前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示
  • 沖縄本島のバス路線

    沖縄本島のバス路線から見た首里城首里城

    那覇市石嶺の石嶺団地東を起点とし、沖縄都市モノレール首里駅前、首里城前、沖縄都ホテル前を経由しておもろまち駅前広場へ至る路線。沖縄バスとしては初めての那覇市内線参入路線であり、首里久場川町への乗り入れもこの路線が初となる。石嶺団地東から沖縄都ホテル前の区間は150円で利用できるが沖縄都ホテル前を過ぎたら220円となる。コミュニティバス実証実験にて運行された「石嶺・首里城みぐい線」が正式に路線化されたものである。地域住民の利用も考えてあり、5?15分間隔で運行している時間帯もある。沖縄本島のバス路線 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄都市モノレール線

    沖縄都市モノレール線から見た首里城首里城

    乗車カードとして、自動改札機に直接通せるストアードフェア式のゆいカードがある。そのほかに1日間・2日間・3日間フリー乗車券(3日券は2012年10月をもって発売終了)もあり、これらを提示すると割引を受けられる観光施設がある(首里城正殿や玉陵など)。割引を受けられる施設の一覧は駅構内や車内にて掲示されている。有効期限は24時間制であるのでたとえば2日間のフリー乗車券なら3月12日19時に最初に入場すれば有効期限は3月13日ではなく3月14日19時である。そのため駅などの案内には1日乗車券(24時間)などと書かれている。沖縄都市モノレール線 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の観光地

    沖縄県の観光地から見た首里城首里城

    首里城跡(しゅりじょうあと)沖縄県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の年表

    沖縄県の年表から見た首里城首里城

    File:Naha Shuri Castle16s5s3200.jpg|復元された首里城沖縄県の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 天女橋

    天女橋から見た首里城首里城

    天女橋(てんにょばし)は、沖縄県那覇市の首里城公園北側の円鑑池に架かる石造アーチ橋。国の重要文化財に指定され、日本百名橋の1つである。観蓮橋とも呼ばれる。天女橋 フレッシュアイペディアより)

  • 園比屋武御嶽

    園比屋武御嶽から見た首里城首里城

    首里城歓会門と守礼門との間にある園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)がこの御嶽の礼拝所である。園比屋武御嶽石門は、1519年に第二尚氏王統第3代王の尚真のときに造られた。オヤケアカハチの乱(1500年)で王府軍が八重山へ出兵した際に、将の一人であった大里親方に見込まれ首里に連れてこられた西塘により創建されたという。園比屋武御嶽 フレッシュアイペディアより)

  • アカギ

    アカギから見た首里城首里城

    沖縄県那覇市首里の周辺には、第二次世界大戦以前にアカギの大木からなる森があちこちにあったとされるが、戦火によって焼け落ち、現在では首里金城町の一部に残っているだけである。その中でも「首里金城の大アカギ」は、樹齢200-300年ともいわれるアカギの大木が6本もあり、国の天然記念物に指定されている。首里城の南西側に位置する内金城御嶽にあるアカギ。最大のものは樹高10?15m、胸高直径140cmにも達する。なお、焼けた大木が首里城前に一本だけ残されている。その木のてっぺんにはアコウが根を下ろしており、バスガイドはそれを「大木に寄生しております」と紹介するのが常である。なお、沖国大米軍ヘリ墜落事件によって焼け焦げたアカギの木が沖縄国際大学構内に存在する。アカギ フレッシュアイペディアより)

  • 那覇市

    那覇市から見た首里城首里城

    観光面では、市の中心部の国際通り、市東部の高台にある首里地区の首里城(琉球王国の王府。2000年12月に世界遺産・琉球王国のグスク及び関連遺産群として登録)が中心であったが、近年、前述の在日米軍住宅地の跡地が那覇新都心として開発が進んでおり、2004年12月に世界最大規模で国内では唯一の空港外大型免税店であるDFSギャラリア・沖縄がオープンした。海に面しているが、那覇空港や那覇港などの施設が海岸線のほとんどを占めているため、海水浴場は1991年に供用開始された波の上ビーチ(人工海浜)のみとなっている。名産品として壺屋焼や泡盛などがある。那覇市 フレッシュアイペディアより)

  • 御嶽 (沖縄)

    御嶽 (沖縄)から見た首里城首里城

    グスクには拝所が存在するものも多いが、このことから、グスクは元々は御嶽を中心にした集落であったものが発展し、城砦化したと指摘する説がある。また、首里城、玉城城など、城そのものが御嶽とみなされていた城もある。御嶽 (沖縄) フレッシュアイペディアより)

  • 琉球王国

    琉球王国から見た首里城首里城

    1609年(琉球暦万暦37年・和暦慶長14年)、薩摩藩の島津氏は3000名の兵を率いて3月4日に薩摩を出発し、3月8日には当時琉球王国の領土だった奄美大島に進軍。3月26日には沖縄本島に上陸し、4月1日には首里城にまで進軍した。島津軍に対して、琉球軍は島津軍より多い4000名の兵士を集めて対抗したが敗れた。4月5日には尚寧王が和睦を申し入れて首里城は開城した。琉球王国 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示

「首里城」のニューストピックワード