12069件中 81 - 90件表示
  • クリッシー・ハインド

    クリッシー・ハインドから見たロンドンロンドン

    ヒッピー文化の影響を受けたハインドは、ロンドンにあるマルコム・マクラーレンとヴィヴィアン・ウエストウッドのパンクスタイルの衣料品店SEXで働いた。1978年には、ピート・ファーンドンやジェイムス・ハニーマン・スコット、マーティン・チェンバースとバンド・プリテンダーズを結成し、ハインドはシンガーとソングライター、ギタリストを担当した。ハインドはプリテンダーズ以外の活動として、フランク・シナトラやUB40など他のミュージシャンと共演して、いくつかヒット曲を出している。ハインドとプリテンダーズは、2005年にロックの殿堂入りを果たしている。クリッシー・ハインド フレッシュアイペディアより)

  • ウィザーズ・ブレイン

    ウィザーズ・ブレインから見たロンドンロンドン

    真実の扉が開かれはじめる。シティ・ニューデリーの事件からひと月。〔賢人会議〕は軍事演習を隠れ蓑に北極上空に展開するシンガポール自治軍と接触を図る。一方シティ・ロンドンを訪れた錬とフィアだが、エド、ファンメイにはシンガポール軍牽制のため、北極への出撃命令が下っていた。同じ頃、大気制御衛星の謎を追って北極にたどり着いたヘイズとクレアの前に現れたのは…。ウィザーズ・ブレイン フレッシュアイペディアより)

  • ドリトル先生シリーズの登場キャラクター

    ドリトル先生シリーズの登場キャラクターから見たロンドンロンドン

    ロンドン生まれで、雪の季節しか出歩けないなど困窮していた。他のネズミと同じように黒い体毛が欲するが手違いで青い染料壺に飛びこんでしまい、ドリトル先生の治療を受けてからドリトル家のピアノをねぐらにしている。先生の庭の「動物園」の市長と「ネズミ・クラブ」の会長を兼務する。ドリトル先生シリーズの登場キャラクター フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴスラビア王国

    ユーゴスラビア王国から見たロンドンロンドン

    ユーゴスラビア王国政府はロンドンに亡命政権を樹立して対ドイツの抵抗運動を展開したが、実際に運動を指導したのはヨシップ・ブロズ・ティトー(後のユーゴスラビア連邦大統領)率いるパルチザンであった。ティトー主導で1943年に成立したユーゴスラビア民主連邦は独力での抵抗運動を続け、ナチス・ドイツの敗戦後、国王ペータル2世の帰国を拒否した。1945年には正式に国家としてのユーゴスラビア連邦人民共和国が成立し、ユーゴスラビア王国は名実ともに消滅した。ユーゴスラビア王国 フレッシュアイペディアより)

  • ビヨンセ

    ビヨンセから見たロンドンロンドン

    このアルバムの大成功により、2003年11月に初のソロツアー「デンジャラスリィ・イン・ラブ・ツアー」(Dangerously in Love Tour) を行い、イギリス、アイルランド、オランダの3か国を廻った。11月10日のロンドンのウェンブリー・アリーナでのコンサートの模様は、翌年2004年のライブアルバム『ライヴ・アット・ウェンブリー』(Live at Wembley) に収録された。ビヨンセ フレッシュアイペディアより)

  • ドロシー・サヴィル (バーリントン伯爵夫人)

    ドロシー・サヴィル (バーリントン伯爵夫人)から見たロンドンロンドン

    結婚してまもなく、ボイルはチジック・ハウスとその周辺の改築を始めた。二人はまたイースト・ライディング・オブ・ヨークシャーのロンデスボロー・ホール (Londesborough Hall) (英語版) やロンドンのバーリントン・ハウス で暮らした。ドロシー・サヴィル (バーリントン伯爵夫人) フレッシュアイペディアより)

  • マダム・タッソー館

    マダム・タッソー館から見たロンドンロンドン

    マダム・タッソー館(Madame Tussauds)は、イギリスのロンドンにある蝋人形館。ロンドンの観光名所のひとつ。後述するとおり、世界各地に分館があり、日本においても東京都港区台場のデックス東京ビーチ内に分館の1つである「マダム・タッソー東京」がある。マダム・タッソー館 フレッシュアイペディアより)

  • タウンハウス (イギリス)

    タウンハウス (イギリス)から見たロンドンロンドン

    イギリスにおけるタウンハウス () とは、貴族の町や市、多くの場合ロンドンでの居宅をいい、彼らの地方でのより大きく荘厳な邸宅であるカントリー・ハウスと対をなすものである。ロンドンの最も大きなタウンハウスのいくつかは単独の建物であったが、多くは集合住宅 (テラスハウス) だった。タウンハウス (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • GUITARHYTHM II

    GUITARHYTHM IIから見たロンドンロンドン

    本作の楽曲制作及びレコーディングをするに当たり、単身渡英。ロンドンで生活を始め、全楽曲を1ヶ月で完成させた。COMPLEXのラストライブ翌日には飛行機に乗っていたという。リリース後には、ソロキャリアでは初となる全国ツアーも行われた。GUITARHYTHM II フレッシュアイペディアより)

  • 胸いっぱいの愛を

    胸いっぱいの愛をから見たロンドンロンドン

    「胸いっぱいの愛を」は、ロンドンのオリンピック・スタジオで録音され、ニューヨークのA&Rスタジオ(A&R Studios)でミキシングされた。早くからライブでは演奏されていた曲であったが、最初に公式リリースされたのは、1969年10月22日にLP『Led Zeppelin II』 (Atlantic LP #8236)の収録曲としてであった。胸いっぱいの愛を フレッシュアイペディアより)

12069件中 81 - 90件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード