483件中 71 - 80件表示
  • ロンドン

    ロンドンから見たロバート・フック

    16世紀、ウィリアム・シェイクスピアや同時代に生きたロンドンの劇作家は、イギリス・ルネサンス演劇を始めとして劇場の発展にしのぎを削った。テューダー朝が終わりを告げる1603年まで、ロンドンはまだ非常に小規模な都市であった。1605年、ジェームズ1世の暗殺計画を企てた火薬陰謀事件が発生した。17世紀初頭や1665-1666年にはペストが流行し、100,000人または人口の5分の1が死亡した。1666年、シティのプディング・レーンにてロンドン大火が発生し、市内の家屋の約85%が焼失した。建築家ロバート・フック指揮の下、ロンドン再建に10年の歳月を要した。1708年、クリストファー・レンの最高傑作であるセント・ポール大聖堂が完成した。ハノーヴァー朝の時代には、メイフェアを始めとする新市街が西部に形成され、テムズ川には新たな橋が架橋され、南岸の開発が促進された。東部では、ロンドン港がテムズ川下流のドックランドに向かって拡張された。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たイースト17

    ロンドンではパンクロックの発展の助けになり、セックス・ピストルズやザ・クラッシュ、ヴィヴィアン・ウエストウッドはロンドンを拠点として、1980年代以降のバナナラマやワム!、、ブッシュ、イースト17、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、スパイス・ガールズ、ジャミロクワイ、ザ・リバティーンズ、ベイビーシャンブルズ、ブロック・パーティ、エイミー・ワインハウス、アデル、コールドプレイ、ジョージ・マイケルが含まれる。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たアイアン・メイデン

    ロンドンにはロックやポップ音楽のコンサート会場が多くあり大規模ものではアールズ・コート・エキシビション・センター、ウェンブリー・アリーナ、O2アリーナがあり、中規模な会場も同様に多くあり、ハマースミス・アポロ、シェパーズ・ブッシュ・エンパイアなどがある。いくつかの音楽祭も開催され、その中にはワイヤレス・フェスティバルはロンドンで行われている。ロンドンには最初のオリジナルのハードロックカフェやビートルズがレコーディングし多くのヒット曲を出したアビー・ロード・スタジオがある。1960年代から1980年代にかけてミュージシャンやグループにはエルトン・ジョン、デヴィッド・ボウイ、クイーン、エルヴィス・コステロ、キャット・スティーヴンス、イアン・デューリー、キンクス、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、エレクトリック・ライト・オーケストラ、マッドネス、ザ・ジャム、スモール・フェイセス、レッド・ツェッペリン、アイアン・メイデン、フリートウッド・マック、ポリス、ザ・キュアー、スクィーズ、シャーデーなどでこれらは世界的な流れとなり、ロンドンの通りや振動するリズムからサウンドを得ている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たキンクス

    ロンドンにはロックやポップ音楽のコンサート会場が多くあり大規模ものではアールズ・コート・エキシビション・センター、ウェンブリー・アリーナ、O2アリーナがあり、中規模な会場も同様に多くあり、ハマースミス・アポロ、シェパーズ・ブッシュ・エンパイアなどがある。いくつかの音楽祭も開催され、その中にはワイヤレス・フェスティバルはロンドンで行われている。ロンドンには最初のオリジナルのハードロックカフェやビートルズがレコーディングし多くのヒット曲を出したアビー・ロード・スタジオがある。1960年代から1980年代にかけてミュージシャンやグループにはエルトン・ジョン、デヴィッド・ボウイ、クイーン、エルヴィス・コステロ、キャット・スティーヴンス、イアン・デューリー、キンクス、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、エレクトリック・ライト・オーケストラ、マッドネス、ザ・ジャム、スモール・フェイセス、レッド・ツェッペリン、アイアン・メイデン、フリートウッド・マック、ポリス、ザ・キュアー、スクィーズ、シャーデーなどでこれらは世界的な流れとなり、ロンドンの通りや振動するリズムからサウンドを得ている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たキャット・スティーヴンス

    ロンドンにはロックやポップ音楽のコンサート会場が多くあり大規模ものではアールズ・コート・エキシビション・センター、ウェンブリー・アリーナ、O2アリーナがあり、中規模な会場も同様に多くあり、ハマースミス・アポロ、シェパーズ・ブッシュ・エンパイアなどがある。いくつかの音楽祭も開催され、その中にはワイヤレス・フェスティバルはロンドンで行われている。ロンドンには最初のオリジナルのハードロックカフェやビートルズがレコーディングし多くのヒット曲を出したアビー・ロード・スタジオがある。1960年代から1980年代にかけてミュージシャンやグループにはエルトン・ジョン、デヴィッド・ボウイ、クイーン、エルヴィス・コステロ、キャット・スティーヴンス、イアン・デューリー、キンクス、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、エレクトリック・ライト・オーケストラ、マッドネス、ザ・ジャム、スモール・フェイセス、レッド・ツェッペリン、アイアン・メイデン、フリートウッド・マック、ポリス、ザ・キュアー、スクィーズ、シャーデーなどでこれらは世界的な流れとなり、ロンドンの通りや振動するリズムからサウンドを得ている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たイアン・デューリー

    ロンドンにはロックやポップ音楽のコンサート会場が多くあり大規模ものではアールズ・コート・エキシビション・センター、ウェンブリー・アリーナ、O2アリーナがあり、中規模な会場も同様に多くあり、ハマースミス・アポロ、シェパーズ・ブッシュ・エンパイアなどがある。いくつかの音楽祭も開催され、その中にはワイヤレス・フェスティバルはロンドンで行われている。ロンドンには最初のオリジナルのハードロックカフェやビートルズがレコーディングし多くのヒット曲を出したアビー・ロード・スタジオがある。1960年代から1980年代にかけてミュージシャンやグループにはエルトン・ジョン、デヴィッド・ボウイ、クイーン、エルヴィス・コステロ、キャット・スティーヴンス、イアン・デューリー、キンクス、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、エレクトリック・ライト・オーケストラ、マッドネス、ザ・ジャム、スモール・フェイセス、レッド・ツェッペリン、アイアン・メイデン、フリートウッド・マック、ポリス、ザ・キュアー、スクィーズ、シャーデーなどでこれらは世界的な流れとなり、ロンドンの通りや振動するリズムからサウンドを得ている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たフリートウッド・マック

    ロンドンにはロックやポップ音楽のコンサート会場が多くあり大規模ものではアールズ・コート・エキシビション・センター、ウェンブリー・アリーナ、O2アリーナがあり、中規模な会場も同様に多くあり、ハマースミス・アポロ、シェパーズ・ブッシュ・エンパイアなどがある。いくつかの音楽祭も開催され、その中にはワイヤレス・フェスティバルはロンドンで行われている。ロンドンには最初のオリジナルのハードロックカフェやビートルズがレコーディングし多くのヒット曲を出したアビー・ロード・スタジオがある。1960年代から1980年代にかけてミュージシャンやグループにはエルトン・ジョン、デヴィッド・ボウイ、クイーン、エルヴィス・コステロ、キャット・スティーヴンス、イアン・デューリー、キンクス、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、エレクトリック・ライト・オーケストラ、マッドネス、ザ・ジャム、スモール・フェイセス、レッド・ツェッペリン、アイアン・メイデン、フリートウッド・マック、ポリス、ザ・キュアー、スクィーズ、シャーデーなどでこれらは世界的な流れとなり、ロンドンの通りや振動するリズムからサウンドを得ている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たザ・リバティーンズ

    ロンドンではパンクロックの発展の助けになり、セックス・ピストルズやザ・クラッシュ、ヴィヴィアン・ウエストウッドはロンドンを拠点として、1980年代以降のバナナラマやワム!、、ブッシュ、イースト17、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、スパイス・ガールズ、ジャミロクワイ、ザ・リバティーンズ、ベイビーシャンブルズ、ブロック・パーティ、エイミー・ワインハウス、アデル、コールドプレイ、ジョージ・マイケルが含まれる。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たブッシュ (バンド)

    ロンドンではパンクロックの発展の助けになり、セックス・ピストルズやザ・クラッシュ、ヴィヴィアン・ウエストウッドはロンドンを拠点として、1980年代以降のバナナラマやワム!、、ブッシュ、イースト17、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、スパイス・ガールズ、ジャミロクワイ、ザ・リバティーンズ、ベイビーシャンブルズ、ブロック・パーティ、エイミー・ワインハウス、アデル、コールドプレイ、ジョージ・マイケルが含まれる。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たクリスマス

    1066年のクリスマスの日、ヘイスティングズの戦いで勝利し、イングランドを征服したノルマンディ公ギヨーム2世は1066年のクリスマスの日に、ウェストミンスター寺院でイングランド王ウィリアム1世として即位した。ウィリアム1世はホワイト・タワー (後のロンドン塔) をシティの南東に建設し、市民を威圧した。1097年、ウィリアム2世はウェストミンスター寺院に程近い場所に、ウェストミンスター宮殿の基礎となるウェストミンスター・ホールを建設した。.12世紀、それまで国中を移動していた宮廷に同伴していた中央政府の各機関は次第に一箇所に固定化し、規模を増大させ、洗練されていった。多くの場合、政府機関はウェストミンスターに集中したが、国庫の機能はロンドン塔に置かれた。ウェストミンスターが首都として政府機能を果たす一方、シティは自治機能を有するイングランド最大の商業都市に発展していた。シティはその経済力を背景として、12-13世紀に市長を選出する権利や独自の法廷を持つ権利を獲得し、14世紀半ばからは市参事会を選出し、王権から独立した高度な自治都市としての独立を保持した。人口は1100年に18,000人、1300年までには100,000人程にまで成長していた。ロンドン フレッシュアイペディアより)

483件中 71 - 80件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード