625件中 61 - 70件表示
  • ティミショアラ

    ティミショアラから見たベオグラードベオグラード

    オスマン帝国に侵略された後、市は、オスマン行政区・テメシュヴァル州()の中心地になった。要塞は再建され、ベオグラードと共にオスマン軍の重要な軍事基地として使われた。軍の方針により、都市自体はオスマンが管理していた間、ゆっくり発展していった。ティミショアラ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たベオグラードベオグラード

    ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, , 1987年5月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。これまでにATPツアーでシングルス36勝、ダブルス1勝を挙げている。身長188cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • パヴレ・カラジョルジェヴィチ

    パヴレ・カラジョルジェヴィチから見たベオグラードベオグラード

    ペータル1世の弟アルセン・カラジョルジェヴィチと、その妻のアヴローラ・デミドヴァの間の1人息子として、サンクトペテルブルクで生まれた。イングランドのオックスフォード大学で学び、親しい友人たちも皆イングランド人だったパヴレは、当初イギリスで生涯を過ごすつもりだった。1923年にはギリシア王子ニコラオスの娘オルガと結婚した。オルガはその母親エレナを通じてロマノフ家の血を引いており、ケント公爵夫人マリナの姉であった。ベオグラードで執り行われた結婚式では、ヨーク公アルバート(後のジョージ6世)が花婿付添人を務めた。また当時の王族のならいとして、ガーター勲章を授与された。パヴレ・カラジョルジェヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • サラエヴォ

    サラエヴォから見たベオグラードベオグラード

    2011年8月の推計では、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエヴォ県に属する4つの自治体の人口は合わせて311,161人である。サラエヴォはまた、ボスニア・ヘルツェゴビナを構成する2つの構成体(エンティティ)のうちのひとつであるボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の首都でもあり、またサラエヴォ県の県都でもある。サラエヴォはボスニア地方のサラエヴォ渓谷のなかにあり、ディナール・アルプスに取り囲まれ、ミリャツカ川周辺に広がっている。サラエヴォの町は宗教的な多様性で知られており、イスラム教、正教会、カトリック教会、ユダヤ教が何世紀にもわたって共存してきた。旅行ガイドブックのロンリープラネットでは、「世界の都市」ランキングにおいてサラエヴォを43位にランクしている。これは、同じ旧ユーゴスラビア諸国の観光都市であるドゥブロヴニクの59位、リュブリャナの84位、ブレッドの90位、ベオグラードの113位、ザグレブの135位を上回る。サラエヴォ フレッシュアイペディアより)

  • ザグレブ

    ザグレブから見たベオグラードベオグラード

    スラヴォニアを通ってベオグラードへ流れるサヴァ川に沿う鉄道と高速道路は国内で最も速い交通手段である。ザグレブ フレッシュアイペディアより)

  • ドナウ川

    ドナウ川から見たベオグラードベオグラード

    「ハンガリーの門」を抜けた後、ブラチスラヴァ上流でスロバキアとハンガリーの国境をなすようになる。エステルゴムからはハンガリー領内に入るとともに、ドナウベンドと呼ばれる地域で東西から南北に流れを変え、ハンガリーの中央部を縦断する。ここではハンガリー大平原を貫流することとなり、穏やかな流れが続く。ハンガリーの首都、ブダペストはかつて西岸のブダと東岸のペシュトの二つの街だったものが合併したもので、そのためドナウ川は街の中央部を流れることとなっている。その後、クロアチアとセルビアの国境をなしたのちにセルビア国内に入り、ここで流れを再び東西に変える。ベオグラードでスロベニアから流れてきたサヴァ川を合わせ、やがてセルビアとルーマニアの国境となる。ここはドナウ川がカルパティア山脈を越える地点であり、その部分には急流で知られる鉄門がある。ここは長い間難所として知られてきたが、現在ではダムの建設によって水位が上がり、穏やかな流れとなっている。ここまでがドナウの中流域である。ドナウ川 フレッシュアイペディアより)

  • スコピエ

    スコピエから見たベオグラードベオグラード

    スコピエの中央駅は市中心部から2km東に離れた場所に位置し、交通センターとして1963年の地震で破壊された初代の鉄道駅に代わり1970年代に整備された。新しく整備された駅には10線の発着線が備えられているが、列車の発着本数がそれほど多くないためすべては使用されていない。スコピエからはマケドニア鉄道などによりセルビアのベオグラードやコソボのプリシュティナへ国際列車が運行されている。ギリシャのテッサロニキへも国際列車が運行されていたが、2010年のギリシャの経済危機以降、ギリシャ国鉄の経営上の理由により運行が休止されている。スコピエ フレッシュアイペディアより)

  • メフメト2世

    メフメト2世から見たベオグラードベオグラード

    しかし、バルカン方面での征服事業で出端を挫かれた。1456年のベオグラード包囲では、手痛い一敗を喫した。老将カラジャ・パシャを除いて、メフメトも含めた軍の指揮官のほとんどが勝利を楽観視していたが、フニャディ・ヤーノシュとドミニコ会の修道士ヨアンネス・ド・カピストラヌスが率いた寄せ集めの兵隊の前に敗北する。カラジャ・パシャを初めとする将校と物資を失い、エディルネに帰還した。メフメト2世 フレッシュアイペディアより)

  • パルチザン (ユーゴスラビア)

    パルチザン (ユーゴスラビア)から見たベオグラードベオグラード

    連合国による航空支援や赤軍による支援もあり、ウジツェ共和国の失敗以降目立って戦闘のなかったセルビアでも、1944年の後半にはパルティザンが支持を集めるようになった。1944年10月20日にはパルティザンと赤軍の共同によるベオグラード攻勢(Belgrade Offensive)によって、ベオグラードが解放された。パルチザン (ユーゴスラビア) フレッシュアイペディアより)

  • ゲイ・パレード

    ゲイ・パレードから見たベオグラードベオグラード

    東ヨーロッパにおいて最初のプライドパレードは、2002年にクロアチアで集会の自由を権利として求める運動の一環として「The Internationale Pride」という名前で行われた。旧ユーゴスラビア国家の中ではスロベニアとクロアチアだけでプライドイベントが当時行われていた。セルビアの首都ベオグラードでは2001年に同様のイベントが企画されたが、イベント参加者を含む抗議集団と警察との間で衝突が発生し、結果徹底的な鎮圧で終結する流血の惨事が発生し中止に追い込まれた。ゲイ・パレード フレッシュアイペディアより)

625件中 61 - 70件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード