293件中 111 - 120件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見た水球

    ベオグラードはセルビアで最も規模の大きく人気の高い2つのサッカークラブ、レッドスター・ベオグラードとパルチザン・ベオグラードをはじめとする、複数のクラブの拠点となっている。ベオグラードの2つの主要なスタジアムには「マラカナ」(Marakana、スタディオン・ツルヴェナ・ズヴェズダ)とスタディオン・パルチザン(Partizan Stadium)がある。ベオグラード・アリーナとハラ・ピオニル(Pionir Hall)はKKパルチザン(KK Partizan)やKKツルヴェナ・ズヴェズダ(KK Crvena zvezda)などのバスケットボールの試合に使われる。また、ベオグラード・アリーナは2008年にはユーロビジョン・ソング・コンテスト2008の会場ともなった。タシュマイダン・スポーツ・センター(Tašmajdan Sports Centre)は水球の試合に使われる。又、2年に1度に開催される世界水泳選手権の記念すべき第1回大会がこのベオグラード市にて開催され世界水泳・発祥の地と言われる。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たテニス

    アダ・ツィガンリヤは、かつてはサヴァ川に浮かぶ中洲の島であり、ベオグラード最大のスポーツ・レクリエーション施設がある。現在、島は陸地と結ばれ、川の中に人造の池を形成している。アダ・ツィガンリヤは暑い夏季の間、多くのベオグラード市民が訪れる。アダには、7kmに及ぶ長い浜と、多様なスポーツ施設があり、ゴルフ、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、野球、テニスなどができる。夏の間、ここには毎日20万から30万人が訪れる。クラブは24時間営業し、音楽ライブや夜通しのビーチ・パーティーを開催している。バンジージャンプや水上スキ、ペイントボールといったエクストリーム・スポーツも可能である。アダには複数の周回コースがあり、サイクリングやジョギング、散歩も可能である。アダのほかに、ベオグラードには川の中に全部で16の島があり、その多くは未使用である。その中の一つに、サヴァ川とドナウ川の合流地点にある大戦争島(Great War Island)があり、手付かずの野生動物、とくに野鳥の楽園となっている。この大戦争島と、近接する小戦争島(Small War Island)を含む一体は、ベオグラード市政府によって自然保護区として保護されている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たユーゴスラビア・ディナール

    1990年代前半のユーゴスラビア社会主義連邦共和国からユーゴスラビア連邦共和国への移行期の混乱はベオグラードにも影響を与えた。セルビアのほかの地域と同様に、国際的な禁輸によって経済に深刻な影響がもたらされた。ユーゴスラビア・ディナールのハイパーインフレは、記録史上最大であったといわれ、街の経済を破壊した。ユーゴスラビアは1990年代中期にはハイパーインフレから脱却し、その後のベオグラードの経済成長は目覚しい。2000年代末の時点で、ベオグラードはセルビア全体の国内総生産の30%以上を占め、またセルビアの労働者人口の30%以上を占めている。平均的な月収は47.500セルビア・ディナールであり、ユーロスタット(Eurostat)の手法によれば、コンピュータを保有する家庭は53%に上る。同じ調査によると、ベオグラードの家庭の39.1%はインターネット接続を持っており、これはソフィアやブカレスト、アテネなどのほかのバルカン地域の首都よりも高い比率である。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たアライド・フォース作戦

    1999年にコソボ紛争が激化し、NATOによる空爆が始まると、街は大きな打撃を受けた。セルビア国営放送の建物が攻撃を受け、国営放送本社への攻撃では16人の技術家が死亡した。このほか、ベオグラードでは各省庁の庁舎や複数の病院、ユーゴスラビア・ホテル、ウシュチェ・タワー(Ušće)、アヴァラ・テレビ塔(Avala TV Tower)、中国大使館も攻撃を受けた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た聖マルコ聖堂 (ベオグラード)

    ネオ・ビザンティン建築の要素はヴク協会やコソヴスカ通り(Kosovska)の旧郵便局、あるいはグラチャニツァ修道院(Gračanica monastery)を基にした聖マルコ聖堂や聖サワ大聖堂などの聖堂にも用いられている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たヨルダン

    ベオグラードにはまた多くのインドネシア人、中東系の住民(主にシリア、イラン、ヨルダン、イラクから、1970年代から1990年代にかけて学業のために移り住み、その後街に定住した人々である)、アフガニスタン人、イラクのクルド人難民も居住している。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たセルビア科学芸術アカデミー

    ベオグラードには多くの劇場があり、その中で特に著名なものとしてはベオグラード国立劇場(National Theatre)、テラジイェ劇場(Theatre on Terazije)、ユーゴスラヴ・ドラマ劇場(Yugoslav Drama Theatre)、ズヴェズダ劇場(Zvezdara Theatre)、アテリェ212(Atelier 212)などがある。セルビア科学芸術アカデミーやセルビア国立図書館もベオグラードを拠点としている。ベオグラードには、ベオグラード国立劇場とゼムンのマドレニヤヌム(Madlenijanum)という2つのオペラ・ハウスがある。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たラグーサ共和国

    長くオスマン帝国の攻勢に抵抗を続けていたベオグラードは、1521年8月28日、スレイマン1世の25万人の兵士によって制圧された。街はほぼ全てが破壊され、キリスト教徒(セルビア人、ハンガリー人、ギリシャ人、アルメニア人など)はすべてイスタンブールへと強制移送され、その地区はこれに因んで後にベオグラード要塞と呼ばれるようになった。ベオグラードはサンジャク(県)の県都となり、トルコ人、アルメニア人、ギリシャ人、ラグーサの交易商人などが集まるようになった。ベオグラードはこの後150年に及ぶ平和を享受する。ベオグラードはコンスタンティノポリスに次いで、オスマン帝国領ヨーロッパで2番目に大きい都市となり、10万人以上が居住した。オスマン帝国の統治は、ベオグラードにオスマン建築をもたらし、多くのモスクが建造され、街にはオリエンタルの影響が強まった。1594年、バナト蜂起とよばれる大規模なセルビア人の反乱がトルコ人によって鎮圧された。さらに、アルバニア出身の大宰相、スィナン・パシャ(Sinan Pasha)は、ベオグラードのヴラチャル台地にて聖サヴァの不朽体を公開の場で焼き捨てるよう命じた。後にこの事件を記憶するために聖サワ大聖堂が建造された。反乱に対する報復として、街の住民のほとんどがイスタンブールに強制移送された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たネマニヤ通り

    ベオグラード市博物館(Museum of the City of Belgrade)は、都心のネマニヤ通りの新しいビルディングに移転予定である。博物館にはベオグラード福音(1503年)、コソボの戦いのプレートアーマーをはじめとする、多くの絵画や図画が収蔵されている。新しい「科学技術博物館」の建設が2011年に着工された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たパンノニア平原

    ベオグラード(セルビア語: / Beograd、、ハンガリー語では: / )は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。かつてはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の首都であり、旧ユーゴスラビア地域で最大の都市である。また、ドナウ川沿いでは2番目に大きく、バルカン半島ではイスタンブール、アテネ、ブカレストに次いで4番目に大きい。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

293件中 111 - 120件表示