4639件中 31 - 40件表示
  • 川村かおりのオールナイトニッポン

    川村かおりのオールナイトニッポンから見たモスクワモスクワ

    本番組のパーソナリティである歌手・川村かおりの、毎週ハイテンションで時々キレそうなほどのノリ(当時FM802で音楽番組のレギュラーを持っていたことがあったが、こちらは本番組とは全然雰囲気が違っていたという)と、モスクワ生まれでロシア人とのハーフである川村の特性を生かした、ロシア語や当時のソビエト連邦についてわからない事などを教えるコーナーなどがあったのがこの番組の特徴。番組中、川村が発する「寝てんじゃねーぞー!」という叫びはリスナーにはお馴染みで、オープニングでは「弱冠18歳!」と叫ぶのが通例だった(後に誕生日を過ぎるたびに「弱冠19歳!」「弱冠20歳!」に変わった)。放送がはじまる第一声は、かならず、「やあやあやあ川村かおりです。松任谷由実さん、お疲れ様でした!」と言っていた。(当時土曜1部を松任谷が担当していた)川村かおりのオールナイトニッポン フレッシュアイペディアより)

  • 2号線 (ポーランド)

    2号線 (ポーランド)から見たモスクワモスクワ

    数多くの国際列車が運行され、3号線と共にEUののE20号線を構成する路線である。また汎ヨーロッパ回廊の2号線(ベルリン - モスクワ)でもある。現在では大部分の区間で旅客列車は 160 km/h、貨物列車は 120 km/h での運転が可能になっている。ワルシャワ - シェドルツェ間には通勤列車も運行されている。2号線 (ポーランド) フレッシュアイペディアより)

  • オルガ・モロゾワ

    オルガ・モロゾワから見たモスクワモスクワ

    オルガ・モロゾワ(Olga Morozova, , 1949年2月22日 - )は、ソビエト連邦(現在はロシア)・モスクワ出身の元女子テニス選手。男子選手のアレックス・メトレベリと並んで、ソ連におけるテニス競技の草分けに大きく貢献した名選手である。1974年の全仏オープンとウィンブルドンの2大会連続で、4大大会に準優勝した。モロゾワの経歴を通じて「ソビエト連邦出身の女子テニス選手として史上初」の業績は多い。現役生活でシングルス20勝、ダブルス10勝を挙げた。オルガ・モロゾワ フレッシュアイペディアより)

  • エレクトリーチカ

    エレクトリーチカから見たモスクワモスクワ

    しかし近年の経済成長で、ER2の派生型である新型車のEM4"Sputnik train"が登場し、モスクワに導入され、急行用車両として運用されている。エレクトリーチカ フレッシュアイペディアより)

  • リガ

    リガから見たモスクワモスクワ

    ニスタット条約でリガはロシアに割譲され、第一次世界大戦までロシア領としてその重要な交易拠点とされた。20世紀まで、ロシアでモスクワやサンクトペテルブルクに次ぐ第3の都市はリガであったが、支配者の変遷にかかわらずリガの住民の多くはバルト・ドイツ人であった。リガ フレッシュアイペディアより)

  • オデッサ

    オデッサから見たモスクワモスクワ

    19世紀末にオデッサはペテルブルク、モスクワ、ワルシャワに次ぐロシア帝国第四の都市に発展し、ペテルブルクに次ぐ貿易港となる。1865年に鉄道が開通し、オデッサ大学の前身であるノヴォロシア大学が開校した。生活用水の需要を満たすために1873年にドニエストル川の水を汲み上げる設備が建設され、翌1874年に大規模な下水道が完成する。上下水道の整備、市当局による環境・衛生状態の調査によりオデッサはロシアを代表する衛生的な都市として知られるようになる。オデッサ フレッシュアイペディアより)

  • 皇帝に捧げた命

    皇帝に捧げた命から見たモスクワモスクワ

    また、ソ連時代のセルゲイ・ゴロデツキーの台本による『イヴァン・スサーニン』は、1939年2月21日、モスクワ・ボリショイ劇場において、サムイル・サモスード指揮、マルク・レーイゼンのタイトルロールによって初演された。皇帝に捧げた命 フレッシュアイペディアより)

  • ブィリーナ

    ブィリーナから見たモスクワモスクワ

    20世紀の語り手、白海沿岸地方出身のマルファ・クリューコワは1930年代にソビエト作家同盟に迎えられ、レーニンの生涯やモスクワの地下鉄建設を主題として称えるブィリーナ作品を創作している。このほか、ペトロザヴォーツクのアンナ・パシコーワや前述のトロフィム・リャビーニンもこの型に含まれる。ブィリーナ フレッシュアイペディアより)

  • カビブ・アーラフベルディエフ

    カビブ・アーラフベルディエフから見たモスクワモスクワ

    2010年5月23日、モスクワにある赤の広場でカーレン・テヴォスヤンとABCOスーパーライト級王座決定戦を行い、12回3-0(2者が116-113、117-112)の判定勝ちを収め王座を獲得した。この試合を機に拠点を主な拠点だったアメリカからロシアに移した。カビブ・アーラフベルディエフ フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ロスラヴェッツ

    ニコライ・ロスラヴェッツから見たモスクワモスクワ

    ニコライ・アンドレーヴィチ・ロスラヴェッツもしくはニコラーイ・アンドレーエヴィチ・ロースラヴェツ(、ラテン文字転写: Nikolai Andreevich Roslavets、1881年1月4日 ロシア帝国/チェルニゴフ県スラージ - 1944年8月23日 ソビエト連邦/モスクワ)は、ソ連建国期の重要なモダニズムの作曲家・音楽理論家。ロシア・アヴァンギャルドの作曲家の一人として前衛的な創作活動を行い、ソ連揺籃期において、西側の新音楽を積極的に擁護した。また、シェーンベルクとは別に、ロシアにおいて独自の十二音技法を発展させた作曲家であると見られたこともあるが、彼の作曲技法を「十二音技法」とするのは適切ではない、という指摘もあり、現在ではそのような見方は一般的ではなくなっている。小品を含めて数多くの室内楽曲(5つの弦楽四重奏曲、6つのヴァイオリン・ソナタ、2つのヴィオラ・ソナタ、2つのチェロ・ソナタ、5つのピアノ三重奏曲など)を遺したほか、2つのヴァイオリン協奏曲と、5つの交響詩(うち3曲は紛失)を手懸けている。1930年代以降は弾圧された。ニコライ・ロスラヴェッツ フレッシュアイペディアより)

4639件中 31 - 40件表示

「首都モスクワ」のニューストピックワード