83件中 41 - 50件表示
  • 2014年東京都知事選挙

    2014年東京都知事選挙から見た首都直下型地震南関東直下地震

    首都直下型地震などの災害への対策2014年東京都知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 72時間の壁

    72時間の壁から見た南関東直下地震南関東直下地震

    なお、国土交通省関東地方整備局の首都直下型地震への対応においても、「72時間の壁」を根拠として発災後48時間以内に取るべき行動を示したり、防衛白書においても平成25年(2013年)台風第26号における救助活動の考察において「72時間の壁」が用いられたり、政府広報でも「災害医療分野で生死を分けるタイムリミット」として「72時間の壁」が用いられたり、内閣府でも災害対策基本法の説明で「災害発生時の人命救助は、72時間が経過すると生存率が急激に低下するという『72時間の壁』」と記されたりなど、民間に限らず国の機関でもしばしば使用例がある用語となっている。72時間の壁 フレッシュアイペディアより)

  • 首都機能移転

    首都機能移転から見た南関東直下地震南関東直下地震

    南関東直下地震発生時や、東京への有事に、過密状態の東京が首都であれば、政治・経済が大ダメージを受けると恐れられているため。数ヶ所に分散・移転させた他地域でも危急時の災害対策が必要なことに変わりないとしても、同時に両方で大規模な地震などが起きる可能性は確率的にかなり低く、損害が皆無または軽微に留まった方が災害復興活動を主導できるメリットがある。首都機能移転 フレッシュアイペディアより)

  • おおすみ型輸送艦 (2代)

    おおすみ型輸送艦 (2代)から見た南関東直下地震南関東直下地震

    「おおすみ」が登場。多国籍軍によるゴジラへの核攻撃が行われることを受け、東京から疎開する都民を輸送する。この場面は、首都直下型地震を想定して2015年に実施された防災訓練の映像を使用している。おおすみ型輸送艦 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 戸田橋

    戸田橋から見た南関東直下地震南関東直下地震

    首都直下地震発生時は、帰宅困難者が一斉に帰宅した場合、最大で1時間に約12万人が殺到し、車道に歩行者が溢れる可能性がある。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の際も、車道は上下線とも渋滞し、歩道も混雑した。また、橋が崩落した場合は水上バスによる戸田の渡しが行われる予定で、2011年7月7日には訓練が行われた。戸田橋 フレッシュアイペディアより)

  • 長野県西部地震

    長野県西部地震から見た南関東直下地震南関東直下地震

    発生当初は、南関東直下地震や東海地震、山梨県を震源とする地震とのデマが流れた。長野県西部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のラジオ (日本)

    2013年のラジオ (日本)から見た首都直下地震南関東直下地震

    7日 - 松本正之NHK会長がこの日の記者会見にて、首都直下地震発生時に、ラジオ第1放送で広域向けの被害情報、FM放送で地域密着のライフライン情報と、それぞれ役割を分担して情報を伝えることを検討していることを明らかにした。2013年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 関東フラグメント

    関東フラグメントから見た南関東直下地震南関東直下地震

    プレート境界が多いため、このような地域の直下では地震が頻発すると説明されている。さらに、このプレート断片は陸化した地域の直下にあるが下部にプレート境界が存在するため、比較的規模の大きいプレート間地震(海溝型地震)が直下型地震として発生することになる。仮説では、1855年の安政江戸地震もこのタイプの地震だったと推定している。今後懸念される首都直下地震が、このようなタイプの地震として発生する可能性が指摘されている。関東フラグメント フレッシュアイペディアより)

  • 東京一極集中

    東京一極集中から見た南関東直下地震南関東直下地震

    2011年3月に起きた東北地方太平洋沖地震とそれに付随した福島第一原子力発電所事故の影響(輪番停電など)により、東京圏は大混乱に陥った。 また、歴史的に見ても首都圏は大地震(南関東直下地震)が起きる可能性が非常に高く、今後30年以内に発生する確率が70%とされていたが、東北地方太平洋沖地震によって誘発される危険性が高まったとされる。なお、首都圏がある南関東はプレートの境界線に位置するため房総沖や相模沖(関東地震)など巨大地震の巣窟となっている。東京一極集中 フレッシュアイペディアより)

  • プレート

    プレートから見た南関東直下地震南関東直下地震

    関東フラグメント (Kanto fragment) - 栃木県南部から神奈川県北部にかけての関東地方の地下深さ30〜100km付近に、厚さ25km、100km四方の太平洋プレートの断片が残存しているものと推定されている。このプレート断片とほかのプレートとの境界では、陸地下でありながらプレート間地震(海溝型地震)が発生すると考えられ、首都直下地震の要因の一つとなる可能性が指摘されている。プレート フレッシュアイペディアより)

83件中 41 - 50件表示

「首都直下地震対策」のニューストピックワード