127件中 61 - 70件表示
  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見たシールドトンネル

    従来、首都高速は基本的に高架構造で建設されており、トンネル構造は皇居周辺の一部区間や水底トンネルなどに限られていた。しかし、東京湾アクアラインの建設を通じて、長大な道路トンネルをシールド工法で建設する技術が実用化され、中央環状新宿線を地下構造で建設する目処が立った。さらに、飛鳥山トンネルをNATM工法で建設する際に、中央環状新宿線を見据えて経験を積んだ。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見た西

    堤防上に建設された背の高い高架道路であるため、視界を遮るほどの遮音壁はほとんど設置されていない。道路西側は荒川、東側は高層建築物が少ない市街地が広がっている。密集市街地にネットワークを形成している首都高速では例外的な、きわめて開放的な眺望を得られる区間ではあるが、同時に冬を中心に強い横風にさらされることも少なくないため、走行には注意が必要である。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見た堤防

    東側区間は、中央環状線の中でも最も早く開通した区間である。大半の区間が荒川の堤防上に建設されており、用地買収の必要がなかった事は早期開通にとって有利であったが、水防を最優先として他目的の利用を極力抑える河川行政との調整は容易でなかったとされる。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見た迂回

    本区間の開通以前は、東北自動車道や常磐自動車道から都心方面へ向かうには6号向島線を経由するか、別料金の東京外環自動車道を迂回して5号池袋線へ向かうしかなかった。本区間の開通により新たなルートが形成され、6号向島線や箱崎JCT・堀切JCTの渋滞緩和が図られた一方、以前から渋滞が激しかった5号池袋線の渋滞をさらに悪化させることになり、中央環状新宿線の開通に期待を持たせる格好となった。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見たボトルネック

    小菅JCT-堀切JCT間は、6号三郷線・6号向島線と中央環状線とが完全に重複している。本来なら2車線+2車線で4車線必要だが、外回りは改良により4車線化されたものの、内回りは依然として3車線しかなく、ボトルネックとなっている。しかも、6号線同士と中央環状線同士を結ぶ動線は平面上で交差しており、4車線であっても織り込みが発生する。この為、この区間の混雑は激しく、湾岸線の辰巳JCT-葛西JCT間に次いで首都高速第2位の混雑区間となっている。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見た首都高速1号羽田線

    事業期間を短縮するため、内回り本線は東京都の事業、外回り本線と五反田出入口と大井JCT・大井南仮出口は首都高速の事業として建設される。さらに、1号羽田線、2号目黒線と交差するが、工費・工期を節減させるためジャンクションは整備されない。また、中央環状新宿線と比較して、本線の起伏が小さく、途中の出入口も2ヶ所だけであることなどから、換気所の数は計4箇所に留まっている。五反田出入口を左側分流にするため、この区間は右側通行となる予定である。(大橋JCT南側と大井JCT西側で内回り・外回りのトンネルがねじれている。トンネル内であり対向車が見えないため問題はない。)首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見た道路

    堤防上に建設された背の高い高架道路であるため、視界を遮るほどの遮音壁はほとんど設置されていない。道路西側は荒川、東側は高層建築物が少ない市街地が広がっている。密集市街地にネットワークを形成している首都高速では例外的な、きわめて開放的な眺望を得られる区間ではあるが、同時に冬を中心に強い横風にさらされることも少なくないため、走行には注意が必要である。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見た新オーストリアトンネル工法

    従来、首都高速は基本的に高架構造で建設されており、トンネル構造は皇居周辺の一部区間や水底トンネルなどに限られていた。しかし、東京湾アクアラインの建設を通じて、長大な道路トンネルをシールド工法で建設する技術が実用化され、中央環状新宿線を地下構造で建設する目処が立った。さらに、飛鳥山トンネルをNATM工法で建設する際に、中央環状新宿線を見据えて経験を積んだ。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見た目黒川

    中央環状品川線は、湾岸線から中央環状新宿線に接続する路線である。中央環状品川線が整備されると、中央環状線の全線が完成する。2004年11月に都市計画決定、2006年6月に事業化された。2006年11月に着工。当初の予定では2015年度開通予定だったが2013年度に早まった。大部分は、山手通りと目黒川の地下を通る。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

  • 首都高速中央環状線

    首都高速中央環状線から見たゼネコン

    これらの技術は大深度地下の利用を目指して、ゼネコン各社が開発してきたものである。そして中央環状品川線の建設は、将来の建設が計画されている東京外環自動車道東京区間を視野に入れた技術実証の場にもなっている。外環道東京区間は、中央環状品川線よりさらに大きな断面のシールドトンネルを、さらに深い場所に、さらに長距離で建設する計画であるためである。首都高速中央環状線 フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示

「首都高・中央環状線」のニューストピックワード