12069件中 41 - 50件表示
  • フェルディナント・リース

    フェルディナント・リースから見たロンドンロンドン

    それでもなお、リースは音楽活動のための新天地を求め、「ストックホルムを経由して、ロンドンへ、そして多分アメリカへ行くだろう」と手紙に書き残している。最後の「アメリカ」という言葉がどこまで真意であったかは不明であるが、「ストックホルム」「ロンドン」への訪問については、早くも翌年に叶えられることになる。リースは、1813年初頭に再びストックホルムに戻る。2月にはスウェーデン王立音楽アカデミーのメンバーに選出され、3月14日には、リースの最大の出世作といえる「ピアノ協奏曲第3番 Op.55」を演奏。数々の大きな成果を手中にしていった。フェルディナント・リース フレッシュアイペディアより)

  • フィンセント・ファン・ゴッホ

    フィンセント・ファン・ゴッホから見たロンドンロンドン

    ファン・ゴッホは、1853年、オランダ南部のズンデルトで牧師の家に生まれた(出生、少年時代)。1869年、画商グーピル商会に勤め始め、ハーグ、ロンドン、パリで働くが、1876年、商会を解雇された(グーピル商会)。その後イギリスで教師として働いたりオランダのドルトレヒトの書店で働いたりするうちに聖職者を志すようになり、1877年、アムステルダムで神学部の受験勉強を始めるが挫折した。1878年末以降、ベルギーの炭坑地帯ボリナージュ地方で伝道活動を行ううち、画家を目指すことを決意した(聖職者への志望)。以降、オランダのエッテン(1881年4月-12月)、ハーグ(1882年1月-1883年9月)、ニューネン(1883年12月-1885年11月)、ベルギーのアントウェルペン(1885年11月-1886年2月)と移り、弟テオドルス(通称テオ)の援助を受けながら画作を続けた。オランダ時代には、貧しい農民の生活を描いた暗い色調の絵が多く、ニューネンで制作した『ジャガイモを食べる人々』はこの時代の主要作品である。フィンセント・ファン・ゴッホ フレッシュアイペディアより)

  • LIVE 8

    LIVE 8から見たロンドンロンドン

    東京とロンドン、フィラデルフィア、パリ、ローマ、ベルリン、トロント、ヨハネスブルグ、エディンバラ、モスクワの8都市で行なわれた。LIVE 8 フレッシュアイペディアより)

  • ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)

    ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)から見たロンドンロンドン

    『ブリジット・ジョーンズの日記』(ブリジット・ジョーンズのにっき、)は、2001年に公開されたイギリス・アメリカ合衆国・フランスのロマンティック・コメディ映画で、が監督、リチャード・カーティス、、ヘレン・フィールディングの3名が脚本を担当した。作品は、ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』をベースに、1996年にフィールディングが発表した同名小説を原作にしている。主人公のをレネー・ゼルウィガーが演じ、お下劣な上司のダニエル・クリーヴァーをヒュー・グラント、またブリジットにとって真実の恋人となるマーク・ダーシーをコリン・ファースが演じた。制作は2000年8月から11月にかけて行われ、ロンドンやその周辺ので多くのシーンが撮影された。ワールド・プレミアは2001年4月2日にニューヨーク、4月4日にイギリスで行われ、2001年4月13日にイギリス・アメリカ合衆国で同時公開されたほか、日本では同年9月12日に劇場公開された。ブリジット・ジョーンズの日記 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 布袋寅泰

    布袋寅泰から見たロンドンロンドン

    群馬県高崎市江木町出身。ロンドン在住。BOØWY時代のビーイング、Ø-con' nection、ユイ音楽工房、ソロ活動後のIRc2 CORPORATIONを経て、渡英後はDADA MUSICに所属。同事務所の代表取締役社長も務める。布袋寅泰 フレッシュアイペディアより)

  • イングランド

    イングランドから見たロンドンロンドン

    イングランドの地方行政制度は時の政府の政策によって変遷が激しく、歴史的な実態と必ずしも対応していない。たとえば、ロンドン市役所はサッチャー政権によって廃止され、一種の区役所のみが正規の行政組織として機能していたが、2000年にブレア政権によってグレーター・ロンドン地域として復活した。イングランド フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見たロンドンロンドン

    1月17日 - ロンドン・ヒースロー空港で、ブリティッシュ・エアウェイズ38便ボーイング777が失速し滑走路手前の緑地に着陸、左主翼などを破損し、17人が負傷(→ブリティッシュ・エアウェイズ38便事故)。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • 香港

    香港から見たロンドンロンドン

    香港は世界都市であり、アルファ +の都市の1つである。ロンドン及びニューヨーク、シンガポール、東京と並び、世界的に重要な国際金融センターに格付けされ、低税率及び自由貿易を特徴とする重要な資本サービス経済を有し、通貨の香港ドルは世界第8位の取引高を有する。香港 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空

    日本航空から見たロンドンロンドン

    現在では羽田空港の再国際化に伴い、大幅に国際線就航都市を増やしたANAと日本国民のニーズに協力して応える体制が確立され、かつて20世紀に双発機に課されていた渡洋飛行規制ETOPSが大幅緩和された事もあり、連続飛行による航続距離が大幅に向上した中型機材B787(ドリームライナー)の保有機数増加も大きな要素として働き、2015年末時点でのJAL及びANA両社を合計した日本発着による直行国際便就航地は、西側としての国策的な関係もあり、国際線の運航が日本エアシステム(JAS)合併以前の日本航空による事実上の寡占状態であった冷戦時代よりも大幅に増えている。2013年頃から日本にも本格的に進出した国外格安航空会社による東アジア及び東南アジア各地への独自路線開設が相次ぎ、首都圏を経由せず海外に渡航する事が容易となり、一般国民による個人旅行としての海外旅行は、バブル経済期以前と比べさらに気軽に楽しめるようになった。日本航空の自社運航便としても、東京/羽田空港発着英国/ロンドン・ヒースロー空港線が高搭乗率を維持しており、2015年11月からは、2001年以来の約14年ぶりの復活となる成田国際空港発着テキサス州ダラス・フォートワース線を開設した。北米大陸路線については大型機材で運航するアメリカ合衆国/ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港やマサチューセッツ州・ボストンへの直行便に次ぐ主力路線として、最新鋭機材B787-8型機の新仕様機材である「JAL SKY SUITE 787」で運航するアメリカ合衆国南部への主力路線として運航している。同空港からの国際線運航便数は、13路線・1日20便(2015冬ダイヤから中国路線増便のため)となっており、首都圏発着以外の自社国際便では大阪府泉佐野市の関西国際空港発着便や愛知県常滑市の中部国際空港発着便などの三大都市圏発着国際線も高い定時出発率を維持しており、さらに地方空港からの各方面に向けた国際チャーター便も頻繁に運航している。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • 水上健也

    水上健也から見たロンドンロンドン

    東京都出身。東京外国語大学フランス語学科卒業。1947年4月、読売新聞社入社。主に外報部(現国際部)で活躍。海外特派員としてジュネーヴ、ロンドン、パリ各特派員を経た後、欧州総局ロンドン支局長として活躍した。1982年に取締役編集局長に就任。以来、海外の要人への取材を重ね、1986年にはフランスのフランソワ・ミッテラン大統領やアメリカのロナルド・レーガン大統領の単独会見を行った。水上健也 フレッシュアイペディアより)

12069件中 41 - 50件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード