首都直下地震対策 ニュース&Wiki etc.

南関東直下地震(みなみかんとうちょっかじしん)は、関東地方の南部(神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県・茨城県南部)で歴史的に繰り返し発生するマグニチュード7級の巨大地震を指す総称。首都圏の中心地域であることから首都直下地震、東京に焦点を絞った場合東京直下地震、東京大震災などともいう。日本で想定される都市直下型地震の一つ。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「南関東直下地震」のつながり調べ

  • 地震

    地震から見た南関東直下地震

    防災上の観点では、これらとは別に直下型地震(内陸地震)という分類を用いることがある。居住地域の直下で起こる浅発地震を指し、地域によってはプレート内地震だけではなくプレート間地震も起こる。南関東直下地震などの、都市で発生する直下型地震はリスクが大きいことから重要視されている。(地震 フレッシュアイペディアより)

  • 明治東京地震

    明治東京地震から見た南関東直下地震

    明治東京地震(めいじとうきょうじしん)とは1894年(明治27年)6月20日14時4分、東京湾北部(北緯35.7度、東経139.8度)を震源として発生した地震である。南関東直下地震の一つ。地震の規模はマグニチュード 7.0、震源の深さは約40kmから80kmと推定される。(明治東京地震 フレッシュアイペディアより)

「南関東直下地震」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「首都直下地震対策」のニューストピックワード