55件中 21 - 30件表示
  • 火災旋風

    火災旋風から見た南関東直下地震南関東直下地震

    東京湾を震源とする南関東直下地震が、夕方6時ごろに発生した場合、都内数千箇所で火災が起こると試算されている。風速15mの風が吹いていた場合、東京の住宅街・オフィスビル周辺などに巨大な火災旋風が発生するおそれがある。ただし、1923年の関東大震災は、夏場の昼に地震が起き、火災旋風も発生している。火災が密集していれば季節に関係なく発生する可能性がある。火災旋風 フレッシュアイペディアより)

  • ユーカリが丘

    ユーカリが丘から見た首都圏直下型地震南関東直下地震

    ユーカリが丘開発のコンセプトである「自然と都市機能の調和」を継承すると共に、40年以上にわたる街づくりの手法を最大限に活用した「人と環境にやさしい街づくり」を目指している。街区全体は、整備が進められている2本の都市計画道路(国道296号線バイパス:都市計画道路3・4・18号線、3・4・5号線)の交差点を中心とし、環境共生・ライフスタイル提案型の「ロードサイド型大規模ショッピングモールエリア」、光熱費ゼロ住宅を基軸とした「戸建住宅(スマートハウス)エリア」、千葉県下初の長期優良住宅認定を受け、首都圏直下型地震に対応するための防災能力を強化した「免震タワーマンションエリア」の3エリアを、2013年度までに一体整備する。ユーカリが丘 フレッシュアイペディアより)

  • 警視庁特殊救助隊

    警視庁特殊救助隊から見た南関東直下地震南関東直下地震

    東日本大震災の教訓を踏まえ、首都直下地震など大規模災害等に即応し高度な救助を行うため、2012年9月1日に全国の警察で初めて発足した警視庁の災害救助専門部隊である。部隊は警備部の災害対策課に所属し、東京都立川市緑町の警視庁多摩総合庁舎(立川広域防災基地内)を活動拠点に24時間体制で出動に備える。警視庁特殊救助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 明治東京地震

    明治東京地震から見た南関東直下地震南関東直下地震

    明治東京地震(めいじとうきょうじしん)とは1894年(明治27年)6月20日14時4分、東京湾北部(北緯35.7度、東経139.8度)を震源として発生した地震である。東京の下町と神奈川県横浜市、川崎市を中心に被害をもたらした。地震の規模はM7.0、震源の深さは約50?80kmと推定される。南関東直下地震の一つ。明治東京地震 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤環爾

    後藤環爾から見た南関東直下地震南関東直下地震

    大正12年(1923年)9月1日東京大震災に際して難民の休息所、簡易診察所を多数開設し社会奉仕活動を行った。大正15年(1926年)6月同別院輪番になり、藤原銀次郎らの援助により伊藤博圧の設計による新様式の築地本願寺を再建した。また千代田高女(武蔵野女子大学の前身)や武蔵野女子学園を創設、また盲人教育、少年保護、保育所、簡易宿泊所やあそか病院などを設立し活躍した。後藤環爾 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県北西部地震

    千葉県北西部地震から見た南関東直下地震南関東直下地震

    また、南関東直下地震の一つとされる1894年6月20日に起きた明治東京地震(M7.0)千葉県北西部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎泰樹

    宮崎泰樹から見た南関東直下地震南関東直下地震

    2012年7月26日退官。2012年8月1日、東京都知事石原慎太郎の招聘をうけ、元自衛官としては初となる東京都危機管理監に就任。この役職は、石原慎太郎が全国の自治体に先駆けて創設した、民間防衛システムを動かす常勤職員である。危機管理監は、東京都知事に直属する危機管理の実務責任者として、東海地震や南関東直下地震等に備えての帰宅困難者対策、東京都庁の防災への取り組み等を統括する。加えて、周辺事態の際には、有事法制・国民保護法に基づく都庁の国民保護計画の実施主体として、自衛隊や警察との折衝、海守・自主防災組織や指定地方公共機関の統括、全国瞬時警報システム、屋内退避指示等の民間防衛システムを活かした国民保護措置実施の任にあたる。宮崎泰樹 フレッシュアイペディアより)

  • 防災士

    防災士から見た首都圏直下地震南関東直下地震

    このような自助・共助の防災活動に対する考え方は、もともと江戸時代に上杉鷹山が提唱したとされているが、阪神・淡路大震災以降、急速に発達した。この考え方を実践的に整理してきたのは災害ボランティア達である。この震災以降、災害ボランティアの組織化、大規模災害時の減災知識の集約化が進んできた。しかしそれでもなお、発生がある程度切迫している宮城県沖地震や首都圏直下地震(東京湾北部地震)が実際におきた際には、これらの災害ボランティアらの活動だけでは、対応しきれないと予想されている。このため市民・国民の一人一人に、防災知識を持つよう育成が急がれているが、その反面、いわゆる資格商法ではないかと考える防災関係者も少なくないのも事実である。防災士 フレッシュアイペディアより)

  • 空中消火

    空中消火から見た首都直下地震南関東直下地震

    逼迫する首都直下地震等では、同時多発した火災を消防車等の地上消火のみで鎮火することは不可能であり、震災後ただちに自衛隊の大型ヘリコプターが市街地で空中消火できるよう体制を整備することが求められている。空中消火 フレッシュアイペディアより)

  • 首都機能移転

    首都機能移転から見た南関東直下地震南関東直下地震

    南関東直下地震発生時や、東京への有事に、過密状態の東京が首都であれば、政治・経済が大ダメージを受けると恐れられているため。分散・移転させた他地域でも危急時の災害対策が必要な事に変わりないとしても、同時に両方で大規模な地震などが起きる可能性は確率的にかなり低く、損害が皆無または軽微に留まった方が災害復興活動を主導できるメリットがある。首都機能移転 フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示