8681件中 81 - 90件表示
  • 共産党宣言

    共産党宣言から見たロンドンロンドン

    6月の第1回大会の半年後、同盟の第2回大会が1847年11月29日から12月8日にかけてロンドンで行われた(これにはマルクス、エンゲルスも出席している)。エンゲルスは大会直前の1847年11月23日付の書簡で「問答形式をやめ、共産主義者宣言という題」にする方がよいという趣旨をマルクスに伝えた。それに対し同盟幹部は1847年11月の組織再編大会で採択した規約において「党の名のもとに宣言を発布する」としていた。共産党宣言 フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空

    日本航空から見たロンドンロンドン

    国内線には日本採用の客室乗務員しか乗務しないものの、多くの国際線の路線においては日本採用の客室乗務員のほかに、香港採用、上海採用、シンガポール採用、バンコク採用(旧JALウェイズから転籍)、台北採用(旧日本アジア航空から転籍)、ヨーロッパ採用(フランクフルトとロンドン)採用の客室乗務員がおり、各採用地を拠点に乗務している。また、サービス等は行わない機内通訳として、ソウル採用のスタッフも、日韓線の一部に乗務している。これらの客室乗務員は日本語や英語の訓練も受けており、現地語以外にも日本語や英語で基本的な会話が可能である。日本航空 フレッシュアイペディアより)

  • 布袋寅泰

    布袋寅泰から見たロンドンロンドン

    IRc2 CORPORATION所属。身長187cm。2012年夏よりイギリス・ロンドン在住。布袋寅泰 フレッシュアイペディアより)

  • 観覧車

    観覧車から見たロンドンロンドン

    1895年:Great Wheel(94m、イギリス ロンドン)は、1894年に着工し1895年7月17日に開業した。1906年まで営業し、1907年に解体された。延べ250万人以上が利用した。観覧車 フレッシュアイペディアより)

  • ガンズ・アンド・ローゼズ

    ガンズ・アンド・ローゼズから見たロンドンロンドン

    1965年7月23日、イングランド・ロンドン出身。本名Saul Hudson。ガンズ・アンド・ローゼズ フレッシュアイペディアより)

  • フィンセント・ファン・ゴッホ

    フィンセント・ファン・ゴッホから見たロンドンロンドン

    ゴッホは、1853年、オランダ南部のズンデルトで牧師の家に生まれた。1869年、画商グーピル商会に勤め始め、ハーグ、ロンドン、パリで働くが、1876年、商会を解雇され、その後イギリスで教師として働いたりオランダのドルトレヒトの書店で働いたりした(→前半生)。1877年、聖職者を志してアムステルダムで神学部の受験勉強を行うが挫折し、1878年末以降、ベルギーの炭坑地帯ボリナージュ地方で伝道活動を行ううち、画家を目指すことを決意した(→聖職者への志望)。以降、オランダのエッテン(1881年4月-12月)、ハーグ(1882年1月-1883年9月)、ニューネン(1883年12月-1885年11月)、ベルギーのアントウェルペン(1885年11月-1886年2月)と移り、弟テオドルス(通称テオ)の援助を受けながら画作を続けた。オランダ時代には、貧しい農民の生活を描いた暗い色調の絵が多く、ニューネンで制作した「ジャガイモを食べる人々」はこの時代の主要作品である。フィンセント・ファン・ゴッホ フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の政治

    1984年の政治から見たロンドンロンドン

    4月17日 - ロンドンのリビア人民代表部(大使館)から反カダフィ派リビア人のデモに対して銃撃。婦人警官1名が死亡、デモ参加者11名が重軽傷を負う。1984年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ナサニエル・ド・ロスチャイルド

    ナサニエル・ド・ロスチャイルドから見たロンドンロンドン

    ナサニエル・ド・ロスチャイルド(Nathaniel de Rothschild、1812年7月2日ロンドン出生 – 1870年2月19日パリ没)は、「ナト」としても知られ、ロスチャイルド家が所有するフランスのワイン生産部門の創設者である。ナタニエル・ド・ロートシルトの表記でも知られる。ナサニエル・ド・ロスチャイルド フレッシュアイペディアより)

  • ブロードウェイの戦車

    ブロードウェイの戦車から見たロンドンロンドン

    元軍人で貴族院議員のスペード卿がロンドンの所属クラブ内で同僚議員のウェザビー卿を射殺しようとして失敗し自殺するという事件が起こった。後日、事件の前にスペード卿が出した絵葉書を受け取った元部下で傭兵のジョウにはその事件報道が信じられなかった。事件の真相を解明しにジョウはロンドンへ飛ぶ。ロンドンでは事件後スペード卿の運転手の元傭兵が失踪し、MI-5が動いていることが分かった。スペード卿の遺族から入手した遺品の備忘録からは事件の背景を示唆する書き込みが見つかり、ジョウは謎の秘められたウェザビー卿の所有する絵画を奪取するために昔の仲間の協力を仰ぎに各地を訪ね歩く。一方でウェザビー卿はアメリカ合衆国の穀物メジャーの賓客として渡米してしまう。ブロードウェイの戦車 フレッシュアイペディアより)

  • レイトン教授とさまよえる城

    レイトン教授とさまよえる城から見たロンドンロンドン

    舞台はロンドン。ウィンストン・ヒルに来ていたルークは、空に浮かぶ巨大な城を目撃する。グレッセンへラーカレッジの考古学の教授を務める、エルシャール・レイトンに相談すると、他にもその城を目撃し、行方不明になっている人物がいる事を知る。2人は、さまよえる城の正体と、行方不明になった人物を探しに、ノースランド地方へと向かう…。レイトン教授とさまよえる城 フレッシュアイペディアより)

8681件中 81 - 90件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード