8681件中 31 - 40件表示
  • 2009年のイギリス

    2009年のイギリスから見たロンドンロンドン

    1月31日 - 中国の温家宝首相、ロンドン訪問。イギリスは、温家宝首相の欧州5カ国歴訪の最後の訪問国 。2009年のイギリス フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・フィリップス (外交官)

    ウィリアム・フィリップス (外交官)から見たロンドンロンドン

    1878年、フィリップスはマサチューセッツ州ベヴァリーにおいて誕生した。フィリップスは1900年にハーバード大学に入学し、1903年にハーバード大学法学大学院を卒業した。大学院卒業後、フィリップスは駐イギリス大使ジョーゼフ・ホッジス・チョートの下で事務員となり、ロンドンで公職生活を開始した。フィリップスとチョートは、マサチューセッツ州時代に家族ぐるみの親交があった。ウィリアム・フィリップス (外交官) フレッシュアイペディアより)

  • 水上健也

    水上健也から見たロンドンロンドン

    東京都出身。東京外国語大学フランス語学科卒業。1947年4月、読売新聞社入社。主に外報部(現国際部)で活躍。海外特派員としてジュネーヴ、ロンドン、パリ各特派員を経た後、欧州総局ロンドン支局長として活躍した。1982年に取締役編集局長に就任。以来、海外の要人への取材を重ね、1986年にはフランスのフランソワ・ミッテラン大統領やアメリカのロナルド・レーガン大統領の単独会見を行った。水上健也 フレッシュアイペディアより)

  • ヨー!スーシ

    ヨー!スーシから見たロンドンロンドン

    1980年代にイギリス国内で健康食品に対する注目が集まり、ロンドンを中心とするイギリス国内で、寿司をはじめとする日本料理店が増加した。さらに1990年代に入り、イギリスにおいて日本の現代文化に対する広範な興味が広がった中で、実業家のサイモン・ウッドロフが日本の回転寿司店をイギリスで展開することを考え付いた。ヨー!スーシ フレッシュアイペディアより)

  • 正義者同盟

    正義者同盟から見たロンドンロンドン

    このため主要な指導部はパリを離れ、カール・シャッパーはロンドンで、ヴィルヘルム・ヴァイトリングはスイスで新たな活動を展開するに至る。同盟はその後も中央本部をパリに置くが、指導部はエヴァーベックに委ねられることになり、カール・シャッパーとエヴァーベックが主たる指導部として機能するようになる。彼らは武装蜂起失敗の教訓から、労働者の長期的な教育・啓蒙活動を新たな同盟の路線とした。正義者同盟 フレッシュアイペディアより)

  • セザール・リッツ

    セザール・リッツから見たロンドンロンドン

    セザール・リッツ(César Ritz、1850年2月23日 - 1918年10月24日)は、スイス・フランスの実業家。ホテルリッツ(パリ)、リッツ・ロンドンとカールトンホテル(ロンドン)の経営で大成功を収め、「ホテル王」(king of hoteliers, and hotelier to kings)と呼ばれた。現在もヨーロッパ各地に残る各地の「リッツ・ホテル」にその名を残している。セザール・リッツ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア・ベッカム

    ヴィクトリア・ベッカムから見たロンドンロンドン

    夫のデビッド・ベッカムとの間にブルックリン(1999年、ロンドン生まれ)、ロメオ(2002年、ロンドン生まれ)、クルーズ(2005年、マドリード生まれ)、ハーパー・セブン(2011年、ロンドン生まれ)という3人の息子と1人の娘に恵まれた。彼らのゴッドファーザーはエルトン・ジョンで、ゴッドマザーはエリザベス・ハーレーである 。ヴィクトリア・ベッカム フレッシュアイペディアより)

  • E15号線

    E15号線から見たロンドンロンドン

    E15号線(英語:European route E15)は欧州自動車道路のAクラス幹線道路。ヨーロッパを南北に走っており、基準道路となっている。イギリス、スコットランドのインヴァネスからスペインのアルヘシラスまで繋がっている。パリ、ロンドンを通り、CTRL、LGV北線と平行に走っている。E15号線 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年夏季オリンピックの開催地選考

    2016年夏季オリンピックの開催地選考から見たロンドンロンドン

    マドリードは2012年夏季オリンピックにも立候補したが、ロンドン、パリに次いで3番目の得票で敗れた。その後、スペインオリンピック委員会会長などを中心に2016年夏季オリンピック開催地立候補に意欲を示し、サマランチ前IOC会長などの意向も仰ぎ、2大会連続の立候補を行った。開催期間は8月5日?8月21日で、半径12km以内に2つの競技会場群を配置し、そこにほとんどの会場をおさめる計画を打ち出した。宿泊施設は市内に約6万5000室あり、競技会場の7割は既存施設という低コスト計画となった。特に、マドリードの強みは国民及び市民の世論で、IOCや招致委員会の支持率でも8割?9割という高い支持率で、立候補4都市の中でも最も高い支持率となった。また、王室や政府の支援も強固で、さらにはアクセスの良好な交通面にも高い評価を得て、IOC理事会による1次選考では東京に次いで2番目に高い評価で通過した。マドリードの抱える課題としては、2012年夏季オリンピックが同じヨーロッパであるイギリスのロンドン、2014年冬季オリンピックも同じヨーロッパに含まれるロシアのソチで開催が決まったため、同じ大陸での連続開催は難しいということがあった。歴史的に見ても、1952年のヘルシンキオリンピック以降、夏季オリンピックは連続で同地域で開催されたことはない。また、スペインでは2004年にスペイン列車爆破事件も起きており、治安に関する懸念も存在していた。これらの課題に対しマドリード招致委員会は、大陸のローテーションではなく文化のローテーションを訴えた。当初から有力視されていなかったが、総会にフアン・カルロス1世国王が登壇したことや、サマランチ前会長の影響力によって一定の票が集まり、リオデジャネイロとの決選投票までもつれこんだ。招致ロゴは手をモチーフにオリンピックカラーの5色と、マドリードの頭文字Mを描いたものである。2016年夏季オリンピックの開催地選考 フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・リヴァイヴァル建築

    ゴシック・リヴァイヴァル建築から見たロンドンロンドン

    1750年、ホレス・ウォルポールはロンドン近郊のストロベリー・ヒルの別荘を、彼の著作『オトラント城奇譚』そのままに改築し、ゴシック建築をイギリスの田園邸宅として確立した。彼にとっては、ゴシック建築とは18世紀のロココ建築の軽薄さにはない本質的な美を与えてくれるものであったが、その着想のほとんどは実際の建築ではなく、文献や図版から得たものである。ストロベリー・ヒルの建設にもかかわった建築家ジェームズ・ワイアットは、1796年に建設したウィルトシャのフォントヒル・アビーにおいて細部までも緻密なゴシック建築を設計したが、この時点では、ゴシック建築はまだ風景式庭園の中に存在する点景物の域をでておらず、実質的にはゴシック・サヴァイヴァルと考えられる。ゴシック・リヴァイヴァル建築 フレッシュアイペディアより)

8681件中 31 - 40件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード