790件中 61 - 70件表示
  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たベオグラードベオグラード

    ビクトル・トロイツキ(Viktor Troicki, , セルビア語発音: [http://ja.forvo.com/word/%D0%B2%D0%B8%D0%BA%D1%82%D0%BE%D1%80_%D1%82%D1%80%D0%BE%D0%B8%D1%86%D0%BA%D0%B8_%252F_viktor_troicki/ tr?ǐ?ki? ] ,1986年2月10日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス3勝、ダブルス1勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス12位、ダブルス49位。身長193cm、体重85kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。彼の姓については「トロイキ」の表記揺れも多く見られる。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

  • フニャディ・ヤーノシュ

    フニャディ・ヤーノシュから見たベオグラードベオグラード

    フニャディは気分次第で従軍を決める貴族出身の騎士に頼らず、錬度が高い傭兵と士気の高い志願兵を戦力の中心に据えた。ボヘミアのフス派の傭兵が戦力の中心であり、親族、信奉者、家臣を軍に加え、一般の民衆も軍隊に編入した。そして、戦闘に大型の四輪荷車を連結するフス派の戦法(英語版)を導入した。一連の軍事技術の革新によって、フニャディは1440年代初頭にハンガリー南部に侵入したオスマン軍に勝利することができた。1444年のヴァルナの戦い、1448年のコソヴォの戦いでの敗北にもかかわらず、1443年から1444年にかけてのバルカン山脈を越えての「大遠征」と1456年のベオグラードでのにおけるオスマン帝国皇帝メフメト2世に対する勝利によって、偉大なる指揮官としての名声を確立した。キリスト教世界のために戦う兵士を激励するため、ローマ教皇は週に一度教会の鐘を鳴らすよう命じていたが、1456年のベオグラード防衛の後、カトリックの教会と一部のプロテスタントの教会はフニャディの勝利を記念して毎日の正午に鐘を鳴らすようになった。フニャディ・ヤーノシュ フレッシュアイペディアより)

  • フランツ・コンヴィチュニー

    フランツ・コンヴィチュニーから見たベオグラードベオグラード

    フランツ・コンヴィチュニー(Franz Konwitschny, 1901年8月14日 - 1962年7月28日 ベオグラード)は、オーストリア=ハンガリー帝国支配下時代のモラヴィア北部のフルネクに生まれ、ドイツ(ザクセン、バーデン)、冷戦開始後は東ドイツを中心に東側諸国で活動した指揮者。著名なオペラ演出家でベルリン芸術アカデミー会員のは息子である。フランツ・コンヴィチュニー フレッシュアイペディアより)

  • ミュンヘンの悲劇

    ミュンヘンの悲劇から見たベオグラードベオグラード

    英国欧州航空(British European Airways 略称:BEA)のチャーター機・BE609便は選手の一人がパスポートを忘れたためベオグラードを1時間遅れで出発。チャーター便に割り当てられたレシプロ・プロペラ機のエアスピード アンバサダーは短・中距離用機材でブリテン島まで無着陸飛行する航続能力はなく、ミュンヘンに給油のために立ち寄った。給油後、2度離陸を試みるが速度が上がらず中止。不安を感じ当時安全とされた後部座席に移る者もいたが、皮肉にも犠牲者を増す結果となった。午後3時4分、3度目の離陸を試みるが離陸速度に達せず、フェンスを突き破り300m離れた空き家に突っ込み炎上。乗客のうち乳児一人は生存した選手であるハリー・グレッグが救出した。ミュンヘンの悲劇 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・デヴィッチ

    マルコ・デヴィッチから見たベオグラードベオグラード

    マルコ・デヴィッチ(, , ラテン文字表記: , 1983年10月27日 - )は、ユーゴスラビア(現セルビア)・ベオグラード出身のウクライナ代表サッカー選手。FCファドゥーツ所属。ポジションはFW。マルコ・デヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ゾラン・プリモラッツ

    ゾラン・プリモラッツから見たベオグラードベオグラード

    2007年にベオグラードで行われたヨーロッパ卓球選手権男子団体戦ではトシッチ、譚瑞午らと共に準優勝を経験している。ゾラン・プリモラッツ フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリ・オフチャロフ

    ドミトリ・オフチャロフから見たベオグラードベオグラード

    その他にもヨーロッパ選手権でも活躍しており、2007年ベオグラード大会から2013年シェヴェヒャート大会までチームの6連覇に貢献している。2013年はシングルスでも初優勝した。ドミトリ・オフチャロフ フレッシュアイペディアより)

  • クロアチア社会主義共和国

    クロアチア社会主義共和国から見たベオグラードベオグラード

    クロアチアの経済は、社会主義の一形態として自主管理社会主義(radničko samoupravljanje)と呼ばれる方式に基づいて進められた。自主管理社会主義では、企業は国営で、労働者は利益の一部を分配される。この形式の社会主義はクロアチアに初めて導入され、その後他のユーゴスラビア構成国にも導入された。クロアチアは、経済学における労働者の自主管理の分野において、世界的に知られるブランコ・ホルヴァト(Branko Horvat)を生み出した。この形式の市場社会主義によって、東側諸国とくらべて格段に良好な経済状態が作り出された。クロアチアは1960年代から1970年代にかけてに工業化が進み、工業生産は急激に増大した。人口規模そのものはザグレブよりもベオグラードのほうが大きく上回っていたにも関わらず、ザグレブは都市の産業の規模において、ユーゴスラビア連邦の首都であるベオグラードを上回るまでに至った。クロアチア社会主義共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ラデ・ザゴラック

    ラデ・ザゴラックから見たベオグラードベオグラード

    ラデ・ザゴラック (Rade Zagorac , 1995年8月12日 - )は、ユーゴスラビア (現:セルビア)・ベオグラード出身のバスケットボール選手。ポジションはスモールフォワード。ラデ・ザゴラック フレッシュアイペディアより)

  • ガヴリロ・プリンツィプ

    ガヴリロ・プリンツィプから見たベオグラードベオグラード

    1911年、プリンツィプはセルビアの分離独立を目指す革命組織「」に参加し、メンバーたちと秘密裏に会合を重ね、文学・倫理・政治について語り合った。1912年には反オーストリア=ハンガリー帝国デモを主催したためギムナジウムから退学処分を受けた。デモを目撃した学生の証言によると、プリンツィプは教室を回り学生たちをナックルダスターで脅して強制的にデモに参加させていたという。退学後、プリンツィプはサラエボを離れベオグラードに徒歩で向かった。記録によると、プリンツィプはセルビア国境を越えた際に跪いて地面にキスしたという。ガヴリロ・プリンツィプ フレッシュアイペディアより)

790件中 61 - 70件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード