290件中 91 - 100件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見たボスニア・ヘルツェゴビナ

    ベオグラードには旧ユーゴスラビア連邦各地の民族が居住している。住民の多くはより小さい街や村部からの移住者や、1990年代のユーゴスラビア紛争によって故郷を失ったクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、コソボからの移民である。また、1990年代中期からの移民によって1万人から2万人程度の漢人がベオグラードに居住しているものと推定される。ノヴィ・ベオグラードのブロック70(Blok 70)地区は中華街として知られている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たオプシュティナ

    ベオグラードはセルビアの中で、自治権のある独自の市政府を持つ、独立した地位を持っている。ベオグラードは17のに分かれ、それぞれの区は独自の区議会を持つ。ベオグラードはセルビアの面積の3.6%を占め、セルビアの人口の24%が居住する。ベオグラードはセルビアの経済活動の中心であり、セルビアの文化、教育、学術の中心である。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たクラグイェヴァツ

    第一次セルビア人蜂起の間、セルビア人の反乱者らは1807年1月8日からベオグラードを統治し、1813年にオスマン帝国に再制圧されるまで続いた。1815年の第二次セルビア人蜂起の後、セルビアは半独立的な地位を獲得し、1830年にはオスマン帝国によって認められた。1841年、ミハイロ・オブレノヴィッチ(Mihailo Obrenović)は首都をクラグイェヴァツからベオグラードに移した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たギリシャ人

    ヨーロッパでも最古の都市の一つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。ベオグラード広域都市圏の域内はヴィンチャ文化と呼ばれる、ヨーロッパ最大の前史文明の発祥の地である。町はギリシャ人に発見され、ケルト人によって築かれて命名された。ローマ帝国によって都市権を与えられた。600年代に白セルビア人による定住が始まる。ベオグラードは戦略的拠点として、町は古代より現代までの間に140回にわたって戦いの場となった。中世には、東ローマ帝国、フランク人、第一次ブルガリア帝国、ハンガリー王国、そしてセルビア人の諸領主の支配地となった。1521年、ベオグラードはオスマン帝国に征服され、オスマン領ヨーロッパの重要拠点として、スメデレヴォ県(スメデレヴォ・サンジャク、)の中心都市となった。ベオグラードはオスマン帝国とハプスブルク君主国に交互に支配され、セルビアの首都としての地位を回復するのは1841年のことであった。しかし、ベオグラード北部はその後も1918年のオーストリア=ハンガリー帝国崩壊までオーストリアの統治下に置かれ続けた。その後統一されたベオグラードは、2006年にセルビアが独立するまでの間、ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、ユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの首都を歴任した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たセルビア人

    ヨーロッパでも最古の都市の一つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。ベオグラード広域都市圏の域内はヴィンチャ文化と呼ばれる、ヨーロッパ最大の前史文明の発祥の地である。町はギリシャ人に発見され、ケルト人によって築かれて命名された。ローマ帝国によって都市権を与えられた。600年代に白セルビア人による定住が始まる。ベオグラードは戦略的拠点として、町は古代より現代までの間に140回にわたって戦いの場となった。中世には、東ローマ帝国、フランク人、第一次ブルガリア帝国、ハンガリー王国、そしてセルビア人の諸領主の支配地となった。1521年、ベオグラードはオスマン帝国に征服され、オスマン領ヨーロッパの重要拠点として、スメデレヴォ県(スメデレヴォ・サンジャク、)の中心都市となった。ベオグラードはオスマン帝国とハプスブルク君主国に交互に支配され、セルビアの首都としての地位を回復するのは1841年のことであった。しかし、ベオグラード北部はその後も1918年のオーストリア=ハンガリー帝国崩壊までオーストリアの統治下に置かれ続けた。その後統一されたベオグラードは、2006年にセルビアが独立するまでの間、ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、ユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの首都を歴任した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たザグレブ

    ベオグラードにはバス(都心に118路線、郊外に300路線以上が走る)、路面電車(12路線)、トロリーバス(8路線)を中心とした広範な公共交通システムがある。ベオグラードの交通システムはGSPベオグラード(ベオグラード市公共輸送公社)、SPラスタ(SP Lasta)およびその他の民間のバス会社によって運営されている。ベオグラードにはまたコミュータ鉄道(commuter rail)網のベオヴォズ(Beovoz)があり、GSPベオグラードによる運営管理の下でセルビア鉄道により運行されている。ベオグラードの中央駅からは、他のヨーロッパ諸国の首都や、セルビア各地の都市へと鉄道網が結ばれている。長距離バスでの旅行も一般的であり、ベオグラードからセルビア各都市へは毎日、バスの便がある。高速道路網によって、北へはヴォイヴォディナのノヴィ・サドやハンガリーの首都ブダペストへ、南へはニシュへ、西へはザグレブへと結ばれている。2つの主要河川、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に位置するベオグラードには数多くの橋があるが、最も主要な橋はブランコ橋(Branko's bridge)とガゼラ橋(Gazela)であり、どちらもノヴィ・ベオグラード地区と都心を結んでいる。新しいアダ橋(Ada Bridge)は建造中である。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たハプスブルク君主国

    ヨーロッパでも最古の都市の一つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。ベオグラード広域都市圏の域内はヴィンチャ文化と呼ばれる、ヨーロッパ最大の前史文明の発祥の地である。町はギリシャ人に発見され、ケルト人によって築かれて命名された。ローマ帝国によって都市権を与えられた。600年代に白セルビア人による定住が始まる。ベオグラードは戦略的拠点として、町は古代より現代までの間に140回にわたって戦いの場となった。中世には、東ローマ帝国、フランク人、第一次ブルガリア帝国、ハンガリー王国、そしてセルビア人の諸領主の支配地となった。1521年、ベオグラードはオスマン帝国に征服され、オスマン領ヨーロッパの重要拠点として、スメデレヴォ県(スメデレヴォ・サンジャク、)の中心都市となった。ベオグラードはオスマン帝国とハプスブルク君主国に交互に支配され、セルビアの首都としての地位を回復するのは1841年のことであった。しかし、ベオグラード北部はその後も1918年のオーストリア=ハンガリー帝国崩壊までオーストリアの統治下に置かれ続けた。その後統一されたベオグラードは、2006年にセルビアが独立するまでの間、ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、ユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの首都を歴任した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たイスタンブル

    ベオグラード(セルビア語: / Beograd、、ハンガリー語では: / )は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。かつてはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の首都であり、旧ユーゴスラビア地域で最大の都市である。また、ドナウ川沿いでは2番目に大きく、バルカン半島ではイスタンブル、アテネ、ブカレストに次いで4番目に大きい。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たケルト人

    ヨーロッパでも最古の都市の一つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。ベオグラード広域都市圏の域内はヴィンチャ文化と呼ばれる、ヨーロッパ最大の前史文明の発祥の地である。町はギリシャ人に発見され、ケルト人によって築かれて命名された。ローマ帝国によって都市権を与えられた。600年代に白セルビア人による定住が始まる。ベオグラードは戦略的拠点として、町は古代より現代までの間に140回にわたって戦いの場となった。中世には、東ローマ帝国、フランク人、第一次ブルガリア帝国、ハンガリー王国、そしてセルビア人の諸領主の支配地となった。1521年、ベオグラードはオスマン帝国に征服され、オスマン領ヨーロッパの重要拠点として、スメデレヴォ県(スメデレヴォ・サンジャク、)の中心都市となった。ベオグラードはオスマン帝国とハプスブルク君主国に交互に支配され、セルビアの首都としての地位を回復するのは1841年のことであった。しかし、ベオグラード北部はその後も1918年のオーストリア=ハンガリー帝国崩壊までオーストリアの統治下に置かれ続けた。その後統一されたベオグラードは、2006年にセルビアが独立するまでの間、ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、ユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの首都を歴任した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たスカダルリヤ

    ベオグラードの歴史的地域や建築物は街の重要な観光資源である。その中には、スカダルリヤ、セルビア国立博物館(National Museum)と隣接するベオグラード国立劇場(National Theatre)、ゼムン、ニコラ・パシッチ広場(Nikola Pašić Square)、テラジイェ、学生広場(Students' Square)、カレメグダン要塞(Kalemegdan)、クネズ・ミハイロヴァ通り、国民議会、聖サワ大聖堂、旧宮殿などがある。ベオグラードには川の両岸とも多くの公園、記念碑、博物館、カフェ、レストラン、店舗がある。アヴァラ山(Avala)の無名英雄記念碑(Monument to the Unknown Hero)からは街を一望できる。クチャ・ツヴェチャ(Kuća Cveća、花の家)と呼ばれるヨシップ・ブロズ・ティトーの墓や、近接するトプチデル公園(Topčider)やコシュトニャク公園(Košutnjak)も、特に旧ユーゴスラビア諸国からの訪問者の間では人気が高い。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

290件中 91 - 100件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード