290件中 21 - 30件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見たミロラド・パヴィチ

    ノーベル文学賞を受賞したイヴォ・アンドリッチは、その最も有名な著作『ドリナの橋』をベオグラードで執筆した。このほかのベオグラードの著名な作家には、ブラニスラヴ・ヌシッチ(Branislav Nušić)、ミロシュ・ツルニャンスキ(Miloš Crnjanski)、ボリスラヴ・ペキッチ(Borislav Pekić)、ミロラド・パヴィッチ、メシャ・セリモヴィッチ(Meša Selimović)などがいる。セルビアの映画産業の多くはベオグラードを拠点としている。1995年にパルム・ドールを受賞したエミール・クストリッツァ監督の『アンダーグラウンド』はベオグラードで製作された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たリュミエール兄弟

    バルカン半島および中央ヨーロッパで初の映画の映写はベオグラードで1896年6月にリュミエール兄弟の代理人としてAndre Carrによって行われた。Carrは翌年、初の映画をベオグラードで撮影したが、その映像は残されていない。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たイヴォ・アンドリッチ

    ノーベル文学賞を受賞したイヴォ・アンドリッチは、その最も有名な著作『ドリナの橋』をベオグラードで執筆した。このほかのベオグラードの著名な作家には、ブラニスラヴ・ヌシッチ(Branislav Nušić)、ミロシュ・ツルニャンスキ(Miloš Crnjanski)、ボリスラヴ・ペキッチ(Borislav Pekić)、ミロラド・パヴィッチ、メシャ・セリモヴィッチ(Meša Selimović)などがいる。セルビアの映画産業の多くはベオグラードを拠点としている。1995年にパルム・ドールを受賞したエミール・クストリッツァ監督の『アンダーグラウンド』はベオグラードで製作された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たツェツァ

    街は1980年代のユーゴスラヴ・ニュー・ウェーブ(Yugoslav New Wave)の中心の一つであった。VISイドリ(VIS Idoli)、エカテリーナ・ヴェリカ(Ekatarina Velika)、シャルロ・アクロバタ(Šarlo Akrobata)はいずれもベオグラード出身である。このほかの著名なベオグラード出身のロック・アーティストには、リブリャ・チョルバ(Riblja Čorba)、バヤガ・イ・インストルクトリ(Bajaga i Instruktori)などがある。ベオグラードは、スター歌手のツェツァに代表されるような、旧ユーゴスラビア地域で流行しているターボ・フォークと呼ばれるジャンルの音楽の中心地である。ベオグラードはまたセルビアのヒップ・ホップ(Serbian hip hop)の中心でもあり、ベオグラードスキ・シンディカト(Beogradski Sindikat)、シュカボ(Škabo)、マルチェロ(Marčelo)や、その他バッシヴィティ・ミュージック所属アーティストなどがベオグラードを拠点としている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たパオロ・ヴェロネーゼ

    ベリ・ドヴォル(Beli Dvor、白の宮殿)はカラジョルジェヴィッチ王家の宮殿であり、訪問者に開放されている。宮殿にはレンブラント・ファン・レイン、ニコラ・プッサン、セバスチャン・ブルドン(Sebastien Bourdon)、パオロ・ヴェロネーゼ、カナレット、ビアージョ・ダントニオ(Biagio d'Antonio)、ジュセッペ・クレスピ(Giuseppe Crespi)、フランツ・ヴィンターハルター、イヴァン・メシュトロヴィッチ(Ivan Meštrović)などの作品が収められている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たフランツ・ヴィンターハルター

    ベリ・ドヴォル(Beli Dvor、白の宮殿)はカラジョルジェヴィッチ王家の宮殿であり、訪問者に開放されている。宮殿にはレンブラント・ファン・レイン、ニコラ・プッサン、セバスチャン・ブルドン(Sebastien Bourdon)、パオロ・ヴェロネーゼ、カナレット、ビアージョ・ダントニオ(Biagio d'Antonio)、ジュセッペ・クレスピ(Giuseppe Crespi)、フランツ・ヴィンターハルター、イヴァン・メシュトロヴィッチ(Ivan Meštrović)などの作品が収められている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たミラン・ネディッチ

    1941年3月25日、ユーゴスラビア王国の摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは日独伊三国軍事同盟に調印し、第二次世界大戦の混乱を避けるため枢軸国の一員となった。これは直後にベオグラードで大規模な抗議行動に発展し、空軍指揮官のドゥシャン・シモヴィッチ(Dušan Simović)将軍率いるクーデターが引き起こされた。シモヴィッチは、国王ペータル2世が摂政なしで統治する年齢に達したと宣言した。その直後、1941年4月6日、ベオグラードはドイツ空軍によって空爆され、24,000人が死亡した。ユーゴスラビア王国はナチス・ドイツによる侵攻を受け、ゼムンの東に至るまでのベオグラード郊外はナチスの傀儡政権、クロアチア独立国の領土とされた。ベオグラードはナチスの傀儡ミラン・ネディッチによるセルビア救国政府の首都とされた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たフニャディ・ヤーノシュ

    シンギドゥヌムは630年ごろにスラヴ人が移住するまでの間、フン族、サルマタイ、ゲピド族、東ゴート族、アヴァールなどによってたびたび侵入を受け、また破壊された。500年代初期、アヴァールの侵入を受けるまでの間、ゲピド王国の中心地として機能した。9世紀初頭、アヴァールが最終的にフランク王国によって崩壊すると、シンギドゥヌムは再び東ローマ帝国の支配下に復した一方、タウルヌムはマレヴィラ(Malevilla)と改称され、フランク王国の一部となった。およそ878年ごろ、第一次ブルガリア帝国の支配下の時代、この街の最古のスラヴ語の呼称・ベリグラード(Beligrad)が記録されている。その後4世紀にわたり、街は東ローマ帝国、ハンガリー王国、第一次ブルガリア帝国の争奪の場となった。ベオグラードは第1回十字軍、第2回十字軍を受け入れたが、第3次十字軍がベオグラードを通るとき、フリードリヒ1世と彼の率いる190,000人の兵士らは、ベオグラードが廃墟となっているのを目撃した。ベオグラードは1284年、スレム王国の首都となり、ステファン・ドラグティン(Dragutin)はベオグラードを統治した初のセルビア人の王となった。ドラグティンは義父のハンガリー王イシュトヴァーン5世からスレム地域を与えられた。1371年のマリツァ川の戦い、1389年のコソボの戦いを経て、セルビア帝国は崩壊し、オスマン帝国がその南部を支配下においた。他方で、セルビアの北部ではベオグラードを首都としたセルビア専制公国(Serbian Despotate)が続いた。ベオグラードは専制公ステファン・ラザレヴィチ(Stefan Lazarević)のもとで繁栄した。ステファン・ラザレヴィチはセルビア王ラザルの息子であった。ステファン・ラザレヴィチは要塞、塔を備えた城を建造し、そのうち西の壁とデスポト・ステファン塔(Despot Stefan Tower)は今日まで残されている。ステファン・ラザレヴィチはまた、街を取り囲む古代の要塞を再建し、専制公国はオスマン帝国の攻勢に対してほぼ70年持ちこたえた。この間、ベオグラードはオスマン帝国の支配から逃れてきたバルカン各地の人々の逃げ込み先となっており、その人口は4万-5万人ほどであったと考えられる。1427年、ステファン・ラザレヴィチのあとを継いだジュラジ・ブランコヴィチ(Đurađ Branković)は、ベオグラードをハンガリー王国に返還させられ、首都はスメデレヴォに移った。ジュラジの統治時代、オスマン帝国はセルビア専制公国の領地のほとんどを制圧したものの、1440年のベオグラード包囲、1456年の再度の包囲はいずれも失敗している。ベオグラードは、10万人を超える兵士を擁するオスマン帝国の中央ヨーロッパ侵攻を食い止める防衛線の役目を果たしていた。フニャディ・ヤーノシュ率いるキリスト教徒の勢力はベオグラードの包囲戦を戦い、オスマン帝国のスルタン・メフメト2世率いる軍勢から街を守りぬいた。この戦いは「キリスト教の命運を決するもの」とされ、カリストゥス3世は毎日正午に全教会の鐘を鳴らすよう命じ、防衛戦の勝利を祈った。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たパヴレ・カラジョルジェヴィチ

    1941年3月25日、ユーゴスラビア王国の摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは日独伊三国軍事同盟に調印し、第二次世界大戦の混乱を避けるため枢軸国の一員となった。これは直後にベオグラードで大規模な抗議行動に発展し、空軍指揮官のドゥシャン・シモヴィッチ(Dušan Simović)将軍率いるクーデターが引き起こされた。シモヴィッチは、国王ペータル2世が摂政なしで統治する年齢に達したと宣言した。その直後、1941年4月6日、ベオグラードはドイツ空軍によって空爆され、24,000人が死亡した。ユーゴスラビア王国はナチス・ドイツによる侵攻を受け、ゼムンの東に至るまでのベオグラード郊外はナチスの傀儡政権、クロアチア独立国の領土とされた。ベオグラードはナチスの傀儡ミラン・ネディッチによるセルビア救国政府の首都とされた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たスロボダン・ミロシェヴィッチ

    1991年3月19日、ヴク・ドラシュコヴィッチ(Vuk Drašković)に率いられた、大規模なスロボダン・ミロシェヴィッチ政権に対する抗議行動(:en:March 9, 1991 protest)が起こった。各種メディアの推計によると、抗議には10万人から15万人が参加していたと見られている。この中で2人が死亡し、203人が負傷、108人が逮捕され、秩序回復のために戦車が投入された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

290件中 21 - 30件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード