193件中 111 - 120件表示
  • 城壁

    城壁から見た首里城首里城

    File:ShuriCastle2.jpg|首里城の石垣城壁 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ連合国の国旗

    アメリカ連合国の国旗から見た首里城首里城

    20世紀初頭から中頃にかけて、南部旗 (Confederate flag) の人気は上昇した。第二次世界大戦中、アメリカ軍の南部出身兵士からなるいくつかの部隊は南部旗を非公式のエンブレムとした。また南軍旗などを戦場に持ち込む兵士もあった。沖縄戦の後、首里城の上には海兵隊第5連隊A中隊(自称「レベル・カンパニー」)の兵士が掲げた南部旗が翻った。この旗は遠くからも見えたため、すぐさま引き降ろされて星条旗に代えられた。黒人兵士達が南部旗に対して不満を訴えることが増えた後、南部旗を使用した兵士は調査の対象になった。第二次大戦の終わりまでに軍内での南部旗使用は激減した。アメリカ連合国の国旗 フレッシュアイペディアより)

  • 島添大里城

    島添大里城から見た首里城首里城

    島尻地域の東半分を支配下においた島添大里按司の居城であったが、佐敷グスクにあった尚巴志によって1402年に落城し、以後は第一尚氏の勢力圏に入った。尚氏時代は離宮として少なくとも15世紀中ごろまで使用されていた。首里城と並ぶ壮麗な宮殿であったという。1683年には清の冊封使が廃城した大里城を訪れている。南山王国国王の居城とされるグスクの一つ。他に南山城(島尻大里城)説があり、見解が分かれている。島添大里城 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄電力硬式野球部

    沖縄電力硬式野球部から見た首里城首里城

    、沖縄サミット開催や首里城がデザインされた2000円札の発行などを記念して、同年の都市対抗野球では沖縄県勢に推薦枠が1チームが与えられることになり、県予選を突破し初出場を果たした。この出場は、沖縄県勢にとって、沖縄返還を記念してにオール那覇が招待出場して以来28年ぶりの出場であった。沖縄電力硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • いいでん!

    いいでん!から見た首里城首里城

    作者曰く「敏腕美人アシスタント」。ぬるきるはる(つまりベタ・背景・トーン)担当。北海道日本ハムファイターズのファン。作品内では「猫好き」と言う印象が強いが、小動物に関しては全て好き。中でも犬に関してはとても愛着心を示しており、最近長年の夢だった柴犬を飼っている。日ハムの試合観戦中、偶然隣に座っていたことから伊集院光との交友がある。沖縄県(琉球)出身(なので2月に日ハムのキャンプの見学のついでに帰省する)。ご先祖様は大老・井伊直弼。また、母方の祖父は首里城の赤瓦を作った廉でプロジェクトXに出演したことがあり、血のつながらない親戚に沖縄ローカルタレントの川満しぇんしぇーがいる。2006年6月を持って結婚により姓が変わり「内藤」になった(しかし、その後も数回みずしなに「旧松村」という街道のような表記を用いられる)。結婚後は2006年秋以降、新アシスタントの登場もあり、さらに2007年6月に長男を出産したために産休・育休をした(現在のメインは主婦業)ため登場する機会は大きく減少し、登場するのは専ら新アシ2人が休んだときのピンチヒッターである。ただし、新アシの2人から「内藤チーフ」と呼ばれており、立場は(名目上の)チーフアシスタントに昇格したと思われる。2009年の夏からは夫の仕事の都合で1年間ニューヨークに向かう予定だったが、折からの不況で日本(埼玉)に留まっていた。「いいでん!1巻」にて、ついにニューヨーク転勤が実現した事を報告。登場人物曰く「内藤の人気は本人(みずしな)より上」だという。いいでん! フレッシュアイペディアより)

  • 那覇バス

    那覇バスから見た首里城首里城

    那覇バスターミナル→首里城→旧海軍司令部壕→ひめゆりの塔→平和祈念公園→おきなわワールド(玉泉洞)→那覇バスターミナル那覇バス フレッシュアイペディアより)

  • 円 (通貨)

    円 (通貨)から見た首里城首里城

    弐千円紙幣 - D弐千円券と称され、縦76mm×横154mm。2000年(平成12年)7月19日発行。表は沖縄県首里城の守礼門、裏は紫式部と源氏物語絵巻がデザインされている。円 (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • 宮古島島民遭難事件

    宮古島島民遭難事件から見た首里城首里城

    この二重体制の象徴は首里城であった。王の執務する庁舎の右側は和風、左側は中国風に造られており、薩摩の役人が来た時は全て和風でとりおこない、中国の冊封使がおとずれた際には、中国風の対応で統一した。これが両当事者に受け入れられた理由は、薩摩が琉球・中国間の貿易によって利益を得ようとしていたこと、中国側が体面を重視してこれを黙認していたことにあった。日本国内での異国性については、新井白石もよく認識していた。彼は「琉球国は、慶長年間以来薩州による支配を幕府から任せられているため、他の外国の例に比べることはできない。しかしながら、現在清国の正朔を奉じ(属国であること)、また爵位を受けていることから、まったく我が国に準じえない」と述べている。このような曖昧な状況に対し、明治維新後の日本政府は、琉球と中国の関係を清算すべきと考えていた。宮古島島民遭難事件 フレッシュアイペディアより)

  • 平田典通

    平田典通から見た首里城首里城

    1670年、中国・清に渡り、釉薬の技術を学び、赤絵や五色玉などの技法を琉球にもたらす。帰国後の1682年、首里城正殿屋根の竜頭瓦(りゅうとうがわら)を制作した。平田典通 フレッシュアイペディアより)

  • 事大主義

    事大主義から見た首里城首里城

    守礼門の扁額「守禮之邦」とは、「中華皇帝に対して臣従の礼を守っている国(邦)」を意味しており、琉球事大主義を具現化した言葉であった。つまり守礼門とは、朝鮮の迎恩門に相当する門だったのである。琉球国王とその家臣は首里城にて三跪九叩頭の礼を冊封使に対して行った。事大主義 フレッシュアイペディアより)

193件中 111 - 120件表示

「首里城」のニューストピックワード