290件中 31 - 40件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見たマリヤ・シェリフォヴィッチ

    ユーロビジョン・ソング・コンテストの2007年大会におけるマリヤ・シェリフォヴィッチの優勝に伴い、翌年の2008年大会はベオグラードで開催された 。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たコンスタンティヌス1世

    新石器時代のスタルチェヴォ文化(Starčevo)、ヴィンチャ文化(Vinča)はベオグラード付近で発達し、7000年ほど前にバルカン半島一帯および中央ヨーロッパやアナトリア半島の一部を支配した。有史以前に見られる古ヨーロッパ文字(ヴィンチャ文字)は最古のアルファベットであるとする見方もある。数世紀の後、ギリシャのアルゴナウタイは、カウリアク(Cauliac)と呼ばれた古代のベオグラードに黒海からドナウ川をさかのぼって到達し、サヴァ川を発見している。紀元前4世紀にはケルト人の部族・スコルデスキ(Scordisci)が居住し、町はシンギドゥン(Singidūn)と呼ばれた。町は紀元後1世紀にローマ化され、シンギドゥヌム(Singidunum)と呼ばれた。2世紀中期、町はローマ帝国のムニキピウムとされ、2世紀の末にはローマ帝国の都市制度の中で最も上位にあるコロニアに昇格した。初のキリスト教徒のローマ皇帝は、今日のセルビア・ニシュで280年に生まれたコンスタンティヌス1世であった。ベオグラード出身でローマ皇帝となったヨウィアヌス(332年生まれ)は、キリスト教を再導入した。ヨウィアヌスはローマ帝国の国教としてキリスト教を再導入し、前任者ユリアヌスによる異教の復興に終止符を打った。395年、この地域は東ローマ帝国へと引き継がれた。シンギドゥヌムからサヴァ川を挟んで対岸にはケルト人の町タウルヌム(Taurunum、今日のゼムン)があり、ローマ時代、東ローマ時代を通じてシンギドゥヌムとタウルヌムの両都市は命運を共にした。両都市は橋で結ばれていた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たアウグスト・フォン・マッケンゼン

    1914年6月28日、ガヴリロ・プリンツィプがオーストリア皇太子フランツ・フェルディナント夫妻を暗殺したサライェヴォ事件によって第一次世界大戦が引き起こされた。その後のバルカン半島での戦いの多くはベオグラード周辺で起こった。オーストリア=ハンガリー帝国海軍のモニター艦は1914年7月29日にベオグラードを包囲し、街は11月30日にオスカル・ポティオレク(Oskar Potiorek)率いるオーストリア軍の手に落ちた。12月15日、街はラドミル・プトニク率いるセルビア軍によって奪還された。10月6日から10月9日にかけて、街の大半を破壊した長期の戦いの後、10月9日にベオグラードはドイツ陸軍とアウグスト・フォン・マッケンゼン率いるオーストリア=ハンガリー軍の手に落ちた。街は1918年11月5日、元帥Louis Franchet d'Espéreyとアレクサンダル1世率いるセルビア軍とフランス軍によって再奪還された。前線の街であったベオグラードでは大規模に人口が減少し、一時はスボティツァがセルビアで最大の人口の街となった。しかし終戦後ベオグラードは急速に人口を増やし、1920年代初頭にはベオグラードの人口はスボティツァを上回った。終戦後、セルビアは他国の領土とともにセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国となり、ベオグラードはその首都となった。王国は1929年に公式にユーゴスラビアへと改称された。ユーゴスラビア王国は9の州(バノヴィナ)に分けられ、ベオグラードとゼムン、パンチェヴォはどのバノヴィナにも属さない独立した行政区を構成した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た国際オリンピック委員会

    ベオグラードにはおよそ1千のスポーツ施設があり、多くの施設がさまざまなレベルのスポーツ・イベントに使用できる。ベオグラードでは2005年バスケットボール男子欧州選手権や2005年バレーボール男子欧州選手権、2006年ヨーロッパ水球選手権(European Water Polo Championship)、2007年のEuropean Youth Olympic Festivalなどの大規模なイベントも開かれている。ベオグラードは、モンテレイやポズナンを退けてユニバーシアード2009年夏季大会の開催地に選ばれた。ベオグラードは過去に2つの大きな大会の誘致に失敗している。1つは、1992年夏季オリンピックであり、3回目の国際オリンピック委員会の投票で破れ、開催地はバルセロナとなった。1996年夏季オリンピックでも、最終的に開催地はアトランタとなった。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たメフメト2世

    シンギドゥヌムは630年ごろにスラヴ人が移住するまでの間、フン族、サルマタイ、ゲピド族、東ゴート族、アヴァールなどによってたびたび侵入を受け、また破壊された。500年代初期、アヴァールの侵入を受けるまでの間、ゲピド王国の中心地として機能した。9世紀初頭、アヴァールが最終的にフランク王国によって崩壊すると、シンギドゥヌムは再び東ローマ帝国の支配下に復した一方、タウルヌムはマレヴィラ(Malevilla)と改称され、フランク王国の一部となった。およそ878年ごろ、第一次ブルガリア帝国の支配下の時代、この街の最古のスラヴ語の呼称・ベリグラード(Beligrad)が記録されている。その後4世紀にわたり、街は東ローマ帝国、ハンガリー王国、第一次ブルガリア帝国の争奪の場となった。ベオグラードは第1回十字軍、第2回十字軍を受け入れたが、第3次十字軍がベオグラードを通るとき、フリードリヒ1世と彼の率いる190,000人の兵士らは、ベオグラードが廃墟となっているのを目撃した。ベオグラードは1284年、スレム王国の首都となり、ステファン・ドラグティン(Dragutin)はベオグラードを統治した初のセルビア人の王となった。ドラグティンは義父のハンガリー王イシュトヴァーン5世からスレム地域を与えられた。1371年のマリツァ川の戦い、1389年のコソボの戦いを経て、セルビア帝国は崩壊し、オスマン帝国がその南部を支配下においた。他方で、セルビアの北部ではベオグラードを首都としたセルビア専制公国(Serbian Despotate)が続いた。ベオグラードは専制公ステファン・ラザレヴィチ(Stefan Lazarević)のもとで繁栄した。ステファン・ラザレヴィチはセルビア王ラザルの息子であった。ステファン・ラザレヴィチは要塞、塔を備えた城を建造し、そのうち西の壁とデスポト・ステファン塔(Despot Stefan Tower)は今日まで残されている。ステファン・ラザレヴィチはまた、街を取り囲む古代の要塞を再建し、専制公国はオスマン帝国の攻勢に対してほぼ70年持ちこたえた。この間、ベオグラードはオスマン帝国の支配から逃れてきたバルカン各地の人々の逃げ込み先となっており、その人口は4万-5万人ほどであったと考えられる。1427年、ステファン・ラザレヴィチのあとを継いだジュラジ・ブランコヴィチ(Đurađ Branković)は、ベオグラードをハンガリー王国に返還させられ、首都はスメデレヴォに移った。ジュラジの統治時代、オスマン帝国はセルビア専制公国の領地のほとんどを制圧したものの、1440年のベオグラード包囲、1456年の再度の包囲はいずれも失敗している。ベオグラードは、10万人を超える兵士を擁するオスマン帝国の中央ヨーロッパ侵攻を食い止める防衛線の役目を果たしていた。フニャディ・ヤーノシュ率いるキリスト教徒の勢力はベオグラードの包囲戦を戦い、オスマン帝国のスルタン・メフメト2世率いる軍勢から街を守りぬいた。この戦いは「キリスト教の命運を決するもの」とされ、カリストゥス3世は毎日正午に全教会の鐘を鳴らすよう命じ、防衛戦の勝利を祈った。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たフランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステ

    1914年6月28日、ガヴリロ・プリンツィプがオーストリア皇太子フランツ・フェルディナント夫妻を暗殺したサライェヴォ事件によって第一次世界大戦が引き起こされた。その後のバルカン半島での戦いの多くはベオグラード周辺で起こった。オーストリア=ハンガリー帝国海軍のモニター艦は1914年7月29日にベオグラードを包囲し、街は11月30日にオスカル・ポティオレク(Oskar Potiorek)率いるオーストリア軍の手に落ちた。12月15日、街はラドミル・プトニク率いるセルビア軍によって奪還された。10月6日から10月9日にかけて、街の大半を破壊した長期の戦いの後、10月9日にベオグラードはドイツ陸軍とアウグスト・フォン・マッケンゼン率いるオーストリア=ハンガリー軍の手に落ちた。街は1918年11月5日、元帥Louis Franchet d'Espéreyとアレクサンダル1世率いるセルビア軍とフランス軍によって再奪還された。前線の街であったベオグラードでは大規模に人口が減少し、一時はスボティツァがセルビアで最大の人口の街となった。しかし終戦後ベオグラードは急速に人口を増やし、1920年代初頭にはベオグラードの人口はスボティツァを上回った。終戦後、セルビアは他国の領土とともにセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国となり、ベオグラードはその首都となった。王国は1929年に公式にユーゴスラビアへと改称された。ユーゴスラビア王国は9の州(バノヴィナ)に分けられ、ベオグラードとゼムン、パンチェヴォはどのバノヴィナにも属さない独立した行政区を構成した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たフラウィウス・クラウディウス・ユリアヌス

    新石器時代のスタルチェヴォ文化(Starčevo)、ヴィンチャ文化(Vinča)はベオグラード付近で発達し、7000年ほど前にバルカン半島一帯および中央ヨーロッパやアナトリア半島の一部を支配した。有史以前に見られる古ヨーロッパ文字(ヴィンチャ文字)は最古のアルファベットであるとする見方もある。数世紀の後、ギリシャのアルゴナウタイは、カウリアク(Cauliac)と呼ばれた古代のベオグラードに黒海からドナウ川をさかのぼって到達し、サヴァ川を発見している。紀元前4世紀にはケルト人の部族・スコルデスキ(Scordisci)が居住し、町はシンギドゥン(Singidūn)と呼ばれた。町は紀元後1世紀にローマ化され、シンギドゥヌム(Singidunum)と呼ばれた。2世紀中期、町はローマ帝国のムニキピウムとされ、2世紀の末にはローマ帝国の都市制度の中で最も上位にあるコロニアに昇格した。初のキリスト教徒のローマ皇帝は、今日のセルビア・ニシュで280年に生まれたコンスタンティヌス1世であった。ベオグラード出身でローマ皇帝となったヨウィアヌス(332年生まれ)は、キリスト教を再導入した。ヨウィアヌスはローマ帝国の国教としてキリスト教を再導入し、前任者ユリアヌスによる異教の復興に終止符を打った。395年、この地域は東ローマ帝国へと引き継がれた。シンギドゥヌムからサヴァ川を挟んで対岸にはケルト人の町タウルヌム(Taurunum、今日のゼムン)があり、ローマ時代、東ローマ時代を通じてシンギドゥヌムとタウルヌムの両都市は命運を共にした。両都市は橋で結ばれていた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たスレイマン1世

    長くオスマン帝国の攻勢に抵抗を続けていたベオグラードは、1521年8月28日、スレイマン1世の25万人の兵士によって制圧された。街はほぼ全てが破壊され、キリスト教徒(セルビア人、ハンガリー人、ギリシャ人、アルメニア人など)はすべてイスタンブルへと強制移送され、その地区はこれに因んで後にベオグラード要塞と呼ばれるようになった。ベオグラードはサンジャク(県)の県都となり、トルコ人、アルメニア人、ギリシャ人、ラグーサの交易商人などが集まるようになった。ベオグラードはこの後150年に及ぶ平和を享受する。ベオグラードはコンスタンティノポリスに次いで、オスマン帝国領ヨーロッパで2番目に大きい都市となり、10万人以上が居住した。オスマン帝国の統治は、ベオグラードにオスマン建築をもたらし、多くのモスクが建造され、街にはオリエンタルの影響が強まった。1594年、バナト蜂起とよばれる大規模なセルビア人の反乱がトルコ人によって鎮圧された。さらに、アルバニア出身の大宰相、スィナン・パシャ(Sinan Pasha)は、ベオグラードのヴラチャル台地にて聖サヴァの不朽体を公開の場で焼き捨てるよう命じた。後にこの事件を記憶するために聖サワ大聖堂が建造された。反乱に対する報復として、街の住民のほとんどがイスタンブルに強制移送された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たイシュトヴァーン5世

    シンギドゥヌムは630年ごろにスラヴ人が移住するまでの間、フン族、サルマタイ、ゲピド族、東ゴート族、アヴァールなどによってたびたび侵入を受け、また破壊された。500年代初期、アヴァールの侵入を受けるまでの間、ゲピド王国の中心地として機能した。9世紀初頭、アヴァールが最終的にフランク王国によって崩壊すると、シンギドゥヌムは再び東ローマ帝国の支配下に復した一方、タウルヌムはマレヴィラ(Malevilla)と改称され、フランク王国の一部となった。およそ878年ごろ、第一次ブルガリア帝国の支配下の時代、この街の最古のスラヴ語の呼称・ベリグラード(Beligrad)が記録されている。その後4世紀にわたり、街は東ローマ帝国、ハンガリー王国、第一次ブルガリア帝国の争奪の場となった。ベオグラードは第1回十字軍、第2回十字軍を受け入れたが、第3次十字軍がベオグラードを通るとき、フリードリヒ1世と彼の率いる190,000人の兵士らは、ベオグラードが廃墟となっているのを目撃した。ベオグラードは1284年、スレム王国の首都となり、ステファン・ドラグティン(Dragutin)はベオグラードを統治した初のセルビア人の王となった。ドラグティンは義父のハンガリー王イシュトヴァーン5世からスレム地域を与えられた。1371年のマリツァ川の戦い、1389年のコソボの戦いを経て、セルビア帝国は崩壊し、オスマン帝国がその南部を支配下においた。他方で、セルビアの北部ではベオグラードを首都としたセルビア専制公国(Serbian Despotate)が続いた。ベオグラードは専制公ステファン・ラザレヴィチ(Stefan Lazarević)のもとで繁栄した。ステファン・ラザレヴィチはセルビア王ラザルの息子であった。ステファン・ラザレヴィチは要塞、塔を備えた城を建造し、そのうち西の壁とデスポト・ステファン塔(Despot Stefan Tower)は今日まで残されている。ステファン・ラザレヴィチはまた、街を取り囲む古代の要塞を再建し、専制公国はオスマン帝国の攻勢に対してほぼ70年持ちこたえた。この間、ベオグラードはオスマン帝国の支配から逃れてきたバルカン各地の人々の逃げ込み先となっており、その人口は4万-5万人ほどであったと考えられる。1427年、ステファン・ラザレヴィチのあとを継いだジュラジ・ブランコヴィチ(Đurađ Branković)は、ベオグラードをハンガリー王国に返還させられ、首都はスメデレヴォに移った。ジュラジの統治時代、オスマン帝国はセルビア専制公国の領地のほとんどを制圧したものの、1440年のベオグラード包囲、1456年の再度の包囲はいずれも失敗している。ベオグラードは、10万人を超える兵士を擁するオスマン帝国の中央ヨーロッパ侵攻を食い止める防衛線の役目を果たしていた。フニャディ・ヤーノシュ率いるキリスト教徒の勢力はベオグラードの包囲戦を戦い、オスマン帝国のスルタン・メフメト2世率いる軍勢から街を守りぬいた。この戦いは「キリスト教の命運を決するもの」とされ、カリストゥス3世は毎日正午に全教会の鐘を鳴らすよう命じ、防衛戦の勝利を祈った。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たラドミル・プトニク

    1914年6月28日、ガヴリロ・プリンツィプがオーストリア皇太子フランツ・フェルディナント夫妻を暗殺したサライェヴォ事件によって第一次世界大戦が引き起こされた。その後のバルカン半島での戦いの多くはベオグラード周辺で起こった。オーストリア=ハンガリー帝国海軍のモニター艦は1914年7月29日にベオグラードを包囲し、街は11月30日にオスカル・ポティオレク(Oskar Potiorek)率いるオーストリア軍の手に落ちた。12月15日、街はラドミル・プトニク率いるセルビア軍によって奪還された。10月6日から10月9日にかけて、街の大半を破壊した長期の戦いの後、10月9日にベオグラードはドイツ陸軍とアウグスト・フォン・マッケンゼン率いるオーストリア=ハンガリー軍の手に落ちた。街は1918年11月5日、元帥Louis Franchet d'Espéreyとアレクサンダル1世率いるセルビア軍とフランス軍によって再奪還された。前線の街であったベオグラードでは大規模に人口が減少し、一時はスボティツァがセルビアで最大の人口の街となった。しかし終戦後ベオグラードは急速に人口を増やし、1920年代初頭にはベオグラードの人口はスボティツァを上回った。終戦後、セルビアは他国の領土とともにセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国となり、ベオグラードはその首都となった。王国は1929年に公式にユーゴスラビアへと改称された。ユーゴスラビア王国は9の州(バノヴィナ)に分けられ、ベオグラードとゼムン、パンチェヴォはどのバノヴィナにも属さない独立した行政区を構成した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

290件中 31 - 40件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード