首都ロンドン ニュース&Wiki etc.

ロンドン(、)は、イングランドおよびイギリスの首都であり、イギリスや欧州連合域内で最大の都市圏を形成している。ロンドンはテムズ川河畔に位置し、2,000年前のローマ帝国によるロンディニウム創建が都市の起源である。ロンディニウム当時の街の中心部は、現在のシティ・オブ・ロンドン(シティ)に当たる地域にあった。シティの市街壁内… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ロンドン」のつながり調べ

  • 1928年ウィンブルドン選手権

    1928年ウィンブルドン選手権から見たロンドン

    1928年 ウィンブルドン選手権(The Championships, Wimbledon 1928)に関する記事。イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて開催。(1928年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • トーネット社

    トーネット社から見たロンドン

    この会社はミヒャエル・トーネットが家具職人としての修業を積んで1819年ごろから家具作りを始めたことが始まりとされている。ミヒャエル・トーネットは、当時の木はまっすぐな素材という考えが支配的だった時代において、曲木の技術の開発に着手する。板をニカワで貼り合わせて曲げる技術を習得すると、1841年にはフランス、イギリス、ベルギーで特許を取得。曲木の技術による椅子を各地に展示して注目を集めた。その中でウィーンの実力者に目をとめられ、本拠地を現在のウィーンに移籍。1849年に工房を持つと、No.4とされた椅子が量産されることになった。これは、1851年のロンドン万国博覧会にも出品されることになり、注目を集めた。1853年に社名をトーネット兄弟社と変更して、5人の息子と経営に当たるようになる。1857年に工場をウィーンからチェコのコリッチャイヌに移転させて、安価な労働力とブナの供給を確保した。労働者の多くは低賃金の女性で、パーツに分解した後に現地で組み立てるという方式をとった。販売店もウィーンだけでなく、ロンドン、パリ、ニューヨークなどアメリカ、ヨーロッパの各地に展開した。そんな中作られたNo.14の椅子は大ヒットとなり、1930年までに五千万脚が販売された。この椅子によって、1867年のパリ万国博覧会で、トーネット兄弟に金メダルが与えられた。(トーネット社 フレッシュアイペディアより)

「首都ロンドン」のニューストピックワード

  • 法案は東京五輪に向けて必要不可欠

  • 都民ファーストの会

  • 籠池氏だけを呼んでつるし上げるようなことをするのではなく、事実を究明することが優先だ