290件中 41 - 50件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見たマクシミリアン2世エマヌエル (バイエルン選帝侯)

    ベオグラードは3度にわたってハプスブルク君主国に占領された(1688年 - 1690年、1717年 - 1739年、1789年 - 1791年)。1度目は大トルコ戦争でバイエルン選帝侯マクシミリアン2世がベオグラードを包囲して奪い(ベオグラード包囲戦)、2度目はプリンツ・オイゲンの主導で墺土戦争の最中に包囲・陥落させ(ベオグラード包囲戦)、3度目は墺土戦争中にオーストリアに落とされた。しかしベオグラードはその度ごとにオスマン帝国によって再制圧された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た北大西洋条約機構

    ベオグラードで最高の博物館といわれるのは、1844年に設立されたセルビア国立博物館であり、40万点を超える展示物を収蔵している(5600を超える絵画、8400を超える図画および印刷物を持つ)。収蔵されている展示物の中には、多くの外国の名作や、有名なミロスラヴの福音(Miroslavljevo Jevanđelje)が含まれる。軍事博物館は、ローマ時代からユーゴスラビア軍に撃墜されたF-117ステルス機まで、2万5千を超える幅広い軍事に関する展示物を収蔵している。ベオグラード航空博物館(Museum of Aviation in Belgrade)では、200を超える航空機が収められ、うち50が展示されている。一部には、Fiat G.50などの現存する数少ない型式の物もある。この博物館はまた、アメリカ合衆国やNATOの戦闘機、F-117やF-16なども展示されている。民俗誌博物館(Ethnographic Museum)は1901年に設立され、15万点を超える展示物はバルカン半島、特に旧ユーゴスラビア諸国の農村部や都市部の文化を示している。コンテンポラリー・アート美術館は、1901年以降にユーゴスラビア地域で製作された8,540点ほどの作品を収蔵している。ニコラ・テスラ博物館は1952年に設立され、単位テスラの名前の由来となった科学者ニコラ・テスラの個人所有物を収蔵している。この博物館は、16万点ほどの文書の原著や、その他5,700点ほどの物品を収蔵している。ヴク・ドシテイ博物館は、19世紀のセルビア文章語改革の推進者のヴーク・カラジッチと、初代のセルビア教育大臣のドシテイ・オブラドヴィッチ(Dositej Obradović)に関する物品を収蔵している。ベオグラードにはまたアフリカ芸術博物館 (セルビア)もあり、西アフリカ由来の大規模なコレクションを持っている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た国内総生産

    1990年代前半のユーゴスラビア社会主義連邦共和国からユーゴスラビア連邦共和国への移行期の混乱はベオグラードにも影響を与えた。セルビアのほかの地域と同様に、国際的な禁輸によって経済に深刻な影響がもたらされた。ユーゴスラビア・ディナールのハイパーインフレは、記録史上最大であったといわれ、街の経済を破壊した。ユーゴスラビアは1990年代中期にはハイパーインフレから脱却し、その後のベオグラードの経済成長は目覚しい。2000年代末の時点で、ベオグラードはセルビア全体の国内総生産の30%以上を占め、またセルビアの労働者人口の30%以上を占めている。平均的な月収は47.500セルビア・ディナールであり、ユーロスタット(Eurostat)の手法によれば、コンピュータを保有する家庭は53%に上る。同じ調査によると、ベオグラードの家庭の39.1%はインターネット接続を持っており、これはソフィアやブカレスト、アテネなどのほかのバルカン地域の首都よりも高い比率である。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たオイゲン・フォン・ザヴォイエン

    ベオグラードは3度にわたってハプスブルク君主国に占領された(1688年 - 1690年、1717年 - 1739年、1789年 - 1791年)。1度目は大トルコ戦争でバイエルン選帝侯マクシミリアン2世がベオグラードを包囲して奪い(ベオグラード包囲戦)、2度目はプリンツ・オイゲンの主導で墺土戦争の最中に包囲・陥落させ(ベオグラード包囲戦)、3度目は墺土戦争中にオーストリアに落とされた。しかしベオグラードはその度ごとにオスマン帝国によって再制圧された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たロマ

    2002年の国勢調査によると、ベオグラードの住民は民族別ではセルビア人が1,417 187人、ユーゴスラビア人が22,161人、モンテネグロ人が21,190人、ロマが19,191人、クロアチア人が10,381人、マケドニア人が8,372人、ムスリム人が4,617人などとなっている。2007年の投票では、ベオグラードの人口はわずか5年で40万人の増加があったことが示唆されている。2008年8月2日の時点で、ベオグラードの情報統計局では1,542,773人の有権者が登録されており、その6年前の全人口を上回る有権者が登録されていることになり、2002年以降に急速な人口増加があったことが示されている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た復活祭

    ベオグラードは1944年4月、連合国による空爆を受け、1600人が死亡した。以前のドイツ軍による空爆も、今回の連合国による空爆も、共に正教会の復活祭の時期に行われた。ベオグラードの多くは1944年10月20日までドイツ軍の占領が続いたが、その後共産主義者のパルチザンと赤軍によって解放された。1945年10月20日、パルチザンのヨシップ・ブロズ・ティトー元帥はベオグラードにてユーゴスラビア連邦人民共和国の成立を宣言した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たカリストゥス3世 (ローマ教皇)

    シンギドゥヌムは630年ごろにスラヴ人が移住するまでの間、フン族、サルマタイ、ゲピド族、東ゴート族、アヴァールなどによってたびたび侵入を受け、また破壊された。500年代初期、アヴァールの侵入を受けるまでの間、ゲピド王国の中心地として機能した。9世紀初頭、アヴァールが最終的にフランク王国によって崩壊すると、シンギドゥヌムは再び東ローマ帝国の支配下に復した一方、タウルヌムはマレヴィラ(Malevilla)と改称され、フランク王国の一部となった。およそ878年ごろ、第一次ブルガリア帝国の支配下の時代、この街の最古のスラヴ語の呼称・ベリグラード(Beligrad)が記録されている。その後4世紀にわたり、街は東ローマ帝国、ハンガリー王国、第一次ブルガリア帝国の争奪の場となった。ベオグラードは第1回十字軍、第2回十字軍を受け入れたが、第3次十字軍がベオグラードを通るとき、フリードリヒ1世と彼の率いる190,000人の兵士らは、ベオグラードが廃墟となっているのを目撃した。ベオグラードは1284年、スレム王国の首都となり、ステファン・ドラグティン(Dragutin)はベオグラードを統治した初のセルビア人の王となった。ドラグティンは義父のハンガリー王イシュトヴァーン5世からスレム地域を与えられた。1371年のマリツァ川の戦い、1389年のコソボの戦いを経て、セルビア帝国は崩壊し、オスマン帝国がその南部を支配下においた。他方で、セルビアの北部ではベオグラードを首都としたセルビア専制公国(Serbian Despotate)が続いた。ベオグラードは専制公ステファン・ラザレヴィチ(Stefan Lazarević)のもとで繁栄した。ステファン・ラザレヴィチはセルビア王ラザルの息子であった。ステファン・ラザレヴィチは要塞、塔を備えた城を建造し、そのうち西の壁とデスポト・ステファン塔(Despot Stefan Tower)は今日まで残されている。ステファン・ラザレヴィチはまた、街を取り囲む古代の要塞を再建し、専制公国はオスマン帝国の攻勢に対してほぼ70年持ちこたえた。この間、ベオグラードはオスマン帝国の支配から逃れてきたバルカン各地の人々の逃げ込み先となっており、その人口は4万-5万人ほどであったと考えられる。1427年、ステファン・ラザレヴィチのあとを継いだジュラジ・ブランコヴィチ(Đurađ Branković)は、ベオグラードをハンガリー王国に返還させられ、首都はスメデレヴォに移った。ジュラジの統治時代、オスマン帝国はセルビア専制公国の領地のほとんどを制圧したものの、1440年のベオグラード包囲、1456年の再度の包囲はいずれも失敗している。ベオグラードは、10万人を超える兵士を擁するオスマン帝国の中央ヨーロッパ侵攻を食い止める防衛線の役目を果たしていた。フニャディ・ヤーノシュ率いるキリスト教徒の勢力はベオグラードの包囲戦を戦い、オスマン帝国のスルタン・メフメト2世率いる軍勢から街を守りぬいた。この戦いは「キリスト教の命運を決するもの」とされ、カリストゥス3世は毎日正午に全教会の鐘を鳴らすよう命じ、防衛戦の勝利を祈った。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たペータル2世 (ユーゴスラビア王)

    1941年3月25日、ユーゴスラビア王国の摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは日独伊三国軍事同盟に調印し、第二次世界大戦の混乱を避けるため枢軸国の一員となった。これは直後にベオグラードで大規模な抗議行動に発展し、空軍指揮官のドゥシャン・シモヴィッチ(Dušan Simović)将軍率いるクーデターが引き起こされた。シモヴィッチは、国王ペータル2世が摂政なしで統治する年齢に達したと宣言した。その直後、1941年4月6日、ベオグラードはドイツ空軍によって空爆され、24,000人が死亡した。ユーゴスラビア王国はナチス・ドイツによる侵攻を受け、ゼムンの東に至るまでのベオグラード郊外はナチスの傀儡政権、クロアチア独立国の領土とされた。ベオグラードはナチスの傀儡ミラン・ネディッチによるセルビア救国政府の首都とされた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たヨウィアヌス

    新石器時代のスタルチェヴォ文化(Starčevo)、ヴィンチャ文化(Vinča)はベオグラード付近で発達し、7000年ほど前にバルカン半島一帯および中央ヨーロッパやアナトリア半島の一部を支配した。有史以前に見られる古ヨーロッパ文字(ヴィンチャ文字)は最古のアルファベットであるとする見方もある。数世紀の後、ギリシャのアルゴナウタイは、カウリアク(Cauliac)と呼ばれた古代のベオグラードに黒海からドナウ川をさかのぼって到達し、サヴァ川を発見している。紀元前4世紀にはケルト人の部族・スコルデスキ(Scordisci)が居住し、町はシンギドゥン(Singidūn)と呼ばれた。町は紀元後1世紀にローマ化され、シンギドゥヌム(Singidunum)と呼ばれた。2世紀中期、町はローマ帝国のムニキピウムとされ、2世紀の末にはローマ帝国の都市制度の中で最も上位にあるコロニアに昇格した。初のキリスト教徒のローマ皇帝は、今日のセルビア・ニシュで280年に生まれたコンスタンティヌス1世であった。ベオグラード出身でローマ皇帝となったヨウィアヌス(332年生まれ)は、キリスト教を再導入した。ヨウィアヌスはローマ帝国の国教としてキリスト教を再導入し、前任者ユリアヌスによる異教の復興に終止符を打った。395年、この地域は東ローマ帝国へと引き継がれた。シンギドゥヌムからサヴァ川を挟んで対岸にはケルト人の町タウルヌム(Taurunum、今日のゼムン)があり、ローマ時代、東ローマ時代を通じてシンギドゥヌムとタウルヌムの両都市は命運を共にした。両都市は橋で結ばれていた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たフィナンシャル・タイムズ

    ベオグラード市は国内外から数多くの栄誉賞を受けており、1920年のフランスのレジオンドヌール勲章、チェコスロバキアのWar Cross、セルビアのKarađorđe's Star with Swords、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の人民英雄勲章(Order of the National Hero、1974年10月20日、第二次世界大戦でのナチス・ドイツによる占領を打ち破った記念日)。2006年、フィナンシャル・タイムズの雑誌「fDi Magazine」はベオグラードに「南ヨーロッパの未来」賞を付与した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

290件中 41 - 50件表示

「首都ベオグラード」のニューストピックワード