83件中 11 - 20件表示
  • 宮崎泰樹

    宮崎泰樹から見た南関東直下地震南関東直下地震

    2012年7月26日退官。2012年8月1日、東京都知事石原慎太郎の招聘をうけ、元自衛官としては初となる東京都危機管理監に就任。この役職は、石原慎太郎が全国の自治体に先駆けて創設した、民間防衛システムを動かす常勤職員である。危機管理監は、東京都知事に直属する危機管理の実務責任者として、東海地震や南関東直下地震等に備えての帰宅困難者対策、東京都庁の防災への取り組み等を統括する。加えて、周辺事態の際には、有事法制・国民保護法に基づく都庁の国民保護計画の実施主体として、自衛隊や警察との折衝、海守・自主防災組織や指定地方公共機関の統括、全国瞬時警報システム、屋内退避指示等の民間防衛システムを活かした国民保護措置実施の任にあたる。宮崎泰樹 フレッシュアイペディアより)

  • 中央指揮所

    中央指揮所から見た南関東直下地震南関東直下地震

    日本有事の際は勿論、首都直下地震など災害発生時、総理大臣官邸(危機管理センター)と中央合同庁舎第5号館(災害対策本部長室)が被災により使用不能な場合は、内閣総理大臣を本部長とする国の緊急災害対策本部は中央指揮所に設置され関係各所への指揮に使用される。中央指揮所 フレッシュアイペディアより)

  • 東扇島東公園

    東扇島東公園から見た南関東直下地震南関東直下地震

    首都圏直下地震など首都圏で大規模かつ広域的な災害が発生した際は、政府本部(総理大臣官邸)および現地対策本部(有明の丘本部棟)において立案された救護物資等の輸送計画に基づき、世界・日本各地から集まる救援物資等を中継し、被災地へ搬送する物流実務を担当する。また、広域支援部隊等のベースキャンプとしても使用される。東扇島東公園 フレッシュアイペディアより)

  • 表層地盤増幅率

    表層地盤増幅率から見た南関東直下地震南関東直下地震

    まず、首都直下地震が懸念される首都圏について、とりわけ人口の集中している東京都心部の山手線内側主要駅(二線以上の接続駅)を取り上げ、2008年版データから、数値の高い駅と低い駅を見ると表のようになる。増幅率の低い(地盤の強い)駅は、西側の山の手に位置しているのに対して、増幅率の高い(地盤の弱い)駅は、東側の旧下町や湾岸エリアに位置していることがわかる。表層地盤増幅率 フレッシュアイペディアより)

  • くしの歯作戦

    くしの歯作戦から見た首都直下地震南関東直下地震

    国土交通省は首都直下地震で、8方向からの啓開を48時間以内で行う計画「8方向作戦」を立てた。東京湾アクアライン、京葉道路、常磐自動車道、東北自動車道、関越自動車道、中央自動車道、東名高速道路、横浜方面(首都高速神奈川1号横羽線、国道1号、国道15号)の8つである。目的は、生き埋めの人の生存率が大きく下がるとされる72時間以内の救助活動と、消防活動・物資輸送ができないために人命が失われることがないように、これらを「上り」1車線を最優先で確保するルートとして決めておくことである。重機や資材を都心でなく周辺部に保管している傾向が強いことから、緊急時の輸送が不安となっている。くしの歯作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 相模トラフ巨大地震

    相模トラフ巨大地震から見た南関東直下地震南関東直下地震

    また、元禄地震と大正関東地震の間に発生した安政2年(1855年)の安政江戸地震(安政の大地震)は震源断層が特定されておらず、相模トラフ沿いの巨大地震には含めない。なお大竹(1980)は、この地震の震源域については1923年関東地震の相模トラフより北側の内陸寄りと考えており、明治27年(1894年)の明治東京地震はさらに深い地震と考えている(詳細は「南関東直下地震」参照)。相模トラフ巨大地震 フレッシュアイペディアより)

  • 東京臨海広域防災公園

    東京臨海広域防災公園から見た南関東直下地震南関東直下地震

    首都圏において首都直下型地震など激甚な災害が発生した場合は、官邸での内閣総理大臣を本部長とする緊急災害対策本部(政府本部)の設置に続き、有明の丘地区(本公園)に内閣府副大臣(または大臣政務官)を本部長とする緊急災害現地対策本部(政府現地対策本部)が設置され、ここから首都圏(管轄区域は埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)の広域防災の指揮が行われる。。東京臨海広域防災公園 フレッシュアイペディアより)

  • ビッグレスキュー

    ビッグレスキューから見た南関東直下地震南関東直下地震

    1995年1月の阪神淡路大震災、3月の地下鉄サリン事件発生を受け、近年中に発災が危惧される首都圏直下型地震とそれに付随する不測事態の対処能力を検証するために2000年9月3日、東京都総合防災訓練「ビッグレスキュー東京2000」として東京都で開催された。訓練は約2万5000人が参加して、葛西・晴海・銀座など都内の計10会場で行われた。都内の主要官公庁のほかNTTや東京電力、帝都高速度交通営団(現東京メトロ)・都営地下鉄なども参加する大規模な訓練となった(志方はこのときも石原慎太郎東京都知事の要請により参与として訓練に参加)。ビッグレスキュー フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県危機管理防災センター

    埼玉県危機管理防災センターから見た首都直下型地震南関東直下地震

    埼玉県庁に隣接する上尾市に移転した埼玉県立武道館の跡地に、大規模災害に対応する拠点施設として建設され、2011年に開設された。首都直下型地震などに対応する災害対応専用庁舎として都道府県で初めて免震構造を採用した2階建となっている。本来2011年(平成23年)3月14日竣工し、開所する予定であったが、3日前の3月11日に未曾有の東日本大震災が発生し、県内でも多くの被害が出たことから急きょ3月11日から施設の使用を開始した。広さ500平方メートル、350名を収容できるのオペレーションルームがあり、自衛隊、消防、埼玉県警察が集結し災害への対応が行えるようになっている。また、本部会議室には230インチの大型映像装置が設置され、県警や自衛隊、防災ヘリコプターからの災害映像を映すことができる。近隣にはさいたま市の危機管理拠点施設であるさいたま市危機管理センターがある。埼玉県危機管理防災センター フレッシュアイペディアより)

  • 東京防災

    東京防災から見た南関東直下地震南関東直下地震

    今後、東京都を襲う可能性がある南関東直下地震などへの対策について書かれた本である。アートディレクションは太刀川英輔が担当し、B6判338ページのガイドブックのほか、 都内各特別区および各市町村内の居住区域に合わせた避難地図、ドアや玄関ポストに貼るための「ACTION東京防災ステッカー」が同封されている。2015年9月1日から順次、東京都内の各世帯に配布されている。 750万部が作成され、その印刷、郵送に20億4000万円がかかった。なお、ガイドブックの内容についてはPDF形式で東京都の公式ウェブサイトでも閲覧できる。東京防災 フレッシュアイペディアより)

83件中 11 - 20件表示

「首都直下地震対策」のニューストピックワード