55件中 11 - 20件表示
  • 東京大地震

    東京大地震から見た南関東直下地震南関東直下地震

    東京大地震 フレッシュアイペディアより)

  • 研究開発局

    研究開発局から見た首都直下地震南関東直下地震

    首都直下地震の姿の詳細を明らかにし、耐震技術の向上や地震発生直後の迅速な震災把握等と連携して地震被害の大幅な軽減に資することを目的とした「首都直下地震防災・減災特別プロジェクト」の推進研究開発局 フレッシュアイペディアより)

  • 関東フラグメント

    関東フラグメントから見た南関東直下地震南関東直下地震

    プレート境界が多いため、このような地域の直下では地震が頻発すると説明されている。さらに、このプレート断片は陸化した地域の直下にあるが下部にプレート境界が存在するため、比較的規模の大きいプレート間地震(海溝型地震)が直下型地震として発生することになる。仮説では、1855年の安政江戸地震もこのタイプの地震だったと推定している。今後懸念される首都直下地震が、このようなタイプの地震として発生する可能性が指摘されている。関東フラグメント フレッシュアイペディアより)

  • 緊急災害対策派遣隊

    緊急災害対策派遣隊から見た首都直下地震南関東直下地震

    2012年(平成24年)5月29日に東日本大震災における問題点を解消し、今後発生が想定される首都直下地震や東海・東南海・南海地震等の大規模災害時において、全国からのTEC-FORCEの迅速な派遣や、派遣隊の組織を超えた被災地での統合的な運用などが可能となるよう「緊急災害対策派遣隊の設置に関する訓令」を定めた。大臣の指揮監督のもと、被災地での指揮監督権を現地の地方整備局長等に集約するなど指揮命令系統の明確化を図るとともに、TEC-FORCEを専門的に担当する事務局を設置して具体的な活動計画の策定や隊の管理・運営を行うこととした。緊急災害対策派遣隊 フレッシュアイペディアより)

  • 臨海町

    臨海町から見た南関東直下地震南関東直下地震

    臨海町は海抜ゼロメートル地帯に隣接するが、盛り土によって水面上に作られているため、海没の心配は無い。特に葛西臨海公園内に造られた山は高潮防潮堤としての機能を持っており、南関東直下地震の2メートル弱の津波にも耐えると言われている。臨海町 フレッシュアイペディアより)

  • 立川広域防災基地

    立川広域防災基地から見た南関東直下地震南関東直下地震

    南関東直下地震(首都直下地震)などの首都圏における大規模災害の発生時、空輸による人員・物資の緊急輸送の中継・集積拠点として、自衛隊・消防・警察などの援助隊の運用・受入拠点として、南関東地域における災害応急対策活動の中核拠点として機能する。滑走路の長さ900m(滑走に使える部分を含めると1,200m)の立川飛行場や、広域災害医療基幹施設の独立行政法人国立病院機構災害医療センターを備え、物資集積や避難場所などに活用可能な国営昭和記念公園(敷地面積は約165ha)と隣接している。立川広域防災基地 フレッシュアイペディアより)

  • 表層地盤増幅率

    表層地盤増幅率から見た南関東直下地震南関東直下地震

    まず、首都直下地震が懸念される首都圏について、とりわけ人口の集中している東京都心部の山手線内側主要駅(二線以上の接続駅)を取り上げ、2008年版データから、数値の高い駅と低い駅を見ると表のようになる。増幅率の低い(地盤の強い)駅は、西側の山の手に位置しているのに対して、増幅率の高い(地盤の弱い)駅は、東側の旧下町や湾岸エリアに位置していることがわかる。表層地盤増幅率 フレッシュアイペディアより)

  • 防災訓練

    防災訓練から見た南関東直下地震南関東直下地震

    日本では関東大震災のあった9月1日を、1960年に防災の日と定め、国を挙げての防災訓練が行われている。南関東直下地震(首都直下地震)の発生が想定される南関東では、九都県市合同防災訓練の一環として各都県市で総合防災訓練が行われる。その他、静岡県では7月第一土曜日を「地震津波対策の日(1993年北海道南西沖地震に拠る)」、12月第一日曜日を「地域防災の日(1944年東南海地震に拠る)」、また、福井市では6月28日(福井地震)から7月18日(福井豪雨)までを「皆で防災を考える21日間」として、いずれも県・市をあげて防災訓練が行われる。また、阪神・淡路大震災のあった1月17日頃にも防災訓練は行われる。防災訓練 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグレスキュー

    ビッグレスキューから見た南関東直下地震南関東直下地震

    1995年1月の阪神淡路大震災、3月の地下鉄サリン事件発生を受け、近年中に発災が危惧される首都圏直下型地震とそれに付随する不測事態の対処能力を検証するために2000年9月3日、東京都総合防災訓練「ビッグレスキュー東京2000」として東京都で開催された。訓練は約2万5000人が参加して、葛西・晴海・銀座など都内の計10会場で行われた。都内の主要官公庁のほかNTTや東京電力、帝都高速度交通営団(都営地下鉄・現東京メトロ)なども参加する大規模な訓練となった(志方はこのときも石原慎太郎東京都知事の要請により参与として訓練に参加)。ビッグレスキュー フレッシュアイペディアより)

  • 東京臨海広域防災公園

    東京臨海広域防災公園から見た南関東直下地震南関東直下地震

    首都圏において首都直下型地震など激甚な災害が発生した場合は、官邸での内閣総理大臣を本部長とする緊急災害対策本部(政府本部)の設置に続き、有明の丘地区(本公園)に内閣府副大臣(または大臣政務官)を本部長とする緊急災害現地対策本部(政府現地対策本部)が設置され、ここから首都圏(管轄区域は埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の広域防災の指揮が行われる。。東京臨海広域防災公園 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示

「首都直下地震対策」のニューストピックワード