12069件中 31 - 40件表示
  • ウェールズ

    ウェールズから見たロンドンロンドン

    ウェールズの鉄道はカーディフ中央駅をネットワークの中心として、国中に広がっている。ウェールズ議会が鉄道網の監督をしている。旅客鉄道会社としてはウェールズ全域を運行するアリーヴァ・トレインズ・ウェールズの他、ヴァージン・トレインズが北部からロンドンへ、ファースト・グレート・ウェスタン(ブリストル・ロンドン方面)、クロスカントリー・トレインズ(旧セントラル・トレインズの(カーディフ-バーミンガム-ノッティンガム)が南部に乗り入れている。ウェールズ フレッシュアイペディアより)

  • スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

    スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師から見たロンドンロンドン

    『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(スウィーニー・トッド フリートがいのあくまのりはつし、)は2007年にイギリス・アメリカで製作された、ティム・バートン監督のミュージカル・ファンタジー・ホラー映画。作品は、スティーヴン・ソンドハイムとが手掛け、トニー賞を獲得した1979年の同名ミュージカルを原案にしたもので、腕のいい理髪師ながら、愛用ので客を次々殺めていくスウィーニー・トッドと、それを助け犠牲者の肉をミートパイにしていたを描く、ヴィクトリア朝のロンドン・フリート街を舞台としたメロドラマ風作品である。スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 フレッシュアイペディアより)

  • Mr.ビーン

    Mr.ビーンから見たロンドンロンドン

    第1話「ミスター・ビーン」を除いて、オープニングの映像は天から射すスポットライトの中をビーンがうつぶせになって落ちてくるというものである。初期のオープニングは背景のないモノクロの映像が用いられたが、後期のオープニングではロンドン郊外にある高級住宅地リッチモンドの石畳やセント・ポール大聖堂をモチーフにした背景が付け足され、映像もカラーになった。Mr.ビーン フレッシュアイペディアより)

  • ピエール=オーギュスト・ルノワール

    ピエール=オーギュスト・ルノワールから見たロンドンロンドン

    ファイル:Pierre-Auguste Renoir - Odalisque.jpg|『アルジェの女(オダリスク)』1870年。油彩、キャンバス、69.2 × 122.6 cm。ナショナル・ギャラリー(ロンドン)。1870年サロン入選。ピエール=オーギュスト・ルノワール フレッシュアイペディアより)

  • サヴィル・ロウ

    サヴィル・ロウから見たロンドンロンドン

    サヴィル・ロウ(Savile Row)は、イギリス・ロンドン中心部のメイフェアにある通り。オーダーメイドの名門高級紳士服店が集中していることで有名。サヴィル・ロウ フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・クリスティアン・バッハ

    ヨハン・クリスティアン・バッハから見たロンドンロンドン

    バッハ一族の音楽伝統とイタリアの新しい趣味を幼いモーツァルトに伝えたことで有名。モーツァルトが手紙等で単に「バッハ」と記した場合、ヨハン・ゼバスティアンではなく、クリスティアンを指すことはよく知られている。バッハ一族では唯一のオペラ作曲家にして、生前に国際的名声を得た音楽家である。兄カール・フィリップ・エマヌエルが、ハンブルクにおいてテレマンの後継者になったように、ヨハン・クリスティアンはロンドンでヘンデルの後継者となった。そのことから、他の一族と区別するため、「ロンドンのバッハ」とも言われる。バッハ一族には、彼のほかに同じ名前の人間が2人いたが、2人とも音楽家にはならなかった。前古典派の典型例として扱われることが多いが、実際にはドイツとイタリアとイギリスの伝統を攪拌した存在であった。ヨハン・クリスティアン・バッハ フレッシュアイペディアより)

  • クリス・スティール=パーキンス

    クリス・スティール=パーキンスから見たロンドンロンドン

    "The Face of Bengal". Camerawork Gallery (ロンドン)、1974年。クリス・スティール=パーキンス フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク

    ニューヨークから見たロンドンロンドン

    ロンドンと並ぶ世界トップクラスの世界都市、金融センターであり、世界の商業、文化、ファッション、エンターテインメントなどに多大な影響を及ぼしている。ニューヨーク フレッシュアイペディアより)

  • ユニコーン

    ユニコーンから見たロンドンロンドン

    ロンドンの薬局協会の紋章には、二頭の金のユニコーンがサポーターとして描かれているが、ライオンの尾ではなくウマの尾である。ユニコーン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ファウラー

    ジョン・ファウラーから見たロンドンロンドン

    初代準男爵サー・ジョン・ファウラー(Sir John Fowler, 1st Baronet, KCMG, LLD, FRSE、1817年7月15日 - 1898年11月20日)は、鉄道やそのインフラストラクチャーの建設を専門としたイングランドの土木技術者。1850年代から1860年代にかけて、ファウラーは世界最初の地下鉄道であるロンドンのメトロポリタン鉄道の建設にあたり、開削工法によって都市内の街路の下に鉄道を設けた。1880年代には、フォース鉄道橋建設の主任技術者となり、1890年にこれを開通させた。ファウラーの経歴は長く、輝かしいものであり、19世紀の鉄道拡張の大部分に渡流とともに、イギリスや諸外国の数多くの会社や政府に技術者、顧問、コンサルタントとして関わるものであった。ファウラーは、1865年から1867年にかけてイギリス土木学会の会長を最年少で務め、その業績はヴィクトリア朝の技術遺産を代表するものとなっている。ジョン・ファウラー フレッシュアイペディアより)

12069件中 31 - 40件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード