3560件中 41 - 50件表示
  • バグラチオン作戦

    バグラチオン作戦から見たモスクワモスクワ

    一方、ソ連軍からみると、前年9月の第2次スモレンスク攻防戦によってモスクワ前面の要衝スモレンスクを奪回したとはいえ、バルト海に注ぐダウガヴァ川(ドヴィナ川)沿いのヴィテプスク(ヴィチェプスク)と、黒海に至るドニエプル川流域のオルシャ(ヴォルシャ)との間に展開した、東西に鉄道と幹線道路が走る「モスクワへの陸橋」を抑える「ヴィテプスクの門」は、ドニエプル東岸の橋頭堡を含めてドイツ軍に押さえられたままだった。したがって、今後の戦局を有利に進めるためにも、中央軍集団を排除してベルリンへの最短経路でもあるベラルーシを奪還することは、戦略の上で極めて重要だった。とはいえ、ベラルーシは沼沢地帯と深い森が点在し、大規模な兵力展開が困難な地形で、とくに装甲部隊が攻勢をかけられる地域は限定されており、当然ながらドイツ軍はそうした地区に強力な防禦拠点を構築していた。しかし、かつて帝政ロシアの名将アレクサンドル・スヴォーロフ元帥は言った。「鹿の通れる所、そこはロシア兵も通れる」。この言葉の意味をソ連の将軍たちはよく心得ていた。バグラチオン作戦 フレッシュアイペディアより)

  • リガ

    リガから見たモスクワモスクワ

    ニスタット条約で、リガはロシアに割譲され、第一次世界大戦までロシア領として、ロシアの重要な交易拠点とされた。20世紀まで、ロシアでモスクワ、サンクトペテルブルクに次ぐ第3の都市はリガであった。しかし、支配者の変遷にかかわらず、リガの住民の多くは、バルト・ドイツ人であった。リガ フレッシュアイペディアより)

  • シベリア鉄道

    シベリア鉄道から見たモスクワモスクワ

    正確にはロシア連邦中南部に位置するチェリャビンスク州のチェリャビンスクからシベリア南東部の沿海州にある日本海岸のウラジオストクまでの7,416kmの区間を指すが、一般的にはその他の路線も含めたモスクワ?ウラジオストク間9,297kmを指す事が多い。モスクワからシベリアまでは、従来はモスクワから北東へ向かうモスクワ?ヤロスラヴリ?キーロフ?ペルミ?エカテリンブルク経由の路線を使っていたが、2000年代以降はこれより南寄りのモスクワ?ウラジーミル?ニジニ・ノヴゴロド?キーロフ?ペルミ?エカテリンブルクの路線が使われる。さらに南寄りのモスクワ?ムーロム?カナシ?カザン?エカテリンブルクの路線、モスクワ?リャザン?サマーラ?ウファ?チェリャビンスクを経由する路線もありうる。「ロシア号」はモスクワのヤロスラヴリ駅を出発し、ウラジオストク駅まで約7日間をかけて走破する。シベリア鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ブリュノ・ペルティエ

    ブリュノ・ペルティエから見たモスクワモスクワ

    2009年2月3日には最新アルバム「Microphonium ミクロフォニオム」をリリース、その年の11月にはロシア(モスクワ)でのコンサートを成功させる。ブリュノ・ペルティエ フレッシュアイペディアより)

  • ウラジーミル・イワノフ

    ウラジーミル・イワノフから見たモスクワモスクワ

    1917年2月に党モスクワ市ハモヴニチェスキー地区委員会書記兼地区議会議員に就任し、以後、党の要職を歴任する。ウラジーミル・イワノフ フレッシュアイペディアより)

  • フィンランド航空

    フィンランド航空から見たモスクワモスクワ

    1955年 西側諸国の航空会社として、初めてソ連の首都モスクワに乗り入れを開始。フィンランド航空 フレッシュアイペディアより)

  • ウラジオストク

    ウラジオストクから見たモスクワモスクワ

    日露戦争時には、ウラジオストク巡洋艦隊は通商破壊に活躍し、黄海海戦ののち旅順艦隊の残存艦はウラジオストク巡洋艦隊に合流した。日露戦争後はその構成艦船の主要なものがほとんどバルト海へ帰還し、太平洋艦隊はシベリア小艦隊に縮小された。1905年までに中国領満州のハルビンを経由してモスクワとウラジオストクを繋ぐシベリア鉄道(一部、東清鉄道)が建設された。1912年に日本とウラジオストク航路に接続する国際列車が新橋駅(1914年からは東京駅) - 金ヶ崎(後に敦賀港に改称)で運行される(ボート・トレイン)。ウラジオストク フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの歴史

    ロシアの歴史から見たモスクワモスクワ

    1598年、イヴァン4世の跡を継いだフョードル1世が子孫を残さずに死去、リューリク朝は断絶した。宰相であったゴトゥノフ家のボリスがツァーリに選ばれた。しかし帝国は、3年に渡る大飢饉などで弱体化し、国民の支持を失った。1605年帝国内に不穏な噂が流れた。1593年に死んだリューリク家の皇太子ドミトリイの生存の噂がロシア国民の間に広がったのである。これはツァーリの求心力低下を狙った国際的陰謀だったとされる。背景には、ロシア支配を狙うポーランド、カトリック勢力の陰謀があった。このような時にボリスは死に、生存説のあったドミトリイ(偽ドミトリー1世)がポーランドで挙兵、ツァーリを自称しモスクワに迫った。ゴトゥノフ家は求心力を失い失脚。代わりにツァーリ・ドミトリイ2世として戴冠された。偽ツァーリ・ドミトリイは、1612年までに3世まで出ることになる。ロシアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • カザン

    カザンから見たモスクワモスクワ

    カザン(, Qazan ;, Kazan )はロシア連邦に属するタタールスタン共和国の首都である。ロシア語名に沿ってカザニともいう。ヴォルガ川(クイビシェフ湖)とカザンカ川の合流点に臨む商工業都市で、水上・陸上交通の要衝。タタール文化の中心であり、カザン・クレムリンをはじめとする多くの文化遺産やカザン大学などの教育機関が集積している。人口は1,105,289人(2002年全ロシア国勢調査)と、ロシア国内でも十指に入る規模の大都市。モスクワからは東へ800km。カザン フレッシュアイペディアより)

  • ムルマンスク

    ムルマンスクから見たモスクワモスクワ

    ムルマンスク(しばしばムールマンスクとも;ロシア語:''ムールマンスク)はロシア連邦ムルマンスク州の州都。モスクワから北へ約2000km、コラ半島の北岸、バレンツ海からコラ湾を50kmほど南に入った東沿岸にあり、ノルウェーやフィンランドとの国境に近い。北極圏最大の都市で、漁業と海運業を主産業とする連邦最大の港湾都市のひとつでもある。ソビエト連邦政府から「英雄都市」の称号を授与されている。ムルマンスク フレッシュアイペディアより)

3560件中 41 - 50件表示

「首都モスクワ」のニューストピックワード