12069件中 11 - 20件表示
  • フリードリヒ・エンゲルス

    フリードリヒ・エンゲルスから見たロンドンロンドン

    1848年、ドイツの三月革命において、エンゲルスは義勇軍に参加して軍事的才能を発揮したが、敗れてロンドンに逃れ、ひと足早く亡命していたマルクスの近くへと亡命していった。1850年、革命の失敗原因を過去の歴史の教訓にもとめた研究『』を発表した。エンゲルスは革命への参加のゆえに勘当されていたが、生活難の打開のために父に頭を下げて事業に復帰を果たす。その後マルクスに経済援助を続け、1850年から69年にかけて自らは事業に励んでその研究を助けていく。1864年に英仏の労働者が結束して「国際労働者協会」第一インターナショナルを組織すると、エンゲルスはマルクスが活動に参加して理論的指導をおこない、内部の各派閥を整理統合するよう促した。マルクスは1867年『資本論』を発表、資本主義経済内部で資本がどのように労働を搾取して利潤を作り出すか、経済の運動法則を明らかにした。エンゲルスは実業の世界を引退してロンドンに転居し、マルクスとともに1869年にドイツで結成されたの指導にあたった。エンゲルスは自然科学の研究にも熱心に取り組んで『』の準備を進めたほか、1878年には『反デューリング論』を執筆して、マルクス理論の擁護者として理論を誤解するものや逸脱するものに対する批判に力を注いだ。フリードリヒ・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • クロード・モネ

    クロード・モネから見たロンドンロンドン

    ファイル:Claude Monet 002.jpg |『トルヴィルの浜辺』1870年。油彩、キャンバス、38 × 46.5 cm。ナショナル・ギャラリー(ロンドン)(W158)。クロード・モネ フレッシュアイペディアより)

  • ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス

    ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレスから見たロンドンロンドン

    ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス(Venice Simplon-Orient-Express, 略称VSOE)は、ベルモンド社(2014年にオリエント・エクスプレス・ホテルズから改称)が運行しているヨーロッパの観光列車である。2012年現在では、通常はロンドン - 間およびカレー - パリ - ヴェネツィア(ベニス)間で運行されている。イギリスと大陸では別の編成を利用している。車両は主に1920年代に製造され、国際寝台車会社(ワゴン・リ)や英国プルマン社の豪華列車で用いられていた寝台車、食堂車、サロン車(パーラー・カー、プルマン車)などである。ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 井尻愛紗

    井尻愛紗から見たロンドンロンドン

    井尻 愛紗(いじり あいさ、AISA IJIRI 1981年4月20日 - )は、日本のピアニスト。2010年スタインウェイ・アンド・サンズ社より最年少日本人スタインウェイ・アーティストとして認定され、2014年にはEuropean Commission (欧州委員会) より英国代表アーティストに推薦された、ロンドン在住のピアニスト。井尻愛紗 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たロンドンロンドン

    ペスト菌の存在がわからなかった時代には大流行のたびに原因が特定の人びとにおしつけられ、魔女狩りが行われたり、特にユダヤ教徒をスケープゴートとして迫害する事件が続発した。清教徒革命を経て王政復古後のロンドンで1665年に流行したペストでは、およそ7万人が亡くなっており、のちに『ロビンソン・クルーソー』を刊行して有名になったダニエル・デフォーは、『疫病の年』("A Journal of the Plague Year", 1722年)を著して当時の状況を克明に描写している。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ピーテル・パウル・ルーベンス

    ピーテル・パウル・ルーベンスから見たロンドンロンドン

    File:Peter Paul Rubens - The Judgment of Paris - WGA20307.jpg|『パリスの審判』(1601年頃)ナショナル・ギャラリー(ロンドンピーテル・パウル・ルーベンス フレッシュアイペディアより)

  • サロン・ド・パリ

    サロン・ド・パリから見たロンドンロンドン

    ファイル:John Constable The Hay Wain.jpg|コンスタブル『干草車』1821年。油彩、キャンバス、130.2 × 185.4 cm。ナショナル・ギャラリー(ロンドン)。サロン・ド・パリ フレッシュアイペディアより)

  • 松方コレクション

    松方コレクションから見たロンドンロンドン

    第一次世界大戦に伴う船舶需要の高まりを受け、松方は積極経営で業績を拡大していった。松方が美術品収集を開始したのは、1916年(大正5年)3月から1918年にかけての欧州滞在時のことである。松方はアメリカ経由でロンドンへ向かったが、この渡航は、川崎造船所のために貨物船の売り込みや鉄などの資材の買付をすることが主目的であった。松方コレクション フレッシュアイペディアより)

  • マリー・タッソー

    マリー・タッソーから見たロンドンロンドン

    マリー・タッソー(Marie Tussaud, 1761年12月1日 - 1850年4月16日)は、フランスの蝋人形作家。マダム・タッソー(Madame Tussaud, タッソー夫人)の呼び名と、ロンドンにマダム・タッソー館を設立したことで知られる。マリー・タッソー フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ベッカム

    デビッド・ベッカムから見たロンドンロンドン

    1975年5月2日、ロンドン北東部に位置する下町レイトンストーンに配管工(鉛管工)の父デイヴィッド・エドワード・ベッカムと美容師の母サンドラの間に長男として生まれた。後に一家はさらに北へ行ったチングフォードに引っ越し、ベッカムはここで少年時代を過ごしている。兄弟は、姉のリン(1972年 - )と妹のジョアン(1980年 - )がいる。デビッド・ベッカム フレッシュアイペディアより)

12069件中 11 - 20件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード