83件中 51 - 60件表示
  • 守谷サービスエリア

    守谷サービスエリアから見た南関東直下地震南関東直下地震

    2014年3月19日に「Pasar守谷」としてグランドオープンした。当SAの改修工事は施設リニューアルに伴うものではあるが、首都直下地震などの大規模災害時に防災拠点として活用するためでもある。大規模災害が発生した際には、自衛隊や消防、医療機関など緊急出動機関の前線基地となる場所を提供し、被災地への支援拠点としての役割や緊急出動機関が情報共有する場所としての機能を担う。守谷サービスエリア フレッシュアイペディアより)

  • 入間基地

    入間基地から見た南関東直下地震南関東直下地震

    基地に隣接して東町側保留地と呼ばれる約28haの米軍基地跡地がある。防衛省はここに自衛隊病院や、首都圏直下地震などを想定した災害対応拠点の建設を計画しており、入間市は2015年に同意した。入間基地 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉県北西部地震

    千葉県北西部地震から見た南関東直下地震南関東直下地震

    このほか、南関東直下地震の一つとされる1894年6月20日に起きた明治東京地震(M7.0)千葉県北西部地震 フレッシュアイペディアより)

  • 日本沈没

    日本沈没から見た南関東直下地震南関東直下地震

    原作では南関東直下地震で250万人、73年版では360万人の死者・行方不明者が出る。それに対し、2006年公開版では東京は終盤の全ての住民の退避後に津波が襲来している。日本沈没 フレッシュアイペディアより)

  • 四国新幹線

    四国新幹線から見た首都直下型地震南関東直下地震

    2013年1月7日、徳島市内で行われた県商工会議所連合会や県商工会連合会など経済5団体の新年祝賀会において、飯泉嘉門徳島県知事が「どうして四国にだけ新幹線がないのか。2013年を四国新幹線開通を実現するための大きな行動の年にしたい。」と抱負を語った。飯泉知事はさらに、新国土軸について「山陽新幹線の代替ルートとしても、首都直下型地震が起きたときに西日本が日本を背負って立つためにも必要だ」と述べた。四国新幹線 フレッシュアイペディアより)

  • 八王子市

    八王子市から見た首都直下地震南関東直下地震

    消防は市町村の責任業務であるが、本市は多摩地域の多くの自治体と同様に東京消防庁へ業務を委託している。以前は多摩地域は全域が第8方面とされていたが、1990年(平成2年)に第9方面が新設され、方面本部は本市の小宮出張所に置かれた。更に首都直下地震とNBC災害を鑑み、2013年(平成25年)3月に消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー隊)が市内に配備された。2017年12月、消防救助機動部隊の敷地内において、消防方面訓練場、消防救助機動部隊隊舎、受援拠点などが整備された総合的な消防防災施設である東京消防庁南多摩総合防災施設として新たに運用を開始した。八王子市 フレッシュアイペディアより)

  • 礒野佑子

    礒野佑子から見た首都直下地震南関東直下地震

    首都直下地震 見逃された危機」(2009年9月1日)ナレーション礒野佑子 フレッシュアイペディアより)

  • 救命病棟24時

    救命病棟24時から見た首都直下地震南関東直下地震

    首都直下地震の発生を想定し第二関東大震災に遭遇した東京近郊の一都市を舞台に、災害医療に奮闘する救命医療チームの苦悩と活躍を描いた。第1シリーズで研修医として登場した小島楓が、正式にシリーズに復活することが話題となる。本作では小島も一流の救命医として活躍する。阪神・淡路大震災10周年の2005年1月に放送された。救命病棟24時 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の救助隊

    日本の救助隊から見た首都直下地震南関東直下地震

    これらも東京消防庁の消防救助機動部隊と同種の部隊であり各消防局は消防救助機動部隊「通称:ハイパーレスキュー」を参考に編成しているためにこれらの部隊には「スーパーレスキュー」や、「ハイパーレスキュー隊」など消防局それぞれの通称名が付けられている場合が多い。近年は南海トラフ巨大地震や首都直下地震などの発生が危惧されており設置基準でない消防本部でも自主整備で高度救助隊を編成する本部も増えている。日本の救助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 那谷屋正義

    那谷屋正義から見た首都直下型地震南関東直下地震

    2010年頃から、中国の四川大地震の影響もあり、学校施設の耐震化が自民党政権によって推進していたが、那谷屋も2012年3月13日の参議院予算委員会質疑で、学校施設の耐震化について「学校施設は防災拠点となっているが、老朽化が目立つ上、天井材や照明器具など、非構造部材の耐震性についても不安な状況になってきています。首都直下型地震や東海・東南海・南海地震への不安が大きくなっている中で、建物本体の耐震化ついては向上しつつありますが、非構造部材については29%前後という状況です。子どもたちの日々の安全と、避難してきた地域住民の生命を守るために、非構造部材の耐震化について速やかな進捗を図ります」と発言している。那谷屋正義 フレッシュアイペディアより)

83件中 51 - 60件表示

「首都直下地震対策」のニューストピックワード