83件中 71 - 80件表示
  • 立川市

    立川市から見た東京大地震南関東直下地震

    東京大地震マグニチュード8.1(1980年、ytv) - 千葉真一主演による東京大地震をモチーフにしたテレビ映画で、登場人物が立川市へ避難してくる。立川市 フレッシュアイペディアより)

  • 特別高度救助隊

    特別高度救助隊から見た首都直下地震南関東直下地震

    なお、改正された第6条の規定では、「高度救助隊の数のうち、特別区が連合して維持する消防及び指定都市にあつては1以上の高度救助隊を特別高度救助隊とする。」とされている。そのために政令指定都市の中で札幌市消防局・相模原市消防局・浜松市消防局・堺市消防局・静岡市消防局・京都市消防局では高度救助隊と特別高度救助隊の両方を配備している。また、近年は東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災の教訓、そして南海トラフ巨大地震や首都直下地震などの発生が危惧されている事から、設置基準でない消防本部でも自主整備に高度救助隊を編成する本部も増えている。特別高度救助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のテレビ (日本)

    2013年のテレビ (日本)から見た首都直下地震南関東直下地震

    10日 - 在京民放キー局5社がこの日、首都直下地震などの大規模災害発生の際、各局がヘリコプターから撮影した映像をプール化し相互利用できる協定を締結。2013年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 舎人公園

    舎人公園から見た南関東直下地震南関東直下地震

    1981年の開園の後、順次公園整備計画に基づき、各施設整備が行われることになった。2008年には、計画面積の約70%に当たる51.3haの整備が完了し、2010年5月31日現在、61.3haが開園されている。現在、日暮里・舎人ライナーの地下車両基地の役割を担っている。また、首都圏直下で心配されている東京湾北部地震の際の、東京都指定広域避難場所としての機能を担っている。このため、今後は計画残り面積の整備であるが、先にもあげたように、広域避難所としての役割を担っているため、防災上の観点から緑地として保存する案もあり、将来計画に関しては未定である。舎人公園 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急消防援助隊

    緊急消防援助隊から見た首都直下地震南関東直下地震

    エネルギー・産業基盤災害即応部隊?愛称:ドラゴンハイパー・コマンドユニット。東日本大震災の教訓から石油コンビナート火災や化学プラントなどエネルギー・産業基盤の災害対応力を充実強化ために2014年に市原市消防局及び四日市市消防本部に創設された。最長約100メートル先の火点に対し、最大毎分約8000リットルの大容量放水が可能な放水砲を搭載し、走行しながら大型ホースを約1キロメートル延長可能な「大型放水砲搭載ホース延長車」と消防水利がない状況下で海や河川等から取水するための水中ポンプを積載し遠距離から送水が可能な「大容量送水ポンプ車」を装備しており、危険な状況下でも離れた距離からの消火活動が可能である。2015年度内に静岡市消防局の湾岸消防署に配備され、南海トラフ巨大地震や首都直下地震に備えて2018年までに12地域に配備予定である。今後は無人放水ロボットや無人情報収集ロボット、無人ヘリコプターなどのエネルギー・産業基盤災害対応のための消防ロボットの開発・研究を進める予定である。なお、愛称については新藤義孝総務大臣が名付たもので、江戸時代に使われたポンプ式の消火道具「竜吐水(りゅうどすい)」から「ドラゴン」が由来しており、「ハイパー」な装備を持つ一人ひとりの隊員たちが、大災害の最前線で戦う「コマンド」として複数の「ユニット」を組み、消火にあたるということから「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」と名付けられている。シンボルマークも部隊の名前である竜と消防ホースを組み合わせたものである。2016年度には神戸市消防局長田消防署に、2017年度には鹿児島市消防局・倉敷市消防局に配備された。緊急消防援助隊 フレッシュアイペディアより)

  • 東京消防庁航空隊

    東京消防庁航空隊から見た首都直下地震南関東直下地震

    空の消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)である航空消防救助機動部隊(通称:エアハイパーレスキュー、英表記:Air Fire Rescue Task Forces)は東日本大震災等の教訓から陸上からでは消火や救助が困難な災害や首都直下地震に対応するため航空隊に設置された。2016年1月6日に東京消防庁出初式にて発隊式が行われて正式に運用を開始した。隊記号はAHR。東京消防庁航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 総理大臣官邸

    総理大臣官邸から見た南関東直下地震南関東直下地震

    東京都立川市にある立川広域防災基地内には、内閣府の災害対策本部予備施設が設置されている。大規模災害(最も可能性が高いのが東京湾北部を震源とする南関東直下地震)発生時に内閣総理大臣を本部長とする国の緊急災害対策本部及び事務局を設置する際、官邸、中央合同庁舎第8号館、防衛省(中央指揮所)のいずれもが被災して緊急災害対策本部として使用不能である場合には、都心から西に約30km離れた災害対策本部予備施設に緊急災害対策本部が設置され対策の臨時拠点となるため、官邸の機能も一時的に避難する可能性がある。総理大臣官邸 フレッシュアイペディアより)

  • 火災旋風

    火災旋風から見た南関東直下地震南関東直下地震

    東京湾を震源とする南関東直下地震が、18時ごろに発生した場合、都内数千箇所で火災が起こると試算されている。風速15mの風が吹いていた場合、東京の住宅街・オフィスビル周辺などに巨大な火災旋風が発生するおそれがある。ただし、1923年の関東大震災は、夏場の昼に地震が起き、火災旋風も発生している。火災が密集していれば季節に関係なく発生する可能性がある。火災旋風 フレッシュアイペディアより)

  • 東北地方太平洋沖地震

    東北地方太平洋沖地震から見た南関東直下地震南関東直下地震

    加えて、産業技術総合研究所の石川有三招聘研究員は関東南部におけるフィリピン海プレートの境界部でも地震活動が活発化していると指摘している。南関東直下地震の確率が上昇したとの報道が2011年9月以降にされているほか、調査により関東地方地下のフィリピン海プレートの深さが従来の想定よりも浅い所にあることが判明したことを受けて2012年3月には同地震の見直した震度推定が公表されるなど、関東地方でも被害地震の発生が懸念されている。東北地方太平洋沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 緊急災害対策派遣隊

    緊急災害対策派遣隊から見た首都直下地震南関東直下地震

    2012年(平成24年)5月29日に東日本大震災における問題点を解消し、今後発生が想定される首都直下地震や東海・東南海・南海地震等の大規模災害時において、全国からのTEC-FORCEの迅速な派遣や、派遣隊の組織を超えた被災地での統合的な運用などが可能となるよう「緊急災害対策派遣隊の設置に関する訓令」を定めた。大臣の指揮監督のもと、被災地での指揮監督権を現地の地方整備局長等に集約するなど指揮命令系統の明確化を図るとともに、TEC-FORCEを専門的に担当する事務局を設置して具体的な活動計画の策定や隊の管理・運営を行うこととした。緊急災害対策派遣隊 フレッシュアイペディアより)

83件中 71 - 80件表示

「首都直下地震対策」のニューストピックワード