290件中 11 - 20件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見たモトローラ

    ベオグラードは、セルビアで最も経済的に発達した地域であり、セルビア国立銀行の本拠地である。Jat航空、テレコム・スルビヤ(Telekom Srbija)、テレノル・セルビア(Telenor Serbia)、デルタ・ホールディング(Delta Holding)、セルビア電力産業公社の本社や、ソシエテ・ジェネラル、ASUS、インテル、モトローラ、クラフトフーヅ、カールスバーグ、マイクロソフト、OMV、ユニリーバ、Zepter、日本たばこ産業などの地域拠点が置かれている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たゾラン・ジンジッチ

    1996年11月から1997年2月にかけて、再び大規模な抗議行動(:en:1996-1997 protests in Serbia)が行われた。これは地元の選挙における不正の疑惑を引き金とし、ミロシェヴィッチ政権への反対を表明するものであった。抗議行動によって、ゾラン・ジンジッチがベオグラード市長となった。これは、第二次世界大戦以降で初めて、ユーゴスラビア共産主義者同盟やその後継のセルビア社会党出身ではない市長の誕生となった。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たニコラ・テスラ

    ベオグラードで最高の博物館といわれるのは、1844年に設立されたセルビア国立博物館であり、40万点を超える展示物を収蔵している(5600を超える絵画、8400を超える図画および印刷物を持つ)。収蔵されている展示物の中には、多くの外国の名作や、有名なミロスラヴの福音(Miroslavljevo Jevanđelje)が含まれる。軍事博物館は、ローマ時代からユーゴスラビア軍に撃墜されたF-117ステルス機まで、2万5千を超える幅広い軍事に関する展示物を収蔵している。ベオグラード航空博物館(Museum of Aviation in Belgrade)では、200を超える航空機が収められ、うち50が展示されている。一部には、Fiat G.50などの現存する数少ない型式の物もある。この博物館はまた、アメリカ合衆国やNATOの戦闘機、F-117やF-16なども展示されている。民俗誌博物館(Ethnographic Museum)は1901年に設立され、15万点を超える展示物はバルカン半島、特に旧ユーゴスラビア諸国の農村部や都市部の文化を示している。コンテンポラリー・アート美術館は、1901年以降にユーゴスラビア地域で製作された8,540点ほどの作品を収蔵している。ニコラ・テスラ博物館は1952年に設立され、単位テスラの名前の由来となった科学者ニコラ・テスラの個人所有物を収蔵している。この博物館は、16万点ほどの文書の原著や、その他5,700点ほどの物品を収蔵している。ヴク・ドシテイ博物館は、19世紀のセルビア文章語改革の推進者のヴーク・カラジッチと、初代のセルビア教育大臣のドシテイ・オブラドヴィッチ(Dositej Obradović)に関する物品を収蔵している。ベオグラードにはまたアフリカ芸術博物館 (セルビア)もあり、西アフリカ由来の大規模なコレクションを持っている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たアテネ

    ベオグラード(セルビア語: / Beograd、、ハンガリー語では: / )は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。かつてはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の首都であり、旧ユーゴスラビア地域で最大の都市である。また、ドナウ川沿いでは2番目に大きく、バルカン半島ではイスタンブル、アテネ、ブカレストに次いで4番目に大きい。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た第一次世界大戦

    セルビア公国の完全独立は1878年で、これによって国は1882年にセルビア王国へと改組された。ベオグラードは再びバルカンの主要都市の一つへと返り咲き、急速な発展を遂げた。セルビアで2番目に大きいニシュへの鉄道が開通したものの、1900年のベオグラードの人口は69,100人程度しかなく、セルビアは国全体としては、依然農業国であり続けた。1905年、ベオグラードの人口は8万人を超えた。1914年に第一次世界大戦が勃発したとき、当時はオーストリア=ハンガリー帝国領であったゼムンを含まないベオグラードの人口は10万人を超えた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たブカレスト

    ベオグラード(セルビア語: / Beograd、、ハンガリー語では: / )は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。かつてはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の首都であり、旧ユーゴスラビア地域で最大の都市である。また、ドナウ川沿いでは2番目に大きく、バルカン半島ではイスタンブル、アテネ、ブカレストに次いで4番目に大きい。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たセルビア国営放送

    1999年にコソボ紛争が激化し、NATOによる空爆が始まると、街は大きな打撃を受けた。セルビア国営放送の建物が攻撃を受け、国営放送本社への攻撃では16人の技術家が死亡した。このほか、ベオグラードでは各省庁の庁舎や複数の病院、ユーゴスラビア・ホテル、ウシュチェ・タワー(Ušće)、アヴァラ・テレビ塔(Avala TV Tower)、中国大使館も攻撃を受けた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たエミール・クストリッツァ

    ノーベル文学賞を受賞したイヴォ・アンドリッチは、その最も有名な著作『ドリナの橋』をベオグラードで執筆した。このほかのベオグラードの著名な作家には、ブラニスラヴ・ヌシッチ(Branislav Nušić)、ミロシュ・ツルニャンスキ(Miloš Crnjanski)、ボリスラヴ・ペキッチ(Borislav Pekić)、ミロラド・パヴィッチ、メシャ・セリモヴィッチ(Meša Selimović)などがいる。セルビアの映画産業の多くはベオグラードを拠点としている。1995年にパルム・ドールを受賞したエミール・クストリッツァ監督の『アンダーグラウンド』はベオグラードで製作された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たカナレット

    ベリ・ドヴォル(Beli Dvor、白の宮殿)はカラジョルジェヴィッチ王家の宮殿であり、訪問者に開放されている。宮殿にはレンブラント・ファン・レイン、ニコラ・プッサン、セバスチャン・ブルドン(Sebastien Bourdon)、パオロ・ヴェロネーゼ、カナレット、ビアージョ・ダントニオ(Biagio d'Antonio)、ジュセッペ・クレスピ(Giuseppe Crespi)、フランツ・ヴィンターハルター、イヴァン・メシュトロヴィッチ(Ivan Meštrović)などの作品が収められている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たニコラ・プッサン

    ベリ・ドヴォル(Beli Dvor、白の宮殿)はカラジョルジェヴィッチ王家の宮殿であり、訪問者に開放されている。宮殿にはレンブラント・ファン・レイン、ニコラ・プッサン、セバスチャン・ブルドン(Sebastien Bourdon)、パオロ・ヴェロネーゼ、カナレット、ビアージョ・ダントニオ(Biagio d'Antonio)、ジュセッペ・クレスピ(Giuseppe Crespi)、フランツ・ヴィンターハルター、イヴァン・メシュトロヴィッチ(Ivan Meštrović)などの作品が収められている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

290件中 11 - 20件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード