4639件中 51 - 60件表示
  • サンクトペテルブルク

    サンクトペテルブルクから見たモスクワモスクワ

    ソ連時代から現代に至るまでのロシアの首都そして帝政時代の副都でもあったモスクワとは、サンクトペテルブルクは直線距離で600km以上離れている(東京?函館、鹿児島?那覇、フランスのパリ?マルセイユ、イギリスのロンドン?アバディーン、ドイツのベルリン?スイスのチューリッヒ間の距離に相当)。これは、サンクトペテルブルクから、バルト海の対岸のスウェーデンの首都ストックホルム、リトアニアの首都ヴィリニュス、ベラルーシの首都ミンスクとの各距離とほぼ等しい。サンクトペテルブルク フレッシュアイペディアより)

  • 地下鉄

    地下鉄から見たモスクワモスクワ

    第一次世界大戦・第二次世界大戦の際、ロンドン地下鉄が防空壕の役割を果たしたことから、戦争や自然災害などの有事の際の大規模な避難所としての利用が想定されていることがある。その例として休戦状態の韓国ではソウルや釜山などで地下鉄と共に地下街や地下通路が多く整備されており、軍事都市の側面を持ち合わせている。北朝鮮の首都・平壌の地下鉄は地下150mという大深度に建設され、核戦争に備えている。これは、ソ連期に作られたモスクワやレニングラードの地下鉄も挙げられる。ブルガリアの首都・ソフィアの地下鉄は駅の入り口に防爆扉がついている。軍事において兵力や物資の輸送も可能であるため、各国の軍隊によって物資輸送演習が行われることがある。地下鉄 フレッシュアイペディアより)

  • バグラチオン作戦

    バグラチオン作戦から見たモスクワモスクワ

    一方、ソ連軍からみると、前年9月の第2次スモレンスク攻防戦によってモスクワ前面の要衝スモレンスクを奪回したとはいえ、バルト海に注ぐダウガヴァ川(ドヴィナ川)沿いのヴィテプスク(ヴィチェプスク)と、黒海に至るドニエプル川流域のオルシャ(ヴォルシャ)との間に展開した、東西に鉄道と幹線道路が走る「モスクワへの陸橋」を抑える「ヴィテプスクの門」は、ドニエプル東岸の橋頭堡を含めてドイツ軍に押さえられたままだった。したがって、今後の戦局を有利に進めるためにも、中央軍集団を排除してベルリンへの最短経路でもあるベラルーシを奪還し、さらに北方軍集団・中央軍集団・北ウクライナ軍集団の間隙にくさびを打ち込むことは、戦略上極めて重要だった。とはいえ、ベラルーシは沼沢地帯と深い森が点在し、大規模な兵力展開が困難な地形で、とくに装甲部隊が攻勢をかけられる地域は限定されており、当然ながらドイツ軍はそうした地区に強力な防禦拠点を構築していた。しかし、かつて帝政ロシアの名将アレクサンドル・スヴォーロフ元帥は言った。「鹿の通れる所、そこはロシア兵も通れる」。この言葉の意味をソ連の将軍たちはよく心得ていた。バグラチオン作戦 フレッシュアイペディアより)

  • カザン

    カザンから見たモスクワモスクワ

    カザン( ; )はロシア連邦に属するタタールスタン共和国の首都である。ロシア語名に沿ってカザニともいう。ヴォルガ川(クイビシェフ湖)とカザンカ川の合流点に臨む商工業都市で、水上・陸上交通の要衝。タタール文化の中心であり、カザン・クレムリンをはじめとする多くの文化遺産やカザン大学などの教育機関が集積している。人口は1,105,289人(2002年全ロシア国勢調査)と、ロシア国内でも十指に入る規模の大都市。モスクワからは東へ800km。カザン フレッシュアイペディアより)

  • アンドレイ・ルブリョフ (映画)

    アンドレイ・ルブリョフ (映画)から見たモスクワモスクワ

    アンドレイ・ルブリョフ(アナトリー・ソロニーツィン)、ダニール(ニコライ・グリニコ)、キリール(イワン・ラピコフ)の3人の画僧は、長年暮らしたザゴルスクのトローイッツェ・セルギエフ修道院を出て、新天地モスクワを目指していた。一行は道中で大雨を避けるため、通りがかりの小屋に入る。小屋では村人たちが、みじめな貴族のことを笑いの種にしたスコモローフ (ロラン・ブイコフ)の歌と踊りを楽しんでいたが、まもなく兵士たちが乗り込んできてスコモローフを連行する。アンドレイ・ルブリョフ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • イヴァン4世

    イヴァン4世から見たモスクワモスクワ

    1564年12月3日、イヴァン4世は突然家族を連れてモスクワ郊外のアレクサンドロフに移り、退位を宣言した。直接的な理由は、多くの大貴族がリヴォニア戦争に反対し、クリミア・ハン国征服を要求してツァーリと対立していたためだった。また新土地法にもかかわらず大貴族たちは依然として領地に強い権力基盤を有し、個別には処罰ができても貴族、高位聖職者の勢力はツァーリと拮抗していた。イヴァン4世は士族からアレクセイ・バスマーノフとその子フョードル・バスマーノフを取り立て、「裏切り者」を厳しく摘発させた。しかしその強権的な振る舞いはさらなる反発を招き、特にバスマーノフが自らとの口論を理由に軍司令のオフチーニンを絞殺し、それにイヴァン4世が許可を与えたことによって最高潮に達した。根拠なき処刑を行うイヴァン4世への批判が一斉に起こり、大貴族たちだけでなく、政府の側近貴族、さらにマカリーの後任者アファナーシー府主教のからの「無用な血」に対する非難を招いた。彼らの行動はそれまでのイヴァン4世の政策への反動であり、その要求は統治前半の貴族、聖職者、大公の三者が協調して統治を行うトロイカ体制への回帰であった。だがイヴァン4世には受け入れがたく、また即位以来初めて行われた自分自身への弾劾に強い衝撃と強迫観念を受けていた。イヴァン4世のクレムリン脱出と退位宣言には、それらの政治的かつ心理的要因もあった。イヴァン4世 フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ2世

    ニコライ2世から見たモスクワモスクワ

    5月9日、瀬戸内海を通過して神戸に寄港し、そこから汽車で京都へ向かった。5月10日に大宮御所、京都御所、二条離宮、東本願寺、西本願寺、賀茂別雷神社などを訪問した。飛鳥井家の蹴鞠や賀茂競馬も見学した。また神戸市長から楠木正成の話を聞いて、その忠義に感動していたニコライは、京都博覧会場で楠木正成の絵を購入している。ニコライは京都が気に入ったようだった。かつての日本の首都ということで京都をモスクワになぞらえていた。ニコライ2世 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年夏季オリンピックの開催地選考

    2008年夏季オリンピックの開催地選考から見たモスクワモスクワ

    2008年夏季オリンピックの開催地へ立候補を表明あるいは検討したが、正式な立候補には至らなかった都市について記述する。ブラジルのリオデジャネイロは2008年大会の招致に向けて資金調達を行っていたが、2012年夏季オリンピックの招致に向けて活動することに方針転換した。 南アフリカのケープタウンとアルゼンチンのブエノスアイレスは2004年夏季オリンピックの開催地選考で敗れた後、メディアの報道では2008年大会招致に乗り出すと見られていたが、立候補はしなかった。メキシコのモンテレーは早い段階から立候補に向けての準備を練っていたが、最終的に立候補には乗り出さなかった。他に、立候補を表明あるいは検討したが正式には立候補に至らなかった都市として次の都市が挙げられる。 ポルトガルのリスボン、 ロシアのクラスナヤ・ポルナワ、イスラエルとパレスチナ自治区の共催、アメリカのニューヨーク、チェコのプラハ、韓国の釜山、カナダのバンクーバー(バンクーバーは後に2010年冬季オリンピック招致に乗り出して開催地に選ばれた)、ロシアのモスクワ2008年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空

    日本航空から見たモスクワモスクワ

    国際線機材では、中長距離路線にはボーイング777-200ER/-300ERや、従来型に比べ機内の各設備を更新したボーイング767-300ERを、アジアなど近距離向けにボーイング737-800を導入している。最新鋭のボーイング787-8は2012年から導入を開始しており、成田 - ボストン線や成田 - サンディエゴ線、成田 - ヘルシンキ線、成田 - モスクワ線など、これまでの大型機では採算の厳しい中規模都市への運航を実現させている。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・オシポフ

    セルゲイ・オシポフから見たモスクワモスクワ

    第1回全世界ウエイト制空手道選手権大会(開催地:モスクワ、主催:極真館)重量級の優勝者。セルゲイ・オシポフ フレッシュアイペディアより)

4639件中 51 - 60件表示

「首都モスクワ」のニューストピックワード