続し、トヴァルニク駅からセルビアとの国境を越えるとの駅があり、列車はベオグラード方面(ベオグラード=シド線)に直通する。M105号線 (クロアチア) フレッシュアイペディアより)

  • バナト

    バナトから見たベオグラードベオグラード

    バナトの領土は現在、ルーマニア(ティミシュ県、カラシュ=セヴェリン県、アラド県、メヘディンチ県)、セルビア(ヴォイヴォディナ自治州とベオグラード)、ハンガリー(チョングラード県)とに分けられている。バナト フレッシュアイペディアより)

  • クロアチア鉄道

    クロアチア鉄道から見たベオグラードベオグラード

    電化方式は、ユーゴスラビア時代は直流3kVであったが、その後のザグレブ - ベオグラード間の近代化に際しては交流25kV/50Hzが用いられ、直流電化路線の交流電化への変更も行われた。それでも直流電化路線が存在しているため、クロアチア鉄道は交直両用の電気機関車の導入を検討している。クロアチア鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコ・ティプサレビッチ

    ヤンコ・ティプサレビッチから見たベオグラードベオグラード

    ヤンコ・ティプサレビッチ(Janko Tipsarević, , セルビア語発音: [http://ja.forvo.com/word/%D1%98%D0%B0%D0%BD%D0%BA%D0%BE_%D1%82%D0%B8%D0%BF%D1%81%D0%B0%D1%80%D0%B5%D0%B2%D0%B8%D1%9B_%252F_janko_tipsarevi%C4%87/ tipsǎ?r??it?? ] ,1984年6月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。男子テニス国別対抗戦・デビスカップでは長い代表経歴を持ち、2010年にデビスカップセルビア代表の初優勝に貢献した。これまでにATPツアーでシングルス4勝、ダブルス1勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス8位、ダブルス46位。身長180cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ヤンコ・ティプサレビッチ フレッシュアイペディアより)

790件中 51 - 60件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード