前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
193件中 1 - 10件表示
  • 沖縄県の歴史

    沖縄県の歴史から見た首里城首里城

    中山王・武寧を討った佐敷按司尚巴志は首里城を王都とし、父の尚思紹を中山王とする。これが第一尚氏王統の始まりである。巴志はさらに山北の攀安知、山南の他魯毎を討ち、1429年、三山統一を成し遂げる。これをもって琉球王国の始まりとする。巴志は父の死後、第二代の王となるが、その後の国王はいずれも短命であった。沖縄県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 琉球王国

    琉球王国から見た首里城首里城

    1609年(琉球暦万暦37年・和暦慶長14年)、薩摩藩の島津氏は3000名の兵を率いて3月4日に薩摩を出発し、3月8日には当時琉球王国の領土だった奄美大島に進軍。3月26日には沖縄本島に上陸し、4月1日には首里城にまで進軍した。島津軍に対して、琉球軍は島津軍より多い4000名の兵士を集めて対抗したが敗れた。4月5日には尚寧王が和睦を申し入れて首里城は開城した。琉球王国 フレッシュアイペディアより)

  • 園比屋武御嶽

    園比屋武御嶽から見た首里城首里城

    首里城歓会門と守礼門との間にある園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)がこの御嶽の礼拝所である。園比屋武御嶽石門は、1519年に第二尚氏王統第3代王の尚真のときに造られた。オヤケアカハチの乱(1500年)で王府軍が八重山へ出兵した際に、将の一人であった大里親方に見込まれ首里に連れてこられた西塘により創建されたという。園比屋武御嶽 フレッシュアイペディアより)

  • 破風

    破風から見た首里城首里城

    日本建築では、法隆寺金堂を代表とする寺院建築や神社建築、桂離宮や二条城御殿などの殿舎、住宅建築、姫路城大天守などの城郭建築に見られる。朝鮮建築では大韓民国の大統領官邸である青瓦台に意匠が取り入れられている。古建築では寺院建築のほか、宮殿では景福宮などに現存例がある。中国建築では北京の天安門のほかに、西安都城の建築群や平遥古城の市楼、嘉峪関の建物群などにみられる。そのほか、ベトナムのグエン朝王宮や、日本の沖縄県にあったの首里城に入母屋破風の意匠がある。破風 フレッシュアイペディアより)

  • 歴代宝案

    歴代宝案から見た首里城首里城

    序文によると、歴代宝案は「旧案」と呼ばれる古文書を編集したもので、2部作成されたうちの1部は王城に、もう1部は久米村(現・那覇市久米)の天妃宮で保管されていた。王城で保管されていた本は明治の琉球処分により東京の内務省へ移管され、久米村本は秘密裏に保管された後、1933年(昭和8年)に沖縄県立図書館へ移管された。その際に副本が作成されたほか、鎌倉芳太郎や東恩納寛惇による原本影印本(青写真)、台北帝国大学(現・国立台湾大学)の小葉田淳助教授による写本、東京帝国大学(現・東京大学)史料編纂所による写本が作成されている。歴代宝案 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県道50号線

    沖縄県道50号線から見た首里城首里城

    松川(東)交差点から首里城前交差点に至る路線。観光地である首里城へアクセスする主要地方道であるが、道路延長は888mと短い。通称「寒川通り」とよばれる街路の一部を構成し、首里城前交差点から西側の区間が本路線に指定されている。沖縄県道50号線 フレッシュアイペディアより)

  • 天女橋

    天女橋から見た首里城首里城

    天女橋(てんにょばし)は、沖縄県那覇市の首里城公園北側の円鑑池に架かる石造アーチ橋。国の重要文化財に指定され、日本百名橋の1つである。観蓮橋とも呼ばれる。天女橋 フレッシュアイペディアより)

  • アカギ

    アカギから見た首里城首里城

    沖縄県では樹皮はミンサー織りの染料に使われている。那覇市首里の周辺には、第二次世界大戦以前にアカギの大木からなる森があちこちにあったとされるが、戦火によって焼け落ち、現在では首里金城町の一部に残っているだけである。その中でも「首里金城の大アカギ」は、樹齢200-300年ともいわれるアカギの大木が6本もあり、国の天然記念物に指定されている。首里城の南西側に位置する内金城御嶽にあるアカギ。最大のものは樹高10?15m、胸高直径140cmにも達する。なお、焼けた大木が首里城前に一本だけ残されている。その木のてっぺんにはアコウが根を下ろしており、バスガイドはそれを「大木に寄生しております」と紹介するのが常である。なお、沖国大米軍ヘリ墜落事件によって焼け焦げたアカギの木が沖縄国際大学構内に存在する。アカギ フレッシュアイペディアより)

  • コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー

    コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォーから見た首里城首里城

    「ワナ高地」とは、「大名(うふな、おおな)高地」の米軍側呼称で、首里城北方、現在の那覇市と浦添市境辺りの地域になる。コール オブ デューティ ワールド・アット・ウォー フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の観光地

    沖縄県の観光地から見た首里城首里城

    首里城跡(しゅりじょうあと)沖縄県の観光地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
193件中 1 - 10件表示

「首里城」のニューストピックワード