3560件中 21 - 30件表示
  • 国際化学オリンピック

    国際化学オリンピックから見たモスクワモスクワ

    1972年 第4回 - ソビエト連邦 - モスクワ - 7か国国際化学オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • スコモローフ

    スコモローフから見たモスクワモスクワ

    スコモローフの活動は16世紀ごろには頂点に達したとされる。イヴァン4世(イワン雷帝)は、制圧したノヴゴロドからスコモローフたちをモスクワの宮廷に集め、興に乗ると自身がスコモローフの衣装を身にまとって踊ったという。しかしこれは後年のことで、イヴァン4世が1551年に招集した聖職者会議ではスコモローフを非難し、祭日からスコモローフを閉め出すことを決議していた。スコモローフ フレッシュアイペディアより)

  • 川村かおりのオールナイトニッポン

    川村かおりのオールナイトニッポンから見たモスクワモスクワ

    本番組のパーソナリティである歌手・川村かおりの、毎週ハイテンションで時々キレそうなほどのノリ(当時FM802で音楽番組のレギュラーを持っていたことがあったが、こちらは本番組とは全然雰囲気が違っていたという)と、モスクワ生まれでロシア人とのハーフである川村の特性を生かした、ロシア語や当時のソビエト連邦についてわからない事などを教えるコーナーなどがあったのがこの番組の特徴。番組中、川村が発する「寝てんじゃねーぞー!」という叫びはリスナーにはお馴染みで、オープニングでは「弱冠18歳!」と叫ぶのが通例だった(後に誕生日を過ぎるたびに「弱冠19歳!」「弱冠20歳!」に変わった)。放送がはじまる第一声は、かならず、「やあやあやあ川村かおりです。松任谷由実さん、お疲れ様でした!」と言っていた。(当時土曜1部を松任谷が担当していた)川村かおりのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの教育

    ロシアの教育から見たモスクワモスクワ

    ソ連時代には日本語学校はモスクワに1つしかなかったが、ソ連崩壊後あちこちに出来ている。ロシアの教育 フレッシュアイペディアより)

  • ユーリー・ドルゴルーキー

    ユーリー・ドルゴルーキーから見たモスクワモスクワ

    ユーリー1世ドルゴルーキー(、1099年頃 - 1157年5月15日)は、スーズダリ公、ペレヤスラヴリ公、キエフ大公(在位:1149年 - 1150年、1150年、1155年 - 1157年)。ウラジーミル2世モノマフの六男、母はコンスタンティノポリス貴族の娘。ドルゴルーキー(手長公)のあだ名は、彼が北東ルーシのスーズダリに居を構えつつ、しばしば南方キエフに攻め入り、これを占領したことに由来する。彼はモスクワの建設者としても知られる。洗礼名はゲオルギイ。ユーリー・ドルゴルーキー フレッシュアイペディアより)

  • ドモジェドヴォ

    ドモジェドヴォから見たモスクワモスクワ

    ドモジェドヴォ(ドモジェードヴォ、、ラテン文字表記の例: )は、ロシアのモスクワ州南部にある都市。モスクワの南37キロメートルに位置する。最寄りの町はポドリスクとヴィドノエでそれぞれ20キロメートル離れている。近郊にドモジェドヴォ国際空港があることで知られる。ドモジェドヴォ フレッシュアイペディアより)

  • プッシー・ライオット

    プッシー・ライオットから見たモスクワモスクワ

    2012年2月21日、ウラジーミル・プーチンが再選された大統領選挙への抗議活動の一環として、グループのメンバーである3人の女性たちがモスクワのロシア正教会救世主ハリストス大聖堂を訪れ、十字を描いて、至聖所前のソレヤ(Soleas)と呼ばれるスペースに上がり頭を垂れてから、「(聖母様、プーチンを追い出してください)」を歌いはじめた。1分もしないうちに、彼女たちは警備員によって建物の外へと連れ出された。この様子を捉えた映像は、後にこの曲のビデオ・クリップに使用された。プッシー・ライオット フレッシュアイペディアより)

  • ボロジノの戦い

    ボロジノの戦いから見たモスクワモスクワ

    モスクワ西方のボロジノ近郊で、フランス皇帝ナポレオン1世率いる大陸軍(フランス軍を中核とするヨーロッパ諸国連合軍)と、クトゥーゾフ率いるロシア軍との間で戦いが行われた。両軍ともに甚大な損害を出したものの決定的な勝利は得られず、ロシア軍の戦略的撤退によって戦いは終息した。ボロジノの戦い フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ロスラヴェッツ

    ニコライ・ロスラヴェッツから見たモスクワモスクワ

    ニコライ・アンドレーヴィチ・ロスラヴェッツもしくはニコラーイ・アンドレーエヴィチ・ロースラヴェツ(、ラテン文字転写: Nikolai Andreevich Roslavets、1881年1月4日 ロシア帝国/チェルニゴフ県スラージ - 1944年8月23日 ソビエト連邦/モスクワ)は、ソ連建国期の重要なモダニズムの作曲家・音楽理論家。ロシア・アヴァンギャルドの作曲家の一人として前衛的な創作活動を行い、ソ連揺籃期において、西側の新音楽を積極的に擁護した。また、シェーンベルクとは別に、ロシアにおいて独自の十二音技法を発展させた作曲家であると見られたこともあるが、彼の作曲技法を「十二音技法」とするのは適切ではない、という指摘もあり、現在ではそのような見方は一般的ではなくなっている。小品を含めて数多くの室内楽曲(5つの弦楽四重奏曲、6つのヴァイオリン・ソナタ、2つのヴィオラ・ソナタ、2つのチェロ・ソナタ、5つのピアノ三重奏曲など)を遺したほか、2つのヴァイオリン協奏曲と、5つの交響詩(うち3曲は紛失)を手懸けている。1930年代以降は弾圧された。ニコライ・ロスラヴェッツ フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝に捧げた命

    皇帝に捧げた命から見たモスクワモスクワ

    また、ソ連時代のセルゲイ・ゴロデツキーの台本による『イヴァン・スサーニン』は、1939年2月21日、モスクワ・ボリショイ劇場において、サムイル・サモスード指揮、マルク・レーイゼンのタイトルロールによって初演された。皇帝に捧げた命 フレッシュアイペディアより)

3560件中 21 - 30件表示

「首都モスクワ」のニューストピックワード

  • アジアの、その先

  • ロスコムナゾール(Roskomnadzor:通信・情報技術・マスコミュニケーション監督局)

  • 信用の損失