517件中 21 - 30件表示
  • ロンドン

    ロンドンから見たバッキンガム宮殿

    1762年、ジョージ3世はバッキンガム・ハウスを手中に収め、以後75年間に渡って同邸宅は拡張を続けた。18世紀、ロンドンの犯罪率は高く、1750年にはロンドン最初の専業の警察としてが設立された。総計で200件以上の犯罪に死刑判決が下され、小規模な窃盗罪でも女性や子どもが絞首刑に処された。ロンドンで生まれた子どもの74%以上は5歳未満で死亡していた。コーヒー・ハウスが意見を交わす社交場として流行したのに伴い、リテラシーの向上やニュースを世間一般に広める印刷技術が向上し、フリート・ストリートは報道機関の中心地となっていた。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たEMI

    ロンドンはクラシック音楽とポピュラー音楽の中心で世界的な大手であるEMIなどのレコード会社や無数のバンド、ミュージシャン、音楽産業のプロが居る。ロンドンには多くのオーケストラやコンサートホールがあり、バービカン・センター(ロンドン交響楽団の拠点)、(ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団)、ロイヤル・アルバート・ホール(BBCプロムス)は良く知られている。ロンドンにはロイヤル・オペラ・ハウスとの二つのオペラハウスがある。ロイヤル・アルバート・ホールではイギリスで最大のパイプオルガンを見つけることができる。他に重要な楽器は大聖堂や大きな教会で見つけることができる。王立音楽アカデミーや王立音楽大学、ギルドホール音楽演劇学校、などの音楽学校も立地する。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たブリティッシュ・エアウェイズ

    日本との間には、日本航空や全日本空輸が東京国際空港から、ブリティッシュ・エアウェイズが東京国際空港や成田国際空港からそれぞれヒースロー空港へ就航している。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たシティグループ

    メイフェアや の賃料は現在、一番高く1平方フィートあたり年間93ポンドである。ロンドンの最大の産業として金融は残り、イギリスの国際収支統計に大きく貢献している。シティには銀行、仲介業、保険、法律事務所、会計事務所などがある。ロンドンの第2の金融街はシティの東側に開発されたカナリー・ワーフで、HSBCホールディングスやバークレイズの2つ世界的な大銀行の本社やシティグループの欧州・中東・アフリカ本部、世界的な通信社ロイターがある。ロンドンは2009年現在国際通貨取引の36.7%が扱われ、1日平均1兆8500億米ドルが取引される。米ドルはニューヨーク以上に取引され、ユーロは他のヨーロッパの都市とともに取引されている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たブリティッシュエアウェイズ

    の6つの空港が最も交通量が多く一つの都市圏では最大の国際線の旅客数を誇っている。ロンドン・ヒースロー空港はイギリスのフラッグキャリア、ブリティッシュエアウェイズ (BA) の一大拠点空港である。2008年3月に第5ターミナルがヒースロー空港に開業した。計画にあった第3滑走路や第6ターミナルは2010年5月12日に政権により取り消されている。2011年9月に個人用高速輸送システム(新交通システム)が開業し、近くの駐車場と結んでいる。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見た日本航空

    日本との間には、日本航空や全日本空輸が東京国際空港から、ブリティッシュ・エアウェイズが東京国際空港や成田国際空港からそれぞれヒースロー空港へ就航している。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たマスターカード

    ロンドンは文化的な多様性があり、300以上の言語が使われている。2011年3月時点のロンドンの公式の人口は817万4,100人であり、欧州の市域人口では最大で、イギリス国内の全人口の12.7%を占めている。グレーター・ロンドンの都市的地域は、パリの都市的地域に次いで欧州域内で第2位となる8,278,251人の人口を有し、ロンドンの都市圏の人口は1200万人から1400万人に達し、欧州域内では最大である。ロンドンは1831年から1925年にかけて、世界最大の人口を擁する都市であった。2012年にマスターカードが公表した統計によると、ロンドンは世界で最も外国人旅行者が訪れる都市である。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たロイター

    メイフェアや の賃料は現在、一番高く1平方フィートあたり年間93ポンドである。ロンドンの最大の産業として金融は残り、イギリスの国際収支統計に大きく貢献している。シティには銀行、仲介業、保険、法律事務所、会計事務所などがある。ロンドンの第2の金融街はシティの東側に開発されたカナリー・ワーフで、HSBCホールディングスやバークレイズの2つ世界的な大銀行の本社やシティグループの欧州・中東・アフリカ本部、世界的な通信社ロイターがある。ロンドンは2009年現在国際通貨取引の36.7%が扱われ、1日平均1兆8500億米ドルが取引される。米ドルはニューヨーク以上に取引され、ユーロは他のヨーロッパの都市とともに取引されている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たBBC

    メディア産業はロンドンでは2番目に競争力がある産業である。BBCは重要な雇用主で、それ以外にもシティ周辺には放送局の本社が集まっている。多くのイギリスの新聞社の新聞がロンドンで編集されている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見た全日本空輸

    日本との間には、日本航空や全日本空輸が東京国際空港から、ブリティッシュ・エアウェイズが東京国際空港や成田国際空港からそれぞれヒースロー空港へ就航している。ロンドン フレッシュアイペディアより)

517件中 21 - 30件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード