12069件中 71 - 80件表示
  • ロンドン・ウォール

    ロンドン・ウォールから見たロンドンロンドン

    ロンドン・ウォール () は、紀元後2世紀頃からローマ人によりロンディニウムの周辺に作られた防御壁であり、その後18世紀まで維持された。ロンディニウムは現在のロンドンを流れるテムズ川沿岸にあり、ローマ人にとって戦略的に重要な港町であった。ロンドン・ウォール フレッシュアイペディアより)

  • マイアー・アムシェル・ロートシルト

    マイアー・アムシェル・ロートシルトから見たロンドンロンドン

    フランクフルトで古銭商人としてスタートし、ヘッセン=カッセル方伯(ヘッセン選帝侯)家の御用商人の銀行家となったことで成功のきっかけを掴み、ナポレオン戦争で大きな財を成した。彼の5人の息子たちはフランクフルト(長男アムシェル)、ウィーン(次男ザロモン)、ロンドン(三男ネイサン)、ナポリ(四男カール)、パリ(五男ジェームス)の5か所に分かれて事業を行い、それぞれ5家のロートシルト家の祖となった。マイアー・アムシェル・ロートシルト フレッシュアイペディアより)

  • サム・ワナメイカー

    サム・ワナメイカーから見たロンドンロンドン

    1950年代初頭のイギリスで『Mr. Denning Drives North』を撮影した後、下院非米活動委員会(HUAC)のブラック・リストに載せられたと知り、ワナメイカーは帰米を拒否、以後はイギリスに移住、ロンドンで活躍した。サム・ワナメイカー フレッシュアイペディアより)

  • 死を呼ぶ暗号

    死を呼ぶ暗号から見たロンドンロンドン

    原典中で暗号が扱われる作品としては『踊る人形』と『恐怖の谷』が有名である。ドラマのように本を使った暗号は、『恐怖の谷』冒頭に出てくる。「誰でも持っているような本」として、原典では、ドラマでは"LONDON A-Z"(ロンドンのストリート名などを詳細に記した地図)が使われる。また、あちらこちらに謎の暗号が残されている点は、『踊る人形』での暗号と類似している。死を呼ぶ暗号 フレッシュアイペディアより)

  • 内田光子

    内田光子から見たロンドンロンドン

    1971年、英国ウィグモア・ホールでの演奏会にて、ロンドン・デビュー。1972年に拠点をロンドンに移す。ヨーロッパを中心に活動するが、1970年代は不遇の時代であった。東芝EMIなどで細々と録音していたが、大手レコード会社からのオファーは全くなかった。日本では、演奏会を開くことすらままならず、両親がチケットを売りさばくことに苦心していた。本人は「私は日本の音楽大学を出ていなかったから…」と当時を振り返っていた。自主開催や労音などの地方公演、恩師である松岡貞子の配慮で開催していた科学技術館・サイエンスホールにおける公開レッスンなど、金銭面では有難かったが非常に不本意な時代だったと回想している。内田光子 フレッシュアイペディアより)

  • ベルグレービアの醜聞

    ベルグレービアの醜聞から見たロンドンロンドン

    後日シャーロックは、レストレードから、放置車両のトランクで見つかった遺体の件を依頼される。遺体の男性は、デュッセルドルフ行きの飛行機へ搭乗手続きを行なっていたが、何故かロンドンで発見された。更に彼の搭乗するはずだった便は、爆弾テロにより墜落していた。シャーロックは現場に赴くが、推論を絞り込めない。ベルグレービアの醜聞 フレッシュアイペディアより)

  • パンク・ロック

    パンク・ロックから見たロンドンロンドン

    アメリカのニューヨークのボヘミアン的なロック・シーンに産声を上げ(ラモーンズ、パティ・スミスなど)、1976年にはその影響を受けたセックス・ピストルズがイギリスのロンドンでデビュー。その後、イギリスに同傾向のバンドが続々と登場し、ロックの一時代を築いた。当初は反体制的、または左翼的なメッセージを歌うバンドが多かったが、次第に政治的な色彩は弱まっていった。パンクの音楽性の一部はニュー・ウェイヴに引き継がれた。パンク・ロック フレッシュアイペディアより)

  • 空の霊柩車

    空の霊柩車から見たロンドンロンドン

    シャーロックの「自殺」から2年が経ち、法廷ではシャーロックの潔白が証明される。親友の死に傷付き、221Bを離れたジョンは、メアリーという人生の伴侶を見つけていた。一方のシャーロックはマイクロフトに、セルビアでの潜入任務を終わらせるよう求められる。ロンドンの地下組織による大規模なテロ計画を食い止めるため、シャーロックは帰国する。空の霊柩車 フレッシュアイペディアより)

  • UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝

    UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝から見たロンドンロンドン

    UEFAチャンピオンズリーグ2012-13 決勝(-けっしょう、)は、欧州サッカー連盟(UEFA)により開催されるUEFAチャンピオンズリーグ 2012-13の決勝戦であり、21回目のUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦である。(UEFAチャンピオンズカップ時代を含めると58回目。)試合は2013年5月25日土曜日にロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催された。UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝 フレッシュアイペディアより)

  • 深夜特急

    深夜特急から見たロンドンロンドン

    インドのデリーから、イギリスのロンドンまでを、バス(特に路線バス、高速バスなどの乗り合いバス)だけを使って一人旅をするという目的で日本を飛び出した主人公「私」の物語であり、筆者自身の旅行体験に基づいている。深夜特急 フレッシュアイペディアより)

12069件中 71 - 80件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード