首里城 ニュース&Wiki etc.

首里城(しゅりじょう、スイグスク)は、沖縄県那覇市首里にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「首里城」のつながり調べ

  • 宮古島島民遭難事件

    宮古島島民遭難事件から見た首里城

    この二重体制の象徴は首里城であった。王の執務する庁舎の右側は和風、左側は中国風に造られており、薩摩の役人が来た時は全て和風でとりおこない、中国の冊封使がおとずれた際には、中国風の対応で統一した。これが両当事者に受け入れられた理由は、薩摩が琉球・中国間の貿易によって利益を得ようとしていたこと、中国側が体面を重視してこれを黙認していたことにあった。日本国内での異国性については、新井白石もよく認識していた。彼は「琉球国は、慶長年間以来薩州による支配を幕府から任せられているため、他の外国の例に比べることはできない。しかしながら、現在清国の正朔を奉じ(属国であること)、また爵位を受けていることから、まったく我が国に準じえない」と述べている。このような曖昧な状況に対し、明治維新後の日本政府は、琉球と中国の関係を清算すべきと考えていた。(宮古島島民遭難事件 フレッシュアイペディアより)

  • 瑞泉酒造

    瑞泉酒造から見た首里城

    瑞泉酒造株式会社(ずいせんしゅぞう)とは、沖縄県那覇市首里で泡盛を製造・販売している酒造所である。琉球王朝時代に酒造りが許されていた首里三箇(さんか)の一つ崎山町で創業。首里城瑞泉門のほとりに湧き出る瑞泉から名をもらった。(瑞泉酒造 フレッシュアイペディアより)

「首里城」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「首里城」のニューストピックワード