790件中 71 - 80件表示
  • B&H航空

    B&H航空から見たベオグラードベオグラード

    現在B&H航空は第二のハブ空港であるバニャ・ルカ空港の発着便を増便させることを検討しているが、これは航空機の保有機材数を増やす以外に方法がない状態となっていた。しかしモスタル線は期待していた数の乗客が確保できなかったために減便されており、週3便運航されクロアチア航空とのコードシェアを行っていたサラエヴォ-モスタル-ザグレブ線は一時運休している。これによりサラエヴォ⇔ザグレブ線が週14便から週18便に増便されたほか、ベオグラード線も週7便から週8便に増やされた。B&H航空 フレッシュアイペディアより)

  • クロアチアの歴史

    クロアチアの歴史から見たベオグラードベオグラード

    1918年12月1日、セルビア王国摂政アレクサンダル・カラジョルジェヴィッチは南スラブ人単一国家「セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(1929年にユーゴスラビア王国へ改名、以下ユーゴスラビア王国と記述する)」 の樹立を宣言、クロアチアは「コルフ宣言」に従い、スロベニア、ダルマチア、ボスニア・ヘルツェゴビナらと共にこれに取り込まれることとなり、ベオグラードを首都とする南スラブ民族による統一国家が形成された。しかしこの内、スロベニア人、クロアチア人らが住む領域はイタリアが領有権を主張していたため、国境線画定の際、問題を生じることとなった。これはイタリアが、ダルマチア及び、南スラブ人の居住区の大部分を与えるという約束がなされたロンドン条約に基いて参戦したためであった。結局、1920年11月12日に結ばれた「ラパルロ条約」と1924年1月27日に結ばれたイタリア・ユーゴスラビア友好条約により、イタリアにはイストリア、フィウメ、ツァーラ、トリエステが譲られる事となった。クロアチアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ドナウ川

    ドナウ川から見たベオグラードベオグラード

    ハンガリーを抜けると、クロアチアとセルビア(ヴォイヴォディナ自治州)の国境をなす。ここで西から流れてきたドラーヴァ川をあわせ、ヴコヴァルで流れを再び大きく東西に変えたのちにセルビア国内に入る。ヴォイヴォディナの州都であるノヴィ・サドを通ったのち、セルビアの首都ベオグラードでスロベニアから流れてきたサヴァ川を合わせる。ハンガリーから続く平原地帯はベオグラードのやや下流で終わり、やがてセルビアとルーマニアの国境となる。ここはドナウ川がカルパティア山脈を越える地点であり、その部分には急流で知られる鉄門がある。ここは長い間難所として知られてきたが、現在ではダムの建設によって水位が上がり、穏やかな流れとなっている。また、鉄門ダムには3つの水力発電所が建設され、合計240万kWの電力を生み出している。ここまでがドナウの中流域である。ドナウ川 フレッシュアイペディアより)

  • 第2SS装甲師団

    第2SS装甲師団から見たベオグラードベオグラード

    1941年3月26日、枢軸国の一員であるユーゴスラビアに反独クーデターにより親独政権が倒れた。4月6日、ドイツ軍はユーゴスラビアへ侵入した。SS師団ライヒは、ハンガリーよりユーゴスラビアの首都ベオグラードへ進軍、注目すべき戦果として、ベオグラードを占領した。第2SS装甲師団 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011

    ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011から見たベオグラードベオグラード

    従来のルールでは、「Big 4」の4か国と主催国は準決勝を免除され、自動的に決勝に進むこととされていた。2011年大会では、ドイツは「Big 4」の一員であり主催国でもあるため、決勝に参加する国の数がひとつ減る可能性が生じた。ベオグラードで開かれた会合では、従来のルールをそのまま踏襲し、結果として決勝に参加する国は25か国(準決勝からの20か国、「Big 4」、主催国)から24か国となるとされた。2010年12月31日、参加申請を受け付けられた国々の一覧が公表され、1997年以来の参加となるイタリアを、従来の「Big 4」に加えて「Big 5」とすることが明らかにされた。これにより、2011年大会で準決勝参加を免除されるのはドイツ、フランス、スペイン、イタリア、イギリスの5か国であり、決勝は25か国で行われることとなった。ユーロビジョン・ソング・コンテスト2011 フレッシュアイペディアより)

  • ゲイ・パレード

    ゲイ・パレードから見たベオグラードベオグラード

    東ヨーロッパにおいて最初のプライドパレードは、2002年にクロアチアで集会の自由を権利として求める運動の一環として「The Internationale Pride」という名前で行われた。旧ユーゴスラビア国家の中ではスロベニアとクロアチアだけでプライドイベントが当時行われていた。セルビアの首都ベオグラードでは2001年に同様のイベントが企画されたが、イベント参加者を含む抗議集団と警察との間で衝突が発生し、結果徹底的な鎮圧で終結する流血の惨事が発生し中止に追い込まれた。ゲイ・パレード フレッシュアイペディアより)

  • リュブリャナ

    リュブリャナから見たベオグラードベオグラード

    リュブリャナ市の面積はで、スロベニア中央部のアルプスとカルストの間のリュブリャナ低地に位置する。リュブリャナはクロアチアのザグレブの西、セルビアのベオグラードの北西 、ヴェネツィアの東、ウィーンの南西 、ブダペストの南西の場所にある。リュブリャナの市域はここ30年来、周辺自治体との合併により拡大している。リュブリャナが広がる沖積層は第四紀に遡るものである。周辺部の古い山岳地域は中生代の三畳紀や古生代に遡る。多くの地震がリュブリャナを襲っており、1511年や1895年の地震も含まれる。リュブリャナ フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見たベオグラードベオグラード

    首都であるベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア内のコソボ・メトヒヤ自治州がコソボ共和国として事実上独立状態にある。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • パルチザン (ユーゴスラビア)

    パルチザン (ユーゴスラビア)から見たベオグラードベオグラード

    連合国による航空支援や赤軍による支援もあり、ウジツェ共和国の失敗以降目立って戦闘のなかったセルビアでも、1944年の後半にはパルティザンが支持を集めるようになった。1944年10月20日にはパルティザンと赤軍の共同によるベオグラード攻勢(Belgrade Offensive)によって、ベオグラードが解放された。パルチザン (ユーゴスラビア) フレッシュアイペディアより)

  • 兄弟愛と統一道路

    兄弟愛と統一道路から見たベオグラードベオグラード

    「兄弟愛と統一」道路(セルビア・クロアチア語:、スロベニア語:、マケドニア語:)は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国に作られた道路であり、その北西端のオーストリアとの国境、トリグラウ山近くからリュブリャナ、ザグレブ、ベオグラード、スコピエを通り、ギリシャとの国境にあたる南東端のゲヴゲリヤ(Gevgelija)へとつながっている。このプロジェクトはヨシップ・ブロズ・ティトーの発案であり、ティトーによって「兄弟愛と統一」と名づけられた。兄弟愛と統一道路 フレッシュアイペディアより)

790件中 71 - 80件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード