625件中 71 - 80件表示
  • リュブリャナ

    リュブリャナから見たベオグラードベオグラード

    リュブリャナ市の面積はで、スロベニア中央部のアルプスとカルストの間のリュブリャナ低地に位置する。リュブリャナはクロアチアのザグレブの西、セルビアのベオグラードの北西 、ヴェネツィアの東、ウィーンの南西 、ブダペストの南西の場所にある。リュブリャナの市域はここ30年来、周辺自治体との合併により拡大している。リュブリャナが広がる沖積層は第四紀に遡るものである。周辺部の古い山岳地域は中生代の三畳紀や古生代に遡る。多くの地震がリュブリャナを襲っており、1511年や1895年の地震も含まれる。リュブリャナ フレッシュアイペディアより)

  • アンダーグラウンド (映画)

    アンダーグラウンド (映画)から見たベオグラードベオグラード

    『アンダーグラウンド』(Underground, )は1995年の映画である。フランス、ドイツ、ハンガリー、ユーゴスラビア、ブルガリアの合作。監督はエミール・クストリッツァ。カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞(同監督の受賞は1985年の『パパは、出張中!』に続き2度目である)した。ベオグラードを舞台に、第二次世界大戦からユーゴ内戦まで、ユーゴスラビアの激動の歴史を描いている。アンダーグラウンド (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ゲオルギナ・ポータ

    ゲオルギナ・ポータから見たベオグラードベオグラード

    2007年のセルビアのベオグラードで開催されたヨーロッパ卓球選手権では、女子ダブルスで銀メダル、混合ダブルスでは銅メダルを獲得している。2008年には北京オリンピックに出場し、1回戦でチェコのダナ・ハダコワを破ったものの、2回戦で当時の世界ランク1位であった中国の王楠とあたり、ストレートで敗れた。ゲオルギナ・ポータ フレッシュアイペディアより)

  • オスマン帝国

    オスマン帝国から見たベオグラードベオグラード

    スレイマン1世の時代、オスマン帝国の国力はもっとも充実して軍事力で他国を圧倒するに至り、その領域は中央ヨーロッパ、北アフリカにまで広がった。陸上においては、1521年のベオグラードの征服、1526年のモハーチの戦いにおけるハンガリー王国に対しての戦勝、1529年の第一次ウィーン包囲と続き、クロアチア、ダルマチア、スロベニアも略奪を受けることになった。また、海上では、1522年のロードス島でムスリムに対する海賊行為を行っていた聖ヨハネ騎士団と戦ってこれを駆逐し、東地中海の制海権を握り、1538年のプレヴェザの海戦でアルジェリアに至る地中海の制海権の掌握に成功した。さらには、東ではサファヴィー朝と激突、1514年にサファヴィー朝をアナトリアから駆逐すると、さらにはイラクのバグダードを奪い、南ではイエメンに出兵してアデンを征服した。オスマン帝国 フレッシュアイペディアより)

  • セルビア

    セルビアから見たベオグラードベオグラード

    首都ベオグラードは、ユーゴスラビア誕生以来2006年にセルビア・モンテネグロが解体されるまで、一貫して連邦の首都であった。2006年6月3日のモンテネグロの分離独立に伴い独立宣言をした。セルビア フレッシュアイペディアより)

  • マウゴジャータ・ビエラク

    マウゴジャータ・ビエラクから見たベオグラードベオグラード

    セルビア・ベオグラード出身。AZSグダニスクに所属しており、学生でもある。マウゴジャータ・ビエラク フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパのトラム

    ヨーロッパのトラムから見たベオグラードベオグラード

    ベオグラードでは、総延長127キロ、12路線の大規模な路面電車網がある。最初の路線は1892年に開業した。ヨーロッパのトラム フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード港

    ベオグラード港から見たベオグラードベオグラード

    ベオグラード港(セルビア語: Лука Београд / Luka Beograd 英語: Port of Belgrade)は、セルビア共和国の首都ベオグラードにあるドナウ川の河川港である。ベオグラード港 フレッシュアイペディアより)

  • セルビア・モンテネグロの歴史

    セルビア・モンテネグロの歴史から見たベオグラードベオグラード

    第二次世界大戦ではナチス・ドイツに占領され、親独政府が樹立されたが、その一方で反枢軸政府も並び立ち、各地で共産主義者によるパルチザン闘争が展開され、1945年3月にはチトーによる社会主義政府がベオグラードに樹立された。セルビア・モンテネグロの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジョガニ

    ジョガニから見たベオグラードベオグラード

    ジョルジェ・ジョガニは出生名ハミト・ジョガイ(アルバニア語:Hamit Gjogaj、セルビア語:)、当時はユーゴスラビアであったセルビアのベオグラード、ミリイェヴォ(Mirijevo)の出身である。ジョレはベオグラードのミリイェヴォで4人の兄弟と4人の姉妹とともに育った。ジョレは1976年から1982年までツルヴェナ・ズヴェズダ運動クラブに属し、ユーゴスラビアを代表する運動選手であった。ジョレは7年間にわたってザグレブに住む。その後、姓のジョガイにちなんだニックネームであったジョレに基づき、自身の名をジョルジェと改める。ジョレは民族的にはアッシュカリー(アルバニア語を話すジプシー)であり、文法的に正しいセルビア語を話す上では大きな困難があった。そのため、ジョレはベオグラードのスラングを使用する、名詞の格を間違えるなどの話し方で知られている。ジョレの3人の弟たちもダンス・ミュージックの世界で成功を収め、それぞれファンキーG,ジョガニ フレッシュアイペディアより)

625件中 71 - 80件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード