159件中 11 - 20件表示
  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見たプレート間地震

    これに対して、相模トラフから前述よりさらに北側をも含めた関東地方南部のいずれかの地域を震源域として、ひとまわり規模が小さいマグニチュード7級の地震が数十年間隔で何度も発生している。1855年11月11日(安政2年10月2日)の安政江戸地震(M6.9)、1894年(明治27年)6月20日の明治東京地震(M7.0)などが発生していて、これらを総称して南関東直下地震と呼ぶ。地震のタイプとしては内陸地殻内地震(直下型地震)に限らず、プレート間地震(海溝型地震)、スラブ内地震も想定される(詳細は後述)。なお、明治東京地震の震源は相模トラフより北側の東京湾北部となっており、安政江戸地震の震源も断定はされていないが同様の地域と考えられている。また、震源が海底ではないため、緊急地震速報がS波の到達まで間に合わない可能性があると予想されている。南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た内陸地殻内地震

    これに対して、相模トラフから前述よりさらに北側をも含めた関東地方南部のいずれかの地域を震源域として、ひとまわり規模が小さいマグニチュード7級の地震が数十年間隔で何度も発生している。1855年11月11日(安政2年10月2日)の安政江戸地震(M6.9)、1894年(明治27年)6月20日の明治東京地震(M7.0)などが発生していて、これらを総称して南関東直下地震と呼ぶ。地震のタイプとしては内陸地殻内地震(直下型地震)に限らず、プレート間地震(海溝型地震)、スラブ内地震も想定される(詳細は後述)。なお、明治東京地震の震源は相模トラフより北側の東京湾北部となっており、安政江戸地震の震源も断定はされていないが同様の地域と考えられている。また、震源が海底ではないため、緊急地震速報がS波の到達まで間に合わない可能性があると予想されている。南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た帰宅困難者

    特に、道路については、震災時に帰宅困難者による渋滞を防止することで緊急車両や自衛隊の行動を円滑にするため、警察では、すでに首都圏を担任する警視庁・神奈川県警察・千葉県警察・埼玉県警察の管内において強力な交通規制を行う用意がある。警視庁では、都内で震度6弱以上の震災が発生した場合は、直ちに交通規制を実施し、緊急車両のみを走行させることが都条例で定められている。実際に、警視庁では都内の主要交差点500箇所以上に警察官を急行させて交通規制をする訓練を繰り返しており、南関東直下地震に対する多くの資を得ているという。防衛省では、陸上自衛隊から自衛官約11万人、海上自衛隊から艦艇50隻、航空自衛隊から救難部隊を首都圏に投入する方針である。南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た今村明恒

    首都近郊での大地震は近代より注目されている。地震学者今村明恒は、1891年濃尾地震を受けて設置された震災予防調査会がまとめた地震記録から関東地方の地震の周期性を見出し、「50年以内に東京で大地震が発生する」という趣旨の雑誌寄稿を1905年に行った。これは社会問題化したがやがて批判へと変わり、地震への警鐘は一時的なものとなってしまった。その後1921年、1922年とM7級の地震が発生するなど南関東で中規模地震が多発する中、1923年にM7.9の関東地震が発生し甚大な被害をもたらした。戦後、河角廣が発表した「南関東大地震69年周説」は1978年 - 2004年の間に南関東で再び大地震が発生するというもので再び大きく取り上げられたが、これは鎌倉における古地震の記録をもとにしたもので地震の震源域や規模が明確ではなく、関東地震の周期性も解明されたことから後に否定された。その後1980年代より南関東地震活動期説が唱えられているが、支持・反対の意見に分かれている。南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た宇津徳治

    (南関東直下地震が含まれる可能性がある)相模湾の歴史地震および17世紀以降の南関東の中規模以上の地震の震源や規模、被害、発生様式については、宇津徳治の文献などをもとに地震調査委員会がまとめた表があるので参照のこと。南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た高嶋哲夫

    高嶋哲夫『M8』 ISBN 4087753387南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た森本里菜

    森本里菜『TOMORROW〜陽がのぼる街〜』ISBN 4088565703南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た福井晴敏

    福井晴敏『平成関東大震災-いつか来るとは知っていたが今日来るとは思わなかった-』 ISBN 4062142465南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見た邦光史郎

    邦光史郎+グループZ『東京大震災 無防備都市を直下型地震が襲う日』 ISBN 4396103611南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東直下地震

    南関東直下地震から見たさいたま市

    また東京は江戸時代より日本の中心として都市機能を集約しており、戦後の高度経済成長によって日本が国際的な位置を確立し始めた時には、東京は日本だけでなく世界経済の中枢としても重要な位置を確立した。現在でも国内主要企業の本社のほとんどが集中する経済の中心地、また国会や中央省庁が集まる政治の中心地ゆえ、直下型地震によって経済活動や国家の安全保障に甚大な被害を及ぼす事態も予想されている。また、周辺を含めた首都圏にも横浜市・川崎市・相模原市・千葉市・さいたま市などの大都市があり全体的に人口密度が高く、京浜工業地帯・京葉工業地域・鹿島臨海工業地帯などの工業地域、横浜港・川崎港・千葉港などの重要港湾機能がある。このように人口や機能の集中する首都圏において大地震が発生し、その機能が麻痺状態に陥った場合のリスクは極めて高いものと想定されており、これが他地方への首都機能移転を主張する意見の一根拠にも用いられている。南関東直下地震 フレッシュアイペディアより)

159件中 11 - 20件表示

「首都直下地震対策」のニューストピックワード