前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
12069件中 1 - 10件表示
  • ジャン=ジョルジュ・ノヴェール

    ジャン=ジョルジュ・ノヴェールから見たロンドンロンドン

    『イアソンとメディア』Jason et Médée (シュトゥットガルト 1763年 - ウィーン 1767年 - パリ 1776年、1780年 - ロンドン 1781年)(音楽 ジャン=ジョセフ ロドルフェ)ジャン=ジョルジュ・ノヴェール フレッシュアイペディアより)

  • 2012年夏季オリンピックの開催地選考

    2012年夏季オリンピックの開催地選考から見たロンドンロンドン

    2012年夏季オリンピックの開催地選考には9都市が立候補した。そのうち、1次選考でロンドン、マドリード、モスクワ、ニューヨーク、パリの5都市が最終候補都市(正式立候補都市)に選出され、ロンドンが史上初の3度目となる夏季オリンピック開催地に選ばれた。2012年夏季オリンピックの開催地選考レースは、これまでのオリンピック招致レースの歴史の中で最も熾烈な戦いだったと評されている。当初から質の高い計画が高評価で有力視されていたパリを、セバスチャン・コー招致委員会会長率いるロンドンが追い上げ、ロンドンはその後も積極的なロビー活動を展開して開催権を勝ち取った 。マドリードも有力候補の一角ではあったが、国内で1992年にバルセロナオリンピックを開催してからまだ20年しかたっていないことが障害となり、ロンドンやパリほどの支持を集めることが出来なかった。2012年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • バレエ・リュス

    バレエ・リュスから見たロンドンロンドン

    ロンドン、アルハンブラ劇場(Alhambra Theatre)バレエ・リュス フレッシュアイペディアより)

  • ドメニコ・ドラゴネッティ

    ドメニコ・ドラゴネッティから見たロンドンロンドン

    生まれて30年間を故郷で過ごし、喜劇オペラ、サン・マルコ寺院、ヴィチェンツァのグランド・オペラで働いた。その間に、彼の名は徐々にヨーロッパ全土にわたって知られるようになり、1794年のロシア皇帝から招待されるなどいくつかの招待を受けたが、彼はそれを断っている。結局、彼はロンドンの王立劇場オーケストラの一員となる誘いを受けて、残る生涯はかの地で暮らした。ドメニコ・ドラゴネッティ フレッシュアイペディアより)

  • パリ

    パリから見たロンドンロンドン

    フランス最大の都市であり、同国の政治、経済、文化などの中心である。ロンドン、ニューヨーク、香港、東京などと並ぶ世界トップクラスの世界都市でもある。行政上では、1コミューン単独で県を構成する特別市であり、ルーヴル美術館を含む1区を中心に、時計回りに20の行政区が並ぶ(エスカルゴと形容される)。パリ フレッシュアイペディアより)

  • コーレン・キャンベル

    コーレン・キャンベルから見たロンドンロンドン

    ロンドンのブルック通り (Brook Street) (英語版) 76番には、キャンベルが1729年に出版した「Five Orders of architecture 」にその内装のデザインが掲載された彼自身の家の跡地があり、現在そこにはブルー・プラークが設置されている。コーレン・キャンベル フレッシュアイペディアより)

  • ディック・ターピン

    ディック・ターピンから見たロンドンロンドン

    エセックス・ギャング団(グレゴリー・ギャングとも呼ばれる)にはサミュエル・グレゴリー、その兄弟のジェレミアとジャスパー、ジョセフ・ローズ、メアリー・ブレイジアー(ギャング団の)、ジョン・ジョーンズ、ロマス・ラウデンと少年のジョン・ウィーラーが所属しており、彼らは鹿を始末する人手を欲しがっていた。若き日のターピンはこの界隈で肉屋の仕事をしており、彼らと繋がりがあったことはほぼ間違いないと考えられている。ギャングの財の換金はターピンをかき立てたのか、1733年までに彼は肉屋の仕事を辞め、パブを経営するようになった(このパブは、ロンドン、にある「バラと冠」()が最有力視されている)。ターピンが窃盗に直接関わったことを示す証拠は存在しないが、1734年の夏までにはギャング団と深く関わり、その後暫く彼らと顔を付き合わせていたことが覗える。ディック・ターピン フレッシュアイペディアより)

  • カミーユ・ピサロ

    カミーユ・ピサロから見たロンドンロンドン

    カリブ海の当時デンマーク領だったセント・トーマス島の生まれ。家業の金物屋を手伝っていたが、画家フリッツ・メルビーの誘いで1852年(22歳頃)から1854年(24歳頃)まで、島を出てベネズエラに旅行に出た(→前半生)。1855年(25歳)、画家を志してパリに出て、画塾でモネ、セザンヌといった画家と知り合った。1859年(29歳頃)にサロン・ド・パリに初入選するが、1860年代はサロンへの入選と落選を繰り返し、生活は苦しかった。当時はコローにならった画風であった。マネを中心に若手画家たちがバティニョール地区のカフェ・ゲルボワに集まり、バティニョール派と呼ばれたが、年長のピサロもこれに加わるようになった(→画塾とサロン(1860年代))。1869年からパリ郊外のルーヴシエンヌに住み、モネ、シスレー、ルノワールと一緒に戸外制作を行ううちに、明るい色調の絵画を描くようになった。1870年の普仏戦争を避けてロンドンにわたり、画商デュラン=リュエルと知り合った(ルーヴシエンヌ、普仏戦争(1869年-1872年))。1872年からはポントワーズに住み、田園風景を描いた。サロンへの応募はせず、デュラン=リュエルの支援を受けて制作していたが、モネらとともに独自のグループ展を計画し1874年、第1回印象派展を開催した。しかし当時主流だったアカデミズム絵画の立場からは受け入れられず、新聞からは酷評された。その後も、印象派展は全8回開かれたが、全てに参加したのはピサロだけである。第4回印象派展の頃から、主に風景画を描くモネ、ルノワールらの仲間と、風俗画を描くドガとの間でサロンへの立場など様々な問題について意見の対立が顕在化し、ピサロもその調停を試みたがグループの分裂を防ぐことはできなかった。第7回印象派展の開かれた1882年頃には、人物画を中心に描くようになった(→ポントワーズ、オニー(1872年-1884年))。1884年からは、エラニーに住んだ。1885年、若手のジョルジュ・スーラと知り合うと、その点描の技法に感化され、1880年代後半は、周囲の不評にもかかわらず、新印象主義を追求した。最後となる第8回印象派展にスーラの『グランド・ジャット島の日曜日の午後』を出品させたのもピサロであるが、この展覧会は、印象派の終焉を象徴するものとなった。1890年代初めには、点描の限界を感じて新印象派を放棄した。晩年は眼の病気が悪化したこともあり、パリ、ルーアン、ル・アーヴル、ディエップという4都市で、ホテルの部屋などから都市の情景を描く「都市シリーズ」を多く制作している(→エラニー(1884年-1903年))。カミーユ・ピサロ フレッシュアイペディアより)

  • HELLSING

    HELLSINGから見たロンドンロンドン

    陽動作戦によってアーカードを英国から引き剥がしたミレニアムは、帝都ロンドンへの奇襲にも成功。さらにヘルシング機関へ強襲をかけ、ほぼ無力化するが、真の吸血鬼として覚醒したセラスによって強襲部隊は壊滅させられてしまう。その間隙を縫って、イスカリオテは地獄と化したロンドンに侵攻をかけ、ミレニアム、ロンドン市民問わず、殲滅を敢行する。HELLSING フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパにおける政教分離の歴史

    ヨーロッパにおける政教分離の歴史から見たロンドンロンドン

    1603年3月、エリザベス1世死去の報を受けてスコットランド王ジェームズ6世がイングランド王ジェームズ1世として即位し、ステュアート朝を開いた。これにより、イングランドとスコットランドは、別々の議会をもちながらも同じ国王によって統治される同君連合となった。新しい国王に対し、いち早く行動したのは、イングランド国教会からカトリック的要素を一掃し、宗教改革を徹底しようとしたカルヴァン派の人びとであった。彼らはイギリスにおいて「ピューリタン(清教徒)」と呼ばれた。ピューリタンたちは、1603年4月、戴冠のためエディンバラからロンドンに向かうジェームズに対し、「千人請願」という書状を提出し、いっそう徹底した教会改革を進めるよう求めた。これを受けて国王は翌1604年1月、ハンプトン・コート宮殿に各宗派の代表を集め、 を開いた。ところが、この会議でジェームズは「主教なければ国王なし」と述べて、先王エリザベスからの申し渡し事項でもある、国教会体制堅持の姿勢を示した。1605年11月、火薬陰謀事件が起こっている。これは、カトリック教徒が議会に爆薬をしかけ、両院議員と国王とを一緒に爆殺しようという事件で、未然に発覚したものの、ジェームズ1世の姿勢はピューリタンのみならずカトリック教徒からも不満があったことがわかる。ただし、この事件はむしろ、イングランドの人びとが従来もっていた反カトリック感情を刺激する結果となった。これは、スペインやフランスなどのカトリック強国の脅威、ローマ教皇やイエズス会などの圧力に対する反感などに根差した歴史的な感情であった。アルマダの撃退や同君連合の成立などによりカトリックの脅威が相対的に減じるなか、ステュアート朝の王権は現実的な外交関係を展開し、近接する大国であるスペインやフランスに対し融和的に振舞ったことが、かえって議会からの非難を浴びたのである。国王の側も議会からの干渉を嫌い、その招集を極力回避しようとした。ヨーロッパ大陸が三十年戦争の戦乱に陥った際もイギリスは参戦に消極的であったが、その背景には戦費調達のために議会を開会することに王が難色を示したためである。しかし、多くのイギリス人はこの戦争をカトリックとプロテスタントの戦争とみなし、イギリスはプロテスタント側に立って戦うのを期待したのである。国王と宮廷はこうして反カトリック意識の標的とされていった。一方、ジェントリ(「郷紳」、地主層)を母体とする議会の庶民院は、王権は直接神の権利に由来するという「王権神授説」を掲げて議会を軽視しがちな王に対し、イングランド固有の法体系であるコモン・ローを根拠として抵抗した。加えて国王の経済政策も、1620年代の深刻な不況に対して抜本的な対策をおこなわず、むしろ財政難のために諸々の独占権を濫発してジェントリやヨーマン(独立自営農民)の活動を妨げた。彼らは議会に議席を有しており、そのため、議会と国王は対立したのである。なお、このころイギリスはオランダやフランスとともに北アメリカ大陸に進出し、ヴァージニア植民地を皮切りに東部で植民地化を進めていった。植民地最初の定住集落ジェームズタウンは国王ジェームズの名にちなんでいる。ヨーロッパにおける政教分離の歴史 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
12069件中 1 - 10件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード