790件中 81 - 90件表示
  • ユーゴスラビア人民解放戦争

    ユーゴスラビア人民解放戦争から見たベオグラードベオグラード

    連合国の航空支援とソビエト赤軍の協力を受け、パルティザンは枢軸国に支配され傀儡国家となっているセルビアへと向かう。セルビアでは1941年のの瓦解()以降、パルティザンの活動は小規模にとどまっていた。9月にはパルティザンは赤軍と協力してを敢行、10月20日にベオグラードを解放した。この年の冬にはパルティザンはセルビアの半分、ユーゴスラビア領マケドニア、モンテネグロ、そしてダルマチア沿岸部の大半を統制下に置くようになる。ドイツ国防軍とウスタシャ支配のクロアチア独立国は、この冬の間これを維持し、ギリシャから撤退してくるドイツ軍を支援した。パルティザンの兵員確保のために、ティトーは1944年12月31日までにパルティザンに加わる全ての者への免責を宣言した。ユーゴスラビア人民解放戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード=シド線

    ベオグラード=シド線から見たベオグラードベオグラード

    ベオグラード=シド線 () はセルビア共和国の首都ベオグラードとを結ぶ路線である。シド駅からクロアチアとの国境を越えるとトヴァルニク駅があり、列車はザグレブ方面(クロアチア鉄道M105号線)に直通する。ベオグラード=シド線 フレッシュアイペディアより)

  • JATユーゴスラビア航空機爆破事件

    JATユーゴスラビア航空機爆破事件から見たベオグラードベオグラード

    JATユーゴスラビア航空367便(ダグラスDC-9-30、登録記号YU-AHT)は、デンマークのコペンハーゲンからユーゴスラビアのザグレブ経由で最終目的地のベオグラードに至るルートを運航していた。JATユーゴスラビア航空機爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • テッサロニキ

    テッサロニキから見たベオグラードベオグラード

    2011年の国勢調査による統計でのテッサロニキ自治体の人口は322,240人でテッサロニキ自治体と隣接する自治体で構成される都市的地域のテッサロニキ都市圏の人口は790,824人 であった。バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレスト、ソフィア、ベオグラードに次いで6番目に大きな都市圏を形成し、首都でない都市ではイスタンブールに次いで人口が多い都市である。テッサロニキ大都市圏は周辺地域 1455.62km2の範囲で広がり、2011年現在の人口は1,006,730人に達する。テッサロニキはギリシャ第2の都市として、経済や産業、商業、政治の中心であると共に南東ヨーロッパの交通の一大拠点で 、テッサロニキ港はギリシャや南東ヨーロッパの後背地にとっては重要な役割を果たしている。 ギリシャにおいて有名な行事が行われたり、様々な時代の遺構が残されていることから文化的な首都であると考えられている。行事には毎年行われるテッサロニキ国際トレードフェアやテッサロニキ国際映画祭などがあり、半年ごとに行われるギリシャ・デゥアスポラの会議が開催される。 2014年の欧州青年首都に選ばれている。テッサロニキ フレッシュアイペディアより)

  • サラエヴォ

    サラエヴォから見たベオグラードベオグラード

    2011年8月の推計では、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエヴォ県に属する4つの自治体の人口は併せて311,161人である。サラエヴォはまた、サラエヴォ県の県都でもある。サラエヴォはボスニア地方のサラエヴォ渓谷のなかにあり、ディナール・アルプスに取り囲まれ、ミリャツカ川周辺に広がっている。サラエヴォの町は宗教的な多様性で知られており、イスラム教、正教会、カトリック教会、ユダヤ教が何世紀にもわたって共存してきた。旅行ガイドブックのロンリープラネットでは、「世界の都市」ランキングにおいてサラエヴォを43位にランクしている。これは、同じ旧ユーゴスラビア諸国の観光都市であるドゥブロヴニクの59位、リュブリャナの84位、ブレッドの90位、ベオグラードの113位、ザグレブの135位を上回る。サラエヴォ フレッシュアイペディアより)

  • メフメト2世

    メフメト2世から見たベオグラードベオグラード

    1454年、セルビア公ジュラジ・ブランコヴィチに割譲した領土の返還を求めるが、ジュラジは返還を拒否する。メフメトはセルビアに遠征してジュラジに改めて臣従を誓わせ、1455年の冬からベオグラード遠征の準備を始める。メフメト2世 フレッシュアイペディアより)

  • カール6世 (神聖ローマ皇帝)

    カール6世 (神聖ローマ皇帝)から見たベオグラードベオグラード

    皇帝即位後は対外戦争に力を注ぎ、父の代から続いていたハンガリーでのラーコーツィ・フェレンツ2世の反乱を終息させ、南ネーデルラントからミラノ公国などに勢力を拡大する。また四国同盟戦争でサヴォイア公国との間でシチリアとサルデーニャの交換が成立し、その際サヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世にサルデーニャ王の称号を認めた。さらに1716年、オスマン帝国との間に墺土戦争が起こるとバルカン半島にプリンツ・オイゲンを派遣してオスマン帝国スルタン・アフメト3世と戦い勝利、1718年のパッサロヴィッツ条約でオスマン帝国からベオグラードを奪い、オーストリア系ハプスブルク家の最大版図を築き上げた。カール6世 (神聖ローマ皇帝) フレッシュアイペディアより)

  • オスマン帝国

    オスマン帝国から見たベオグラードベオグラード

    陸上においては、1521年のベオグラードの征服、1526年のモハーチの戦いにおけるハンガリー王国に対しての戦勝、1529年の第一次ウィーン包囲と続き、クロアチア、ダルマチア、スロベニアも略奪を受けることになった。オスマン帝国 フレッシュアイペディアより)

  • スコピエ

    スコピエから見たベオグラードベオグラード

    スコピエの中央駅は市中心部から2km東に離れた場所に位置し、交通センターとして1963年の地震で破壊された初代の鉄道駅に代わり1970年代に整備された。新しく整備された駅には10線の発着線が備えられているが、列車の発着本数がそれほど多くないためすべては使用されていない。スコピエからはマケドニア鉄道などによりセルビアのベオグラードやコソボのプリシュティナへ国際列車が運行されている。ギリシャのテッサロニキへも国際列車が運行されていたが、2010年のギリシャの経済危機以降、ギリシャ国鉄の経営上の理由により運行が休止されていたが、2014年5月に運行が再開された。スコピエ フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たベオグラードベオグラード

    ノバク・ジョコビッチ(Novak Đoković, , 1987年5月22日 - )は、セルビア・ベオグラード出身の男子プロテニス選手。ATPランキング自己最高位はシングルス1位、ダブルス114位。ATPツアーでシングルス68勝、ダブルス1勝。身長188cm、体重80kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

790件中 81 - 90件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード