3560件中 61 - 70件表示
  • 1987年の政治

    1987年の政治から見たモスクワモスクワ

    5月28日 - 西ドイツの19歳の青年マチアス・ルストがセスナでソ連の防空網を突破してモスクワの赤の広場に着陸。セルゲイ・ソコロフ国防相が解任され、後任にドミトリー・ヤゾフ国防次官が抜擢される。1987年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • モスクワ軍管区

    モスクワ軍管区から見たモスクワモスクワ

    モスクワ軍管区(モスクワぐんかんく、;略称)は、ソ連軍、ロシア連邦軍のロシア中央部における軍事行政単位、統合部隊。沿ドニエストル共和国に駐屯する部隊も管轄している。軍管区本部は、モスクワに位置する。モスクワ軍管区 フレッシュアイペディアより)

  • フセヴォロド・ボブロフ

    フセヴォロド・ボブロフから見たモスクワモスクワ

    1945年、第二次世界大戦従軍後にモスクワへ移り、ここで軍のサッカークラブCDKAモスクワ(現CSKAモスクワ)に誘われた。1953年までにCDKAモスクワ、VVSモスクワ、スパルタク・モスクワを渡り歩き、ソ連リーグに3度優勝。116試合で97ものゴールを挙げ、1945年(24ゴール)と1947年(14ゴール)のリーグ得点王にもなった。フセヴォロド・ボブロフ フレッシュアイペディアより)

  • 中央テレコム

    中央テレコムから見たモスクワモスクワ

    中央テレコムの歴史は、19世紀後半のモスクワに電報施設が出来たときに始まった。中央テレコム フレッシュアイペディアより)

  • ドミトリー・ヴヌク

    ドミトリー・ヴヌクから見たモスクワモスクワ

    ドミトリー・イヴァノヴィチ(Дмитрий Иванович, 1483年10月10日 モスクワ - 1509年2月14日 モスクワ)は、モスクワ大公国の統治者イヴァン3世の最年長の孫。イヴァン3世の後継者に選定されたが、後に廃された。「孫のドミトリー」を意味するドミトリー・ヴヌク(Дмитрий Внук)の異称で呼ばれた。ドミトリー・ヴヌク フレッシュアイペディアより)

  • ヤーコフ・プロタザノフ

    ヤーコフ・プロタザノフから見たモスクワモスクワ

    1881年(明治14年)1月23日、ロシア帝国(現在のロシア)のモスクワに生まれる。ヤーコフ・プロタザノフ フレッシュアイペディアより)

  • 1970年の政治

    1970年の政治から見たモスクワモスクワ

    2月9日 - アラファトPLO議長がモスクワを訪問。1970年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ソルジェニーツィンの個人史

    ソルジェニーツィンの個人史から見たモスクワモスクワ

    1936年、中学校卒業。文学を学びたかったが地元には適当な大学が無く、倹しい家計も理由になりロストフ大学の物理・数学科に学んだ。数学が得意だった。1939年から1941年の間、モスクワの歴史・哲学・文学大学の通信教育で文学を専攻した。また、後のモスクワ演劇界の大御所ザワツキーの下で俳優修行を始めたが、発声の問題で断念した。後年収容所の中で俳優を志願したが、それも実現しなかった。大祖国戦争開戦の数日前、ロストフ大学を卒業した。ソルジェニーツィンの個人史 フレッシュアイペディアより)

  • エヴドキヤ・ロプーヒナ

    エヴドキヤ・ロプーヒナから見たモスクワモスクワ

    エヴドキヤは貴族のフョードル・アブラモヴィチ・ロプーヒンとその妻ウスティーニャ・ボグダノヴナ・ルティシチェヴァの娘として、モスクワに生まれた。17世紀のロシアの皇妃の大半がそうだったように、有力貴族の家柄には属さなかった。エヴドキヤは、ツァーリ・ピョートルの母親ナタリヤ・ナルイシキナによって息子の嫁に選ばれた。エヴドキヤの母が有力政治家フョードル・ルティシチェフの親戚であることが理由で、エヴドキヤに白羽の矢が立ったのである。エヴドキヤは1689年にツァリーツァとして戴冠し、夫とのあいだに3人の息子をもうけたが、成長したのは長男のアレクセイだけだった。エヴドキヤ・ロプーヒナ フレッシュアイペディアより)

  • 野村一成

    野村一成から見たモスクワモスクワ

    入省後は「ロシアン・スクール」に進みモスクワ、デンマークなどヨーロッパ諸国の大使館における書記官および参事官、欧亜局勤務を歴任する。1960年代後半にはモスクワの日本大使館において小和田恒と同時期に勤務していた1981年(昭和56年)には上智大学外国語学部の客員教授を勤めている。野村一成 フレッシュアイペディアより)

3560件中 61 - 70件表示

「首都モスクワ」のニューストピックワード

  • アジアの、その先

  • ロスコムナゾール(Roskomnadzor:通信・情報技術・マスコミュニケーション監督局)

  • 信用の損失