83件中 21 - 30件表示
  • 野外炊具

    野外炊具から見た首都直下型地震南関東直下地震

    首都直下型地震が発生した東京で、災害派遣に出動した陸上自衛隊が野外炊具1号を使用し、避難民たちにカレーライスを提供した。隠し味として、コーヒー牛乳が入れられている。野外炊具 フレッシュアイペディアより)

  • 明治東京地震

    明治東京地震から見た南関東直下地震南関東直下地震

    明治東京地震(めいじとうきょうじしん)とは1894年(明治27年)6月20日14時4分、東京湾北部(北緯35.7度、東経139.8度)を震源として発生した地震である。南関東直下地震の一つ。地震の規模はマグニチュード 7.0、震源の深さは約40kmから80kmと推定される。明治東京地震 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における地震対策と体制

    日本における地震対策と体制から見た南関東直下地震南関東直下地震

    2003年、ミュンヘン再保険は、世界各国の大都市における自然災害リスクについて評価し、東京と横浜を最もリスクの高い都市だと発表している。これらの都市を襲う南関東直下地震(首都圏直下地震)については中央防災会議が2012年7月に「首都直下地震対策は、我が国の存亡に関わるもの」と謳っている。予想される最大被害は、死者約1.1万人、負傷者約21万人(うち重傷者約3.7万人)、家屋の倒壊や火災による損失約85万棟、被害額約112兆円。帰宅困難者約650万人。日本における地震対策と体制 フレッシュアイペディアより)

  • シャングリ・ラ (池上永一の小説)

    シャングリ・ラ (池上永一の小説)から見た南関東直下地震南関東直下地震

    21世紀半ば、止まらない地球温暖化に抗するため、国連はかつての京都議定書で取り交わされたCO2削減幅を大幅に上回る議決を強行採決する。その結果、経済市場は株価から炭素へ移行された。M7.5の第二次関東大震災が発生し、都市機能が完全に停止した東京都にも、炭素税は容赦なく課せられた。東京再生計画を打ち出した都は、アトラス計画を発動する。しかし、都民全員が移住するはずだったアトラスに実際に用意されたのは、350万人分のスペースだけだった。森林化により街は森に侵食され、その結果難民が続出した。シャングリ・ラ (池上永一の小説) フレッシュアイペディアより)

  • 後藤環爾

    後藤環爾から見た南関東直下地震南関東直下地震

    1923年9月1日東京大震災に際して難民の休息所、簡易診察所を多数開設し社会奉仕活動を行った。1926年6月同別院輪番になり、藤原銀次郎らの援助により伊藤博圧の設計による新様式の築地本願寺を再建した。また千代田高女(武蔵野大学の前身)や武蔵野女子学院を創設、また盲人教育、少年保護、保育所、簡易宿泊所やあそか病院などを設立し活躍した。後藤環爾 フレッシュアイペディアより)

  • 中央防災会議

    中央防災会議から見た首都直下地震南関東直下地震

    首都直下地震対策専門調査会中央防災会議 フレッシュアイペディアより)

  • 東京大地震マグニチュード8.1

    東京大地震マグニチュード8.1から見た東京大地震南関東直下地震

    千葉真一と西村潔は千葉主演ドラマ『燃える捜査網』(1975年)と『大非常線』(1976年)で関わっており、それ以来のタッグとなるが、千葉は西村の都会的でハードボイルドな作風を高評価していた。田中友幸にとって最初で最後のテレビ映画(2時間ドラマ)であり、本作には制作費を1億5,000万円が計上されている。同時代の派手なカースタント・銃撃戦・爆破を盛り込まれた石原プロモーション制作刑事ドラマ『西部警察』が1話あたり2,500万円だったことを踏まえれば、当時としては破格の予算を注ぎ込んでいた。軍用車両やヘリコプターは陸上自衛隊の協力により実機が使われ、避難民は多数のエキストラが演じており、彼らの避難キャンプ地は巨大セットで撮影された。特撮の予算は約3,000万円。田中に映画『ゴジラシリーズ』のアーカイブを使わぬよう指示されていた川北紘一は、3か月かけて東京大地震のリアリティあふれる映像を作った。炎上する東京のシーンは東京郊外の造成地にミニチュアを配置し、大クレーンと移動車で撮影。炎の竜巻は大きなプールに火炎放射をして火を焚き、その温度差で本当の竜巻を作り、水槽で回した粒子を合成したり、いろいろなものを組み合わせて撮影。地震で高層ビルの外壁が剥離して落ちるシーンは、ミニチュアのビルの大きさに合わせて巨大な石を落下させ、ビルの自重で外壁が落ちるようにし、様々な崩壊シーンを作り出した。これらはハイスピードカメラで撮られている。特撮は全て新撮であったが、川北は本作を見た田中から「『日本沈没』の映像を使っただろう?」と言われていた。東京大地震マグニチュード8.1 フレッシュアイペディアより)

  • ユーカリが丘

    ユーカリが丘から見た首都圏直下型地震南関東直下地震

    ユーカリが丘開発のコンセプトである「自然と都市機能の調和」を継承すると共に、40年以上にわたる街づくりの手法を最大限に活用した「人と環境にやさしい街づくり」を目指している。街区全体は、整備が進められている2本の都市計画道路(国道296号線バイパス:都市計画道路3・4・18号線、3・4・5号線)の交差点を中心とし、環境共生・ライフスタイル提案型の「ロードサイド型大規模ショッピングモールエリア」、光熱費ゼロ住宅を基軸とした「戸建住宅(スマートハウス)エリア」、千葉県下初の長期優良住宅認定を受け、首都圏直下型地震に対応するための防災能力を強化した「免震タワーマンションエリア」の3エリアを、2013年度までに一体整備する。ユーカリが丘 フレッシュアイペディアより)

  • 防災訓練

    防災訓練から見た南関東直下地震南関東直下地震

    日本では関東大震災のあった9月1日を、1960年に防災の日と定め、国を挙げての防災訓練が行われている。南関東直下地震(首都直下地震)の発生が想定される南関東では、九都県市合同防災訓練の一環として各都県市で総合防災訓練が行われる。その他、静岡県では7月第一土曜日を「地震津波対策の日(1993年北海道南西沖地震に拠る)」、12月第一日曜日を「地域防災の日(1944年東南海地震に拠る)」、また、福井市では6月28日(福井地震)から7月18日(福井豪雨)までを「皆で防災を考える21日間」として、いずれも県・市をあげて防災訓練が行われる。また、阪神・淡路大震災のあった1月17日頃にも行われる。防災訓練 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災による帰宅困難者

    東日本大震災による帰宅困難者から見た南関東直下地震南関東直下地震

    また、本地震では首都圏で地震による被害は顕著ではなかったものの、南関東直下地震などの直下型地震、関東地震などの海溝型地震では、建物被害や落下物、液状化、津波による浸水などの被害が顕著になり、退避・避難場所が使用できなくなる事態や、帰宅経路に障害が発生する事態が考えられ、より多くの混乱を来す可能性がある。東日本大震災による帰宅困難者 フレッシュアイペディアより)

83件中 21 - 30件表示

「首都直下地震対策」のニューストピックワード